春僕ダンスの歌や歌詞は?曲名&やり方について【人気アプリTikTok】




現在10代を中心に大流行中のTik Tok

その中でも話題の春僕ダンス

そんな春僕ダンス歌詞は何?

曲名やり方も知りたい!

そんな気になる疑問についてまとめました。

さっそく見ていきましょう!
スポンサーリンク



【人気アプリTikTok】春僕ダンスの歌詞や曲名、動画は?

今話題の春僕ダンスって何?

まずは動画を見てみましょう!

春僕ダンス

あ!たおちゃんだ。

そういえば、映画「春待つ僕らが2018年12月14日に公開されましたよね。

ダンスならではのキラキラ感ほとばしっています

可愛い振り付け

TikTokにも丁度良く切り取り方が絶妙です。

では、楽曲「Anniversary」歌詞を確認してみましょう。

歌詞

ところで、女優として学生役をできるのもほんの一時ですよね。

土屋太鳳さんは、ピュアな女の子役がすごくハマっているので

ぜひ観てみたいなと思います!

(私はチアダンですっかり好きになりました)

春僕ダンスの歌や元ネタ、音源や原曲について

春僕ダンスの歌はTAOTAK – 「Anniversary」となっています。

これは、映画「春待つ僕ら」主題歌として

ウカスカジーさんのAnniversaryをカバーしているんですね。

女優・土屋太鳳さんと、俳優&DISH//のボーカル北村匠海さん

2人はボーカルユニット「TAOTAK」結成

2018年11月16日にデビュー曲としてリリースしました!

TAO TAK でお互いの名前をとっているんだそうです。

原曲のウカスカジーさんと比べると

甘酸っぱさが加わり、青春って感じが強いのかなと思います。

そして、こちらは本家Anniversaryです。

桜井和寿さんとGAKU-MCさんのユニットです。

CMソングにもなったので知っている人も多いと思いますよ!

GAKU SAKU(ガクエムシー サクライ)を後ろから読んで

ウカスカジーと名付けたらしいです。

おもしろいですよね!

2人はサッカー好きが高じて

2014FIFAワールドカップ日本代表公式応援ソングも作っていますが

Anniversaryについては

2人の友人の「結婚パーティー」に出席したことがきっかけ

制作されることとなったのだそうです。

サッカーにも音楽にも真っすぐな2人に祝福されて、素敵ですよね!

いい曲だなあと思っていたけどフルで聞いたことがなかったんです。

改めて、とても素敵な楽曲だと思いました!
スポンサーリンク



春僕ダンスのやり方&撮り方

春僕ダンスを調べていたら、意外な事実が分かりました。

すっかり@映画「春待つ僕ら」公式の仕掛けたダンスかと思ったのに

♡ゆな♡たこさんというユーザーが考えダンス

公式さんが逆輸入する形で動画を撮っていたのです!!

そんなことがあるなんて、スゴイですね!

商業的な事を疑ってしまい、ごめんなさいという気持ちです

さて私たちも実際に、春僕ダンスの動画に挑戦しましょう!

春僕ダンスのやり方

振り返ってみると、なぜか胸がキュンとなる

そんな思い出をイメージしながら踊ってみましょう。

①パー ピース 1 フレーム カシャッ

②ひねる×2 凍える 北風

③胸にクロス右、左 北風(15秒ver.)

続き①涙人差し指 落ちる

②ハート 胸クロス 首傾げ

③ニコッと右左 ハート ほっぺた

④両手で矢印 回して北風

冬は去りアニバーサリーがかかっていて

韻を踏んでいるのがニクいですよね!

なかなかオシャレです!

春僕ダンスの撮り方のコツ

話は変わりますが、物語ってときめいたり、きらめいたり

というのが人の感情に響いてきますよね。

このキラキラとしたムード盛り上げるためには

ちょっとした指先の動きで表現できますよ!

冒頭の写真を撮るシーンでは

指先をピンと伸ばしてはっきり動かします。

間奏ではひねりの動きに目が奪われアクセントになります。

厳しい冬」はつらいので切ない表情です。

反対に「今日はアニバーサリー」で優しい気持ちが生まれます。

このパートはぬくもりがテーマとし

指先を柔らかくほっこりと踊るとメリハリが出て綺麗です!

そして風が通り過ぎた後

キラキラっと指でしてあげると

繊細な感じがして美しいですよね!
スポンサーリンク



ティックトックの春僕ダンスをやってみよう!

いかがでしたでしょうか。

今人気の春僕ダンス

映画の主人公になったつもりTikTokを楽しんで下さいね。

ぜひチャレンジしてみましょう!

春僕ダンス以外の曲についてもまとめてあるので是非チェックしてみてください!

>>ティックトック人気曲ランキング!最新のダンスや歌詞について!

最後までご覧いただきありがとうございました。