大道芸の種類でジャグリングは簡単なの?すぐできる技やジャンルをご紹介!




どうも、ヤマジです。

大道芸を見ている時に演目の中で盛り上がるジャグリング。

空中を舞う道具の数々。

大道芸=ジャグリングというイメージが強いですよね。

そんな中、

『一見難しそうに見えるけどどうなの?』

『他に簡単にできる芸はないの?』

そういうことを感じたあなたの為に簡単にできる技やジャンルをまとめてみました。

さっそく見ていきましょう!
スポンサーリンク



大道芸の種類は何がある?

まず、大道芸には3つの種類があります。

・サークルショー

・ロービング・パフォーマンス

・スタチュー

それぞれ見ていきましょう!

サークルショー

半円や四角でロープなどを置いたりして、人を集めて芸をするスタイルです。

一番イメージしやすいのではないでしょうか?

週末に街で良く見かける大道芸ですね。

芸の種類は様々です。

ジャグリング、パントマイム、ダンス、アクロバット、マジック、BMXなどなど。

路上ライブもサークルショーになりますね。

大道芸イベント等の時はこのサークルショーがメインになります。

イベント時にはスケジュールが細かく決まっていることがよくあるのでその際はホームページやパンフレット等で時間や場所、出演者を確認しましょう!

ロービング・パフォーマンス

回遊パフォーマンスともいいます。

ロービング・パフォーマンスはサークルショーのように決まった場所はありません。

パフォーマーが常に回遊しています。

イベント時に良く見られる光景ですね。

ロービング・パフォーマンスは観客とパフォーマーとの距離が近くコミュニケーションもとれます。

動きを真似したり、ちょっかいを掛けたりとちょっとしたハプニングを楽しめます。

決まった場所にいないので会えたらラッキーですね。

歩き回っているピエロや、テーマパークにいるキャラクターの着ぐるみもロービング・パフォーマンスの一つですね。

スタチュー

スタチューは像という意味です。

銅像のように眉ひとつ動かしません。

目の前の籠にお金を入れると様々な動きをしてくれます。

動きはどちらかといえばロボットのようなカクカクした動作が多いですね。

また、目を離している隙に動いていることもあるのでそういう動作も楽しめるポイントです。。

スタチューは日本では馴染みはあまりある方ではありませんが、ヨーロッパなどではよく見かけます。

街並みと銅像が合うからですね。

つづいてはサークルショーでよく見かけるジャグリングについてみていきましょう!
スポンサーリンク



ジャグリングはどんな種類がある?

ジャグリングのジャンル、使う道具を見ていきましょう。

トスジャグリング

トスジャグリングは一番メジャーでイメージしやすいジャグリングです。

ボール、クラブ、リング

この3つがトスジャグリングに使われる道具です。

基礎となるのはボールジャグリング。

このボールでジャグリングが出来なければクラブやリングで練習することができません。

なので、トスジャグリングをする際はボールを完璧にしましょう。

コンタクトジャグリング

トスジャグリングと違ってボールは常に体に触れたままで行うジャグリング。

道具は水晶玉を使います。

最近はテレビでも見かけることがありますね。

トスジャグリングに比べ華やかさはありませんが、表現次第で不思議な感覚を魅せることができます。

コンタクトジャグリングの関連記事もチェックしてみて下さい!

個タクトジャグリングのボールの大きさの選び方は?エニグマ等のアイソレーションもご紹介!

ディアボロ

中国ゴマのことですね。

コマを2本のスティックと繋がれた紐を使って回しながら操ります。

大道芸のときにはこのコマを高くあげてキャッチするところを良く見ると思います。

ディアボロについての関連記事もチェックしてみて下さい!

ディアボロの技を解説!初心者が簡単なやり方と技の動画一覧

デビルスティック

デビルスティック基本はは3本の棒を使用します。

両手に細くまっすぐな棒を持ち、その両手に持った棒を使い、中央に砂時計を細長くしたような棒を空中に浮かべ操ります。

シガーボックス

基本は3つの箱を使用します。

膝を使って身体を沈め、上げると同時に箱を持ち替えたりして様々な技をします。

テンポよく自在に箱を操ることができればかなり華やかなジャンルだと思います。

ポイ

片手づつ、先端に玉や飾りのついた紐を振り回して使用します。

どちらかといえば新体操のバトンやリボン、ダンスに近いですね。

玉の代わりにLEDを使ったものがあり、ナイトパフォーマンスでは非常に見栄えが良いです。

ダイススタッキング

カップとダイス(サイコロ)を使用します。

カップでダイスをすくい上げで積み上げます。

誰でも一度は見たことがあるのではないでしょうか??

基本はダイスを4個積み上げます。

目の前で積み上げられるダイスを見るのは驚きますね。
スポンサーリンク



簡単な技やジャンルは何がある?

ここからは上記の中で僕が簡単だと思うものを3つご紹介します。

・コンタクトジャグリング

・ポイ

・ダイススタッキング

この3つが習得も早く、人前で見せたらもりあがります。

コンタクトジャグリングは目の錯覚を利用する

コンタクトジャグリングにはアイソレーションという技があります。

水晶が空中に浮いているかのように見える技です。

これは目の錯覚を利用します。

一番簡単な技は『水晶を持ってドアノブを回すように水晶を回す』

たったこれだけでも浮いているように見えます。

アイソレーション系の技は何個かは1日のうちで習得できます。

ポイは集団やLEDを使用すると見栄えが良い

ポイは集団で回すと見栄えが良くなります。

特に集団でLEDのポイを暗闇で回すところを映像にとったりすればとても綺麗です。

道具によりますが、ポイの色の発光パターンも60種類あるものや、回すことによって文字が浮かび上がるタイプのものもあります。

しかし、ポイは振り回して使用する道具なので周りにものがないことや人にぶつからないように注意しましょう。

ダイススタッキング

僕の一番のオススメです!

ダイススタッキングは初めてみたらとても難しそうに見えます。

しかし、早い人では1時間もあれば4個積み上げることもできます。

簡単にできて、見る人は難しそうに見える。

盛り上がることは間違いありません。

道具はダイス、カップ、机があればどこでもできます。

4個でも十分盛り上がりますが、5個6個と数を増やしていけば更に良いですね。

その際は塩ビパイプやお菓子の箱を改造して専用のカップを作成しましょう。

ダイススタッキングの関連記事はこちらになります↓

ダイススタッキングのコツは遠心力にあり!基本技から神業もご紹介!
スポンサーリンク



大道芸に挑戦しよう!

いかがでしたでしょうか?

パフォーマーの方が見せる技は全て難しそうに見えますよね。

ですが、コツさえつかめば簡単にできるものもあるのです。

是非挑戦してみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆきぴ より:

    こんにちは、ブログランキングからきました。
    大道芸のジャンルは沢山ありますね。
    動画拝見して楽しい気分になりました。
    また拝見させていただきます。

    • ヤマジ より:

      ありがとうございます。
      大道芸は動画で見るだけでも楽しいですよね!
      これからもどんどん記事を更新していくので楽しみにしていて下さい!