週刊ポストを安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較




Pocket
LINEで送る

漫画や小説をスマホやタブレットを使い電子書籍で読むのは多くの方が認知していますよね。

実は雑誌も電子版で読めるようになっていますよ。

こちらの記事では週刊ポストを安く買う方法について解説をしています。

また、どのサービスが最も安い値段で買えるのかも比較しました。

それではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク



週刊ポストを安く買う方法!

週刊ポストを安く買う方法は2つのパターンがあります。

①電子書籍のサービスを利用する

②動画配信サービスを利用する

このどちらかを使って読む二つがあります。

それぞれ解説していきますね。

電子書籍サービスを利用する

スポンサーリンク



Amazonのkindleや楽天KOBO等の電子書籍で週刊ポストを安く読む事が出来ます。

しかし、電子書籍サービスを利用するには個人的にebookjapanがオススメ。

まずは週刊ポストを読める電子書籍サービスについて紹介をしていきます!

ebookjapanなら実質3冊無料で読む事が可能

ebookjapanでは初回登録時、6回まで利用できる〝50%OFF〟のクーポンがあります。

こちらは約3ヶ月利用する事が出来ますよ。

なので6冊分を半額で読めるという事になりますね。

3冊は実質無料で読めるという事になります。

このクーポンはebookjapanのみなのでお得に購入することができますよ。

またebookjapanには〝新刊自動購入〟という機能があります。

こちらは欲しい商品を登録すれば最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚に追加してくれる便利なシステム。

わざわざブラウザから毎回商品を購入するという作業が必要なくなります。

こちらの新刊自動購入に登録するのも2回ボタンをタップするだけなので手間も掛かりませんよ。

補足

Amazon

AmazonではKindleを利用して読むことができます。

1%のポイントが付くので実質396円で読む事が可能。

楽天KOBO

楽天では〝楽天KOBO〟を利用して週刊ポストを読む事が出来ます。

Amazonと同じくデフォルトで1%のポイントが付くので実質396円で読む事が可能。

安い値段で買えるサービスを比較

スポンサーリンク



電子書籍サービスを上手く利用すると週刊ポストを安く買えるという事が分かりました。

では、トータルで見るとどのサービスが一番お得に読む事が出来るのでしょうか?

分かり易く1カ月当たりで何冊分を無料で読む事が出来るのか、どれほど安く購入出来るのかを表にしてまとめました。

基準として1カ月は4週間、クーポンが適用できないサービスは除外させて頂きます。

ebookjapan 実質2冊無料
Amazon 1冊396円
楽天 1冊396円

是非参考にしてみて下さいね^^

週刊ポストの紙の雑誌とデジタル版との違い

コンビニや本屋等で購買する紙媒体とデジタル版では掲載されていない部分があります。

1例として、ebookjapanから販売されている2020年11月6日・13日号では以下の様な注意書きがあるので注意する様にしましょう。

※電子版には付録はつきません。※電子版からは応募できない懸賞などがございます。※電子版では、掲載されないページや、一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。

電子版で雑誌や漫画を買っても読みたい作品がなければ買ってもちょっと歯切れが悪いですよね。

なので一度立ち読みで目次を確認してから購入することをオススメします!

まとめ:オススメはebookjapan一択

週刊ポストを安く買うサービスについていろいろと紹介させて頂きましたが、個人的にはebookjapanが一番オススメ!

安く買えるだけでなく、ebookjapanの新刊自動購入に登録しておけば自動で本棚に追加されるので手間が無くなります。

購入ページを開いて手続きをするのって毎回するとなるとなかなかめんどくさいですよね。

それが無くなるだけでも大きいですし、なかなかメリットがあるのではないでしょうか。

まずは使い心地を試してみて、使い続けるかどうか考えてみることオススメします!

補足

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!