北京オリンピック出場シンクロ日本代表メンバーの現在は?選手や順位、記録や結果も!【消えた天才】




2019年3月17日に放送される“消えた天才”

お笑い芸人のバナナマン2人が司会をしているドキュメントバラエティ番組

超一流選手が過去に勝てなかった人達を追求する番組で以前までは不定期で放送されていましたが、放送から好評を得られたことでレギュラー化が決定!

現在ではトップ選手でも昔はどうしても勝てなかった選手凄いと認めた選手を紹介していくので見る側もとても興味があります!

今回は2008年北京オリンピックで日本シンクロ史上初の惜しくもメダルを逃した日本代表メンバーについて紹介します。

日本代表選手は現在、何をしているのか?

順位記録、その結果について追及していきたいと思います。

スポンサーリンク



北京オリンピックに出場したシンクロ日本代表のメンバーは?現在は何をやってるの?

最初に2008年の北京オリンピックに出場していた選手のプロフィールを簡単に紹介します!

また、当時のコーチやトレーナーの方たちも紹介します。

また、2008年の北京オリンピックを最後に選手たちはどのような道を進んでいるのか気になりますね!

現在2019年でシンクロ日本代表選手は現在何をされているのか追及していきたいと思います。

原田早穂

(出典URL:https://www.joc.or.jp/games/olympic/athens/sports/synchronisedswimming/team/haradasaho.html)

名前:原田早穂

読み:はらだ さほ

生年月日:1982年11月5日

年齢:25歳(当時2008年8月8日時点)

身長/体重:166cm/56kg

出生地:東京都

最終学歴:日本大学

所属:東京シンクロクラブ・ミキハウス

出場種目:チーム/デュエット

2008年に現役引退。

2009年にNHK「待ち道てくてく旅」で第9・10シリーズに旅人として出演し、同じ年に「スタジオパークからこんにちは」にゲストとして出演

2011年5月~2012年5月末まで日本オリンピック委員会スポーツ指導者海外研修員に採用されました。

その後、マルタ共和国でアーティスティックスイミング指導者研修を受ける。

2015年11月13日でスイス人男性と結婚をブログで報告。

相手はダビデ・マリオッティ・ネズリーニさんという方で慣れ始めはマルタ共和国で知り合ったそうです。

現在では幸せで明るい家庭を築いています。

こちらでも原田早穂さんの事を詳しく紹介していますので、チェックしてみて下さい!

>>原田早穂(シンクロ)の現在とwiki風プロフ!出身や身長、結婚は?【消えた天才】

川島奈緒子

名前:川島奈緒子

読み:かわしま なおこ

生年月日:1981年4月7日

年齢:27歳(当時2008年8月8日時点)

身長/体重:163cm/55kg

出生地:東京都

最終学歴:国士舘大学大学院

所属:(株)アール・ビー・ティーグループ、アクラブ調布

出場種目:チーム

2008年の北京オリンピックで競技生活に終止符を打って、番組制作会社に就職しています。

きっかけは足の指の骨折で国立スポーツ科学センターでリハビリ中に同じ境遇の他競技の選手と出会って話していたそうです。

その時に話していた内容がどれも興味深く「それらを伝える仕事がしたい!」と思ってマスコミの道を選ぼうと決意されたそうです。

現在ではテレビ朝日のスポーツ番組に携わり、リオでも水泳競技を担当しています。

因みに現在付き合っている彼氏や結婚しているという情報はありません!

全国の男性ファンの方はもしかしたら縁が出来るかもしれませんね!

こちらでも原田早穂さんの事を詳しく紹介していますので、チェックしてみて下さい!

>>川島奈緒子(シンクロ)の現在とwiki風プロフ!出身や身長、結婚は?【消えた天才】

スポンサーリンク



橘雅子

(出典URL:https://www.joc.or.jp/games/olympic/beijing/sports/synchronisedswimming/team/tachibanamasako.html)

名前:橘雅子

読み:たちばな まさこ

生年月日:1983年11月23日

年齢:24歳(当時2008年8月8日時点)

身長/体重:159cm/51kg

出生地:大阪府

最終学歴:桃山学院大学

所属:桃山学院大学、浜寺水練学校

出場種目:チーム

2008年北京オリンピック出場後に引退。

詳しい情報が見つかりませんでしたが、現在ではブログの方で浜寺水練学校で教室を開いてシンクロの指導していると書かれていました。

もしかしたら橘雅子さんが育てた選手の何人かがオリンピックという舞台に立つかもしれませんね。

こちらの記事では橘雅子さんについて詳しく紹介していますので、是非チェックしてみて下さい!

>>橘雅子(シンクロ)の現在やwiki風プロフ!出身や身長、結婚は?【消えた天才】

青木愛

(出典URL:https://www.joc.or.jp/games/olympic/beijing/sports/synchronisedswimming/team/aokiai.html)

名前:青木愛

読み:あおき あい

生年月日:1985年5月11日

年齢:23歳(当時2008年8月8日時点)

身長/体重:173cm/59kg

出生地:京都府

最終学歴:びわ成蹊スポーツ大学4年

所属:びわ成蹊スポーツ大学

出場種目:チーム

2008年の北京オリンピックを最後に現役を引退。

引退後はモデル・タレントやスポーツ解説者など業務に携わっています。

また、京都踏水会スイミングクラブでコーチなどもしています。

こちらの記事では青木愛さんについて詳しく紹介していますので、是非チェックしてみて下さい!

>>青木愛(シンクロ)がかわいい!旦那や子供、性格や出身高校は?【旅サラダ】

小村恵里佳

(出典URL:https://www.joc.or.jp/games/olympic/beijing/sports/synchronisedswimming/team/komuraerika.html)

読み:こむら えりか

生年月日:1982年8月5日

年齢:26歳(当時2008年8月8日時点)

身長/体重:164cm/53kg

出生地:大阪府

最終学歴:大阪体育大学

所属:小西医療器株式会社

出場種目:チーム

調べてみましたが残念ながら詳しい情報は見つかりませんでした

橘雅͡子さんのブログでは、よく一緒にランチに行かれていたみたいですが現在どこで何をやっているかは書かれていませんでした。

こちらの記事では小村恵里佳さんについて詳しく紹介していますので、是非チェックしてみて下さい!

>>小村恵里佳(シンクロ)の現在やwiki風プロフ!出身や身長、結婚は?【消えた天才】

スポンサーリンク



鈴木絵美子

(出典URL:https://www.joc.or.jp/games/olympic/athens/sports/synchronisedswimming/team/suzukiemiko.html)

名前:鈴木絵美子

読み:すずき えみこ

生年月日:1981年11月12日

年齢:26歳(当時2008年8月8日時点)

身長/体重:168cm/57kg

出生地:埼玉県

最終学歴:日本大学

所属:東京シンクロクラブ・ミキハウス

出場種目:チーム/デュエット

2008年の北京オリンピックで引退後、2011年11月に母校である日本大学の水泳部出身の男性の方と結婚しています。

2015年12月には第一子となる男の子を授かっています。

現在は母親として息子の成長と夫を支えていることでしょう。

こちらの記事では鈴木絵美子さんについて詳しく紹介していますので、是非チェックしてみて下さい!

>>鈴木絵美子(シンクロ)の現在やwiki風プロフ!出身や身長、結婚は?【消えた天才】

松村亜矢子

(出典URL:https://www.joc.or.jp/games/olympic/beijing/sports/synchronisedswimming/team/matsumuraayako.html)

名前:村松亜矢子

読み:まつむら あやこ

生年月日:1982年1月8日

年齢:26歳(当時2008年8月8日時点)

身長/体重:164cm/56kg

出生地:愛知県

最終学歴:中京大学

所属:中京大学附属中京高校、ザクラブピア88

出場種目:チーム

松村亜矢子さんも石黒由美子さんと同じく株式会社RIGHTSで仕事をしていました。

「みんなが健康でアクティブに暮らせる社会」に向けて生涯スポーツを視点にしながらシンクロの研究を進めています。

また各種イベントや講義に積極的に取り組んでいます。

2015年3月には早稲田大学大学院スポーツ科学研究科(修士課程)を終了し、現在では中部大学教員・春日井市の広報大使として活動しています。

小林寛美

(出典URL:https://www.joc.or.jp/games/olympic/beijing/sports/synchronisedswimming/team/kobayashihiromi.html)

名前:小林寛美

読み:こばやし ひろみ

生年月日:1984年9月26日

年齢:23歳(当時2008年8月8日時点)

身長/体重:161cm/53kg

出生地:大阪府

最終学歴:大阪市立大学

所属:阪和興業(株)、浜寺水練学校

出場種目:チーム

2018年1月21日に放送された「グッと!地球便」で小林寛美さんが出演されていました。

なんでも現在はラスベガスに住んで“シルクドソレイユ”というエンターテイメント集団いわゆるサーカス団に入団しています。

そこでショー中にシンクロナイズドスイミングを披露しているそうです。

現役引退後は一度シンクロから離れて職に就いたがシンクロへの想いが捨てきれずにシルクドソレイユでパフォーマーとして生きていこうと決意したそうです。

同じパフォーマーである6つ年上のビージェイさんという方と結婚し、以前に所属していた“ルレーブ”というショーがきっかけで出会ったそうです。

こちらでも小林寛美さんの事を詳しく紹介していますので、チェックしてみて下さい!

>>小林寛美(シンクロ)の現在やwiki風プロフ!出身や身長、結婚は?【消えた天才】

スポンサーリンク



石黒由美子

(出典URL:https://www.joc.or.jp/games/olympic/beijing/sports/synchronisedswimming/team/ishiguroyumiko.html)

名前:石黒由美子

読み:いしぐろ ゆみこ

生年月日:1983年10月31日

年齢:24歳(当時2008年8月8日時点)

身長/体重:165cm/57kg

出生地:愛知県

最終学歴:愛知教育大学大学院1年

所属:愛知教育大学大学院

出場種目:チーム

2017年1月1日、競輪選手である野口正則さんと結婚

現在は株式会社RIGHTS(ライツ)というアスリート・スポーツ文化人をマネジメントおよびサポートする仕事をしています。

各種スポーツのイベントや企画・製作なども行っています。

また、奈良女子大学で教育心理学を教えているそうです。

石黒由美子さんは障がいのある方への再就職の手助けや発達障がい、いじめによって不登校になった子どもたちのためにワークショップや学習塾を開催し、社会に適応できるまでの支援をしています。

その他にも石黒由美子さんは書籍『奇跡の夢ノート』DVD『The Stories Vol.1 信じる力』などを出版しています。

以上の9名が2008年北京オリンピックシンクロナイズドスイミングの日本代表選手です。

当時のチームリーダーである日本水泳連盟の金子正子は世界選手権・ワールドカップなど数々の世界大会でヘッドコーチや監督を務めていた方です。

あの小谷実可子さんをはじめとする様々な選手の育成をしていました。

2009年にはシンクロ委員長を退任後、東京シンクロクラブで指導を行っているが日本水泳連盟の監事・顧問を歴任しています。

因みに当時のコーチは東京シンクロクラブ所属の小川眞佐代さん浜寺水練学校所属の霧久由利子さんが担当していました。

そして日立横浜病院の加藤知生さん緑園ゆきひろ整形外科の吉沢剛さんがトレーナーとして選定されました。

こちらでも石黒由美子さんについて詳しく紹介していますので、是非チェックしてみて下さい!

>>石黒由美子(シンクロ)の現在やwiki風プロフ!結婚や父母、創価学会は?【消えた天才】

シンクロ日本代表の引退後はそれぞれの道へ

シンクロ日本代表選手は2008年に開催された北京オリンピックを最後に引退し、選手たちはそれぞれの道を歩んでいます。

しかし、やはりシンクロ選手というべきかほとんどが方はシンクロに関わる仕事についていますね!

一度職に就いて退職してサーカス団に入団してシンクロを披露している小林寛美さんがそうですね。

やはり日本代表選手に選ばれる方は辛いことが沢山あったと思いますが、好きでもないのに続けられる訳ではありませんからね。

シンクロ日本代表選手もまた全員がシンクロを本当に好きなんだぁとみられますね!

スポンサーリンク



北京オリンピックのシンクロ日本代表選手の順位と結果は?記録についても!

シンクロ競技でロス五輪からアテネ五輪までの6大会を全種目でメダルを獲得

北京オリンピックではデュエットで鈴木・原田選手の奮闘により決勝点数が97.167点で銅メダルを獲得

ロシア・スペインに続いて日本3位で入賞して流石ですね!

しかし、チーム種目では国民の期待を背負いましたが5位で日本シンクロ史上初のメダルを逃しました

FRでは小林寛美選手が失神するほどの9人が必至の演技を見せてくれましたが選手の1人がプールの底に足がついてしまい点数は47,167点

その後のTRでは減点を埋めるために必死に頑張り点数は48,167点

合計点で95,334点です。

最終順位はロシア(99.5)・スペイン(98.2)・中国(97.3)・カナダ(95.6)で日本は5位という形で全大会全種目メダルの伝統が途切れました。

記録については公益財団法人「日本オリンピック委員会」に現在でもデータが残っています。

シンクロ日本代表選手が『消えた天才』に出演!

そんな北京オリンピックに選ばれた日本代表選手ですが2019年3月17日に『消えた天才』というバナナマンがMCをする番組に出演します。

さらに追及された現在の状況北京オリンピックでの裏話も衝撃の事実が明らかになります!

その他にも競泳金メダル鈴木大地選手が全く勝てなかった天才スイマーやマラソン金メダル高橋尚子選手が憧れた同い年のランナーも紹介しています!

興味がある方は是非、見てくださいね!

シンクロ選手の想いは確実に次の世代へ受け継がれています!

いかがでしょうか?

メダルを逃してしまったことは非常に残念ですが、それでも選手たちの奮闘は次の世代へとつないでいます。

2016年リオジャネイロオリンピックではチーム/デュエット共に3位を獲得しています。

いつか北京オリンピックの日本選手たちが育てた選手がオリンピックという大舞台に立てる日が来るかもしれませんね!

2020年東京オリンピックもシンクロ日本代表選手がどこまでいけるのか期待が膨らみます!

また、こちらの記事では消えた天才に同日出演する方々について詳しく紹介していますので、是非チェックしてみて下さい!

>>藤猪省太の現在や天理大学の成績は?経歴や結婚、身長体重や出身も!【消えた天才】

>>鯉川なつえ(マラソン)の現在は?結婚や夫(旦那)、脱水やユニバーシアード福岡大会も!【消えた天才】

>>加藤竜也(スピードスケート)の現在は?結婚や妻(嫁)、高校の成績も!【消えた天才】

>>永田竜司(水泳)の現在は?結婚や妻、高校の成績も!【消えた天才】

最後までご覧いただきありがとうございました!