古畑和彦(PL学園)の現在は神宮職員?ドラフト、プロや亜細亜大も!【消えた天才】




元PL学園の4番として春夏甲子園出場を果たし、亜細亜大学に進学したが姿を消した古畑和彦さん

あの松坂大輔率いる横浜高校と延長17回の死闘を繰り広げたPL学園メンバーの1人でもあります。

そんな古畑和彦さんは2019年4月7日に放送される【消えた天才】に出演し、松坂大輔最大のライバルと言われた天才スラッガーという話も!

現在は何をしているのか?

古畑和彦さんをwiki風プロフィールにして紹介します。

古畑和彦さんで調べてくると出てくる「神宮」「ドラフト」「プロ」についての意味も調べてまとめました!

またPL学園と亜細亜大での成績も紹介しますので気になる方は是非チェックしてください。

スポンサーリンク



古畑和彦のwiki風プロフ!本名の読み方や身長体重、生年月日(誕生日)や年齢を紹介


本名:古畑和彦

読み:ふるはた かずひこ

出身地:不明

生年月日:1980年(月日が不明)

年齢:38歳(2019年4月時点)

身長/体重:不明(PL学園時代は76kg)

高校:PL学園

大学:亜細亜大学

ポジション:内野手

PL学園では4番を務めており、春夏ともに甲子園に出場している古畑和彦さん。

春の甲子園では毎試合ヒットを記録した実績もあります。

当時の長い高校野球の歴史の中で語られることが多い投手といえば、横浜高校を春夏連覇に導いた「平成の怪物」と名高い松坂大輔さんですね。

そんな松坂大輔さん率いる横浜高校と1998年夏の甲子園・準々決勝第1試合で『PL学園VS横浜高校』が一戦

当時の松坂大輔さんもPL学園に在学していた古畑和彦さんの事を最大のライバルとして認めていたくらいなので、この一戦は野球ファンとして見逃せないでしょう!

野球の事については詳しくありませんが、それでもファンを熱狂させるような熱い試合だったに違いありません!

古畑和彦のPL学園高校の成績は?

1996年~1998年までPL学園に在学し卒業しています。

1996年全国高校野球選手権大会:3回戦敗退

1998年選抜高等学校野球大会:ベスト4

1998年全国高校野球選手権大会:ベスト8

1996年では高陽東に【6-7】で1点差で3回戦敗退しています。

そして1998年で横浜高校に春が準決勝【2-3】、夏では準々決勝【7-9(延長17回)】で負けていますが甲子園出場を果たしています。

春の大会では7回終わって2-0と優位に試合を進めるも終盤で3点を取られてしまい無念の敗戦

そして夏ではリベンジを臨んだ準々決勝で延長17回の一歩も引かない攻防戦を魅せてくれましたが最後に力尽き負けてしまいました。

因みに1998年にアジアAAA野球選手権日本代表にも古畑和彦さんが選ばれていたみたいです!

甲子園優勝まではいけなくても春夏に連続で甲子園に出場しているのは凄いですね!

もちろん、古畑和彦さんだけでは甲子園には行けなかったと思います。

これも全てチームの力があってこそ甲子園に出場できる実力のあるチームが生まれたんですね!

ではPL学園を卒業後の古畑和彦さんはどんな成績を残していたのでしょうか?

古畑和彦は亜細亜大学出身!大学時代の成績は?

亜細亜大学には1999年~2002年まで在籍。

大学2年生の時に日本大学野球選手権:優勝

2002年の大学4年生には日本大学野球選手権&同年明治神宮大会(大学野球)ともに優勝をつかんでいます。

亜細亜大学に在学中でも凄い成績を残しているように見えますが、調べてみると古畑和彦さんはレギュラー入りはしておらず、大学4年間ではフルイニング試合はゼロみたいです

一体何があったのでしょうか?

調べてみると古畑和彦さんは亜細亜大学に進学後、1年生から注目されていましたが、思うようなプレーが出来ずPL学園時代では76kgあった体重が66kgまで減量したそうです。

その影響もあって打球も飛ばなくなり、公式戦から遠ざかったそうです。

ちょうどその頃、松坂大輔さんと電話で話す機会があったそうで話すときに「試合絶対出ろよ!」とはっぱをかけたみたいですが大学在学中の4年間でフルイニング出場した試合はゼロで夢であったプロ野球入りを断念したそうです。

大学生活での野球では自分の思うようなプレーが出来ずに嫌気がさしたんでしょうか?

やはりスポーツをしていると1度や2度の挫折はしますからね。

大学時代がもしかしたら古畑和彦さんの野球選手として限界だったのかもしれません。

夢であったプロ野球選手への道も閉ざされてショックも大きかったと思います。

そんな古畑和彦さんは現在何をされているのか見てみましょう。

少し話は変わりますが、亜細亜大学で行われたミスコンはとても可愛い方が多かったです。

特に2017年に開催されたミス亜細亜でグランプリ、2018年3月に行われたミスオブミス2018でも多くの賞を受賞された伊藤愛真さんという方がいます。

可愛すぎる売り子として話題になりました。

可愛すぎるという事でやっぱり可愛かったです!

こちらの記事では伊藤愛真さんについて詳しく紹介していますので、是非チェックしてみて下さい!

>>伊藤愛真がフライデー?インスタや撮影会、事務所やカラコンも【歌うま】

スポンサーリンク



古畑和彦は現在、明治神宮外宛職員をしている

古畑和彦さんは現在は明治神宮宛の職員をされています。

大学4年の春ごろに当時の監督から明治神宮宛への就職を紹介されたみたいですね。

その時は軟式野球チームがあってプレーをしながら野球場やゴルフ場の職員として働くというのがあった為、古畑和彦さんは「スポーツに携われるなら」と思い2003年に就職

忙しい日は午前6時~翌午前0時ごろまで働いて職場に泊まり込むこともあるみたいです。

更に休日は他球場や百貨店、ショッピングモールを訪れて陳列の仕方を研究したり、新商品のヒントを得たりなども。

野球の練習メニューと同じくらいきつかったみたいですが、唯一苦にならないのは、「野球に携わってきて野球場で働けることは幸せなことだと思うから」とおっしゃっていました。

大学時代のスランプでプロ野球入りは断念したのは残念ですが、古畑和弘さんは現在、明治神宮球場外のグッズ売り場に立って松坂大輔さん(中日)のグッズを販売しているそうです。

プロ野球選手として道は閉ざされましたが、また違った道でスポーツに携わっている古畑和彦さんに感動しました!

一度挫折したらなかなかそのスポーツ自体に近づこうとは思わないですからね。

よっぽど野球が好きなんだぁと思いました!

※神宮球場ではテナント総括、商品プロデュースをする販売部の主任をされています。

更に少年野球のコーチをされています。

古畑和彦はドラフト入りでプロ野球選手に?

残念ながら古畑和彦さんはドラフト入りをされていませんし、プロ野球選手ではありません

2001~2003年プロ野球新人選手選択会議を調べてみましたが、どの球団にも古畑和彦さんの名前は見つかりませんでした。

夢であったプロ野球選手の道は閉ざされてしまいましたが、明治神宮球場で野球選手として携わってきて野球場で働けることに幸せを感じているそうなので良かったような、ファンとしては複雑かもしれませんね。

きっと大学時代で思うようなプレーが続いたのであれば松坂大輔さんと並んだ名選手が生まれていたかもしれません。

もし見れる機会があるのであれば、もう一度松坂大輔さんとの対決を見てみたかったですね!

古畑和彦が【消えた天才】に出演

そんな古畑和彦さんですが2019年4月7日に放送される【消えた天才】に出演するみたいです!

紹介されるのは1998年に松坂大輔率いる横浜高校と延長17回の死闘を繰り広げたPL学園のメンバーたちの今について紹介されます。

予告にも「松坂最大のライバルと言われた天才スラッガー」といえば古畑和弘さんしかいないじゃないですか!

もちろん当時のPL学園のメンバーも出演するみたいなので気になる方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク



古畑和彦さんをチェックしよう!

いかがでしょうか?

あの松坂大輔さんが最大のライバルといわれた天才スラッガーである古畑和弘さんを紹介しました。

それぞれ別の道を歩んでいますが、苦労を重ねて今では意外な形で繋がっています!

なんかドラマみたいで良い感じですね!

また、同日放送される消えた天才に出演されると思われる方についても詳しく紹介していますので是非チェックしてみて下さい!

>>玉井絢子(レスリング)がかわいい!現在や東京薬科大学、彼氏も【消えた天才】

>>1998年の甲子園第80回PL学園メンバーの現在は?【消えた天才】

>>石野渉生(空手)の現在は?wiki風プロフィールや成績も!【消えた天才】

最後までご覧いただきありがとうございました!