東京リベンジャーズ/マイキーの闇堕ちは防ぐ・回避可能?回数・種類を一覧で解説

★PICKUP

2022年の11月まで週刊少年マガジンで連載されていた作品で、2023年にはアニメ第二期が始まる事になっている東京リベンジャーズ。

東京卍會の総長で、喧嘩では負け知らずであり、無敵の異名までついている佐野万次郎ことマイキー。

そんなマイキーですが何時も闇堕ちをしていますが、防いだり回避する事が可能なのではないでしょうか。

闇堕ちする未来があるなら、そうならない未来もあります。

そして闇堕ちした回数や種類にも興味がある人はいるんじゃないでしょうか・

こちらの記事ではマイキーの闇堕ちは防ぐ・回避可能?回数・種類を一覧で解説していきたいと思います!

それではさっそく見ていきましょう!

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意ください。

PICKUP

東京リベンジャーズ/マイキーの闇堕ちは防ぐ・回避可能?

まずは闇堕ちを防いだり、回避する事が可能なのかについて解説します。

果たして、本当に防いだり、回避したりする事が可能なのでしょうか!?

闇堕ちの原因・理由は黒い衝動

まずマイキーが闇堕ちをしてしまった原因は黒い衝動です。

黒い衝動はもう一人のマイキー的存在と言えます。

喧嘩が強くても女には手を出さず、機嫌を損なわければ子供っぽい一面を見せるマイキー。

しかし、黒い衝動を纏ったら目の前にいる敵の命を奪う程、殴っていく破壊者へと変貌してしまうのです。

闇落ちを防ぐ人物①佐野真一郎

闇堕ちを防ぐ1人目は兄の佐野真一郎です。

真一郎は初代黒龍(ブラックドラゴン)の総長を務めていて、マイキーやドラケン達にとっては憧れの存在でした。

主人公のタケミチと同じように格上ばかりに挑むので喧嘩が弱い、女に弱いと言われるもここぞと言うところで頼りになる存在です。

物心ついた時に両親を無くしたマイキーの親代わりとして接していて、エマの事も面倒を見ていました。

そのため、マイキーは本当に慕っていて、彼が命を落とした後は偶に善悪の区別が分からなくなる程深い闇を抱えるようになったのです。

闇落ちを防ぐ人物②佐野エマ

闇堕ちを防ぐ2人目は佐野エマです。

マイキーにとって異母妹であり、幼い頃から一緒に育ちました。

仲も良好であり、マイキーが本当は弱い人間である事を誰よりも理解していたのです。

マイキーもエマの事を大事にしていました。

闇落ちを防ぐ人物③場地圭介や東卍創設メンバー

闇堕ち防ぐ3人目は場地圭介と創設メンバーです。

特に場地はマイキーとは幼馴染で、同じ道場に通う仲でした。

それ故に東卍のメンバーの中では一番マイキーと付き合いがあり、マイキーも彼の事を信頼していました。

創設メンバーはマイキーや場地を始め、ドラケン、三ツ谷、パーちん、一虎の6人です。

場地ほどではありませんが、マイキーは彼らの事を大切に思っていて、聖夜決戦時には三ツ谷に創設メンバーが減っている事からいなくなるなと伝えていました。

最終決戦までマイキーの闇堕ちを防ぐ・回避は出来なかった

最終決戦まで、マイキーの闇落ちを防ぐ事は出来ませんでした。

その理由は真一郎、場地、エマが既に死亡しているからです。

真一郎は本編前に店に忍び込んだ一虎に刺されて命を落とし、場地は血のハロウィンで命を落とし、エマは稀咲にバットで殴られた事により死亡しました。

支えとなる3人がいなくなった事で、マイキーは闇堕ちしてしまったのです。

東リベ/マイキーの闇落ちの回数・種類を一覧で解説

次はマイキーの闇堕ちの回数と種類について解説します。

果たして、何回闇堕ちして、どれほどの種類があるのでしょうか!?

最初は犯罪組織東京卍會のトップ

最初は犯罪組織に成り下がった東京卍會のトップに君臨しています。

しかし、この時のマイキーは一切姿を見せず、殆ど稀咲に任せているので、どんな外見をしているかは分かりません。

血のハロウィン:羽宮一虎を殴り殺した

血のハロウィンの時は一虎を殴り殺しました。

殴り殺した後は稀咲が身代わりを用意し、東京卍會はバルハラと合併して犯罪組織になったのです。

聖夜決戦後の未来:東京卍會主要メンバーを殺害

聖夜決戦後の現代では東京卍會の主要メンバーを一人残さず始末していました。

血のハロウィン後は稀咲がマイキーの命令で行っていましたが、今回はマイキーが自ら行っていたのです。

足がつかないようにするためか、手口は何時も違っていました。

関東事変後の現代:梵天の首領になる

関東事変を制し、東京卍會を解散した後の現代では梵天のトップになっていました。

春千夜、明司、ココ、天竺の面々を従え、犯罪組織時代の東卍と同じような事を行っていたのです。

三天戦争:サウス(寺野南)を殴り殺す

三天戦争ではサウスを殴り殺しました。

黒い衝動を纏い、立ち塞がったタケミチの左腕をへし折り、立ち尽くしているサウスを容赦なく殴りつけていきます。

まるで血のハロウィンで一虎にした時と同じような事を行い、死亡させました。

最終章では闇堕ちして目が死んでる

闇堕ちした時のマイキーは目が死んでいます。

真一郎達と言った心の支えが無くなり、空っぽになったところに黒い衝動や稀咲等の悪意が入り込んだのでしょう。

それによって生きる希望を無くし、どうでもよくなったのだと思います。

1999年に三途春千夜の口を裂く

子供の頃に春千夜の口を裂いたのです。

その理由はプラモデルのコンコルドが破壊されたからでした。

壊したのは千咒ですが、彼女は春千夜がやったと嘘をついたのです。

千咒は壊す前に春千夜に怒られたのもあって嘘をついたのですが、マイキーの怒りは凄まじく拳で口を裂かせました。

7回以上で闇落ちしすぎ?

これにより、マイキーは7回闇堕ちしてしまいました。

流石に堕ちすぎだと思いますね。

心の支えを失ったのは痛いのは確かですが、そこから立ち直る術を持ってなかったから堕ちてしまったのかもしれません。

マイキーの闇堕ちはいつから?理由や原因について

マイキーが闇堕ちしたのは何時からなのか、理由や原因についてを解説します。

果たして、闇堕ちしたのは何時からなのでしょうか!?

最初の世界線でマイキーは植物人間になり死亡

本来の世界線ではマイキーは植物人間になり、命を落としました。

コンコルドで遊んでいたら階段を転げ落ち、そのせいで植物人間になります。

真一郎は懸命に介護を行い、治すためにはどんな事でも行いましたが、全て無意味に終わってマイキーは命を落としました。

マイキーを助ける為に佐野真一郎がタイムリープ能力奪う

真一郎はワカの店でタイムリーパーの事を話す男性から話を聞き、タイムリーパーのホームレスに会いに行きます。

事情を話して力を渡すように頼みますが、彼はそんなしょうもない事で渡さないと言いました。

それで真一郎は怒って、始末して奪ったのです。

ホームレスを殺して奪ったので黒い衝動でマイキーが呪われる

真一郎はホームレスを始末してタイムリープの力を手に入れ、春千夜をトリガーとして過去に行ってマイキーを救いました。

しかし、無理矢理奪った代償として黒い衝動が生まれ、マイキーが呪われたのです。

これにより、マイキーは黒い衝動と言う名の呪いを持つようになりました。

まとめ

・マイキーの闇堕ちの原因は黒い衝動で、真一郎、場地、エマがいれば阻止できるが3人は命を落としたので出来なくなった

・マイキーは7回以上闇落ちしている

・マイキーが黒い衝動を得た理由は真一郎がタイムリープの力を得るために、前任のタイムリーパーを殺したせいで呪いとしてマイキーに憑いた

最後まで読んでいただき、有難うございます!

★PICKUP

★この記事を読んだ人におススメ

【超お得!】東京リベンジャーズの原作マンガが全巻40%オフ!

実は東京リベンジャーズの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば東京リベンジャーズの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に東京リベンジャーズの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

PICKUP