東京リベンジャーズ/三途春千夜は黒幕?正体は誰・創設メンバーなのか?

★PICKUP

東京リベンジャーズは個性豊かなキャラがたくさん登場します。

主人公のタケミチを中心に展開するストーリーが人気で、特に誰が黒幕なのかという考察でファンは盛り上がっています。

誰が黒幕でもおかしくないキャラの中で今回は「東京リベンジャーズ/三途春千夜は黒幕?正体は誰・創設メンバーなのか?」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

PICKUP

東京リベンジャーズ/三途春千夜は黒幕?

三途春千代(さんずはるちよ)は中性的な顔立ちですが、内に秘めた狂気を抱いているキャラです。

梵天のNo.2を務めるなど登場してすぐに注目を集めたものの、関東事変まではさほど目立ったシーンはありませんでした。

そんな三途春千夜は黒幕なのか調べてみました。

三途春千夜は黒幕・ラスボスではない

三途春千代(さんずはるちよ)は冷酷無比なところがあり、他者を傷つける事に何のためらいも見せない人物です。

そういうところがクローズアップされるようになった事で、春千代は黒幕じゃないかと言われるようになったようです。

ですが話が進むにつれて三途春千夜は黒幕・ラスボスではないと判明します。

関東事変までの黒幕は稀咲鉄太

関東事変までの黒幕は稀咲鉄太(くろさきてった)です。

頭の良さと残忍さで全ての出来事を裏で思いのままに操り、最後までタケミチの希望を打ち砕く存在なのかと考えられていました。

その目的は子供の頃から好きだった橘ヒナを手に入れる為という自分勝手なものでした。

ラスボス・黒幕はマイキーの黒い衝動だった

ラスボス・黒幕はマイキーの黒い衝動だった事が判明しています。

マイキーは自身でもどうしようもない制御不能な闇の人格が現れるのですが、止められない破壊衝動にマイキーも抗えないようで、マイキーには「普段のマイキー」と「黒い衝動を持つマイキー」がいる事になります。

この黒い衝動のせいで作中で最低最悪な時代になった事もあるほど、「黒い衝動」は恐ろしいものと考えられますね。

東リベ/三途春千夜の正体は誰・創設メンバーなのか?

三途春千代(さんずはるちよ)については黒幕説やタイムリーパー説などの考察がされています。

春千代の子どもの頃の話や東京卍會にどう関わってくるのか、正体など気になる点がたくさんあるキャラですよね。

そんな三途春千夜の正体は誰・創設メンバーなのかについても調べてみました。

マイキーと場地の幼馴染

三途春千代(さんずはるちよ)はマイキーと場地の幼馴染です。

241話で春千代、妹の千咒、マイキー、場地が幼馴染だと分かるシーンが描かれています。

とても仲が良く4人で遊んでいる頃の春千代はまだマイキーに依存しているようには見えません。

ですがこの関係がマイキーの黒い衝動を生むきっかけになっています。

東京卍會の伍番隊副隊長

三途春千代は(さんずはるちよ)東京卍會の伍番隊副隊長もやっていました。

他の隊で問題ばかり起こす春千代を、マイキーは伍番隊隊長の武藤泰宏(むとうやすひろ)に預ける事にしました。

人一倍度胸があり喧嘩も強く東京卍會に対しての忠誠心もあり、伍番隊に入ってからムーチョに厚い信頼を寄せられるようになり、副隊長になっています。

12年後は梵天のNo.2

三途春千代は(さんずはるちよ)は12年後は梵天のNo.2になっています。

東京卍會が解散した後の現代で日本最大の組織犯罪「梵天」のメンバーとなっており、マイキをトップとしたチームのNo.2になりました。

ただ口元の傷を隠す為のマスクを外して素顔を晒し、ドラッグのような物を使用するなど東京卍會にいた頃とは全くの別人になり読者を驚かせました。

関東卍の幹部になる

三途春千代は(さんずはるちよ)は関東卍會の幹部になります。

関東卍會は東京卍會が関東事変で天竺に勝利した後、東京卍會総長であるマイキーが解散させた後にもう1つのトーマンです。

春千代はマイキーに依存し始めたのはこの頃からだったのかもしれません。

瓦城千咒が妹で明司武臣は兄

三途春千代は(さんずはるちよ)は瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)が妹で明司武臣(あかしたけおみ)は兄という事が216話で判明しました。

春千代は梵のトップが千咒である事、千咒が妹ながら3人の中では最強という事、明司が千咒を何かと持ち上げる事が気に入らず関東卍會に入ったと語っています。

春千代は強すぎる妹と厳しい兄が苦手だったので、兄妹とはいってもさほど仲良くないのかもしれません。

東京卍會の創設メンバーではない

三途春千代(さんずはるちよ)はマイキーと場地圭介と幼馴染です。

マイキーと場地は東京卍會の創設メンバーですが春千代は東京卍會の創設メンバーではないという事も分かっています。

ただその理由は明かされていないのですが、マイキーの大切にしていたコンコルドのプラモを春千代が壊したと思っているからというのが濃厚だと言われています。

目的はマイキーを王にする事

三途春千代(さんずはるちよ)の目的はマイキーを王にする事です。

春千代はムーチョと将棋を指している時に「王が何よりも大事」「オレは敵も味方もない、マイキー以外は全部ノイズ」と言うほどです。

この発言から完全に春千代の中でマイキーが王になっていると考えられます。

三途春千夜は裏切り者なのか?

マイキーに対する忠誠心は誰よりも強く喧嘩も強い春千代はムーチョの右腕になるレベルです。

勝つためならどんな事でもする冷酷さも持ち合わせているほどで味方なら心強い、敵なら最悪といったところだと考えられます。

そんな三途春千夜(さんずはるちよ)は裏切り者なのでしょうか。

裏切り者のムーチョを日本刀で斬殺した

三途春千代(さんずはるちよ)は裏切り者のムーチョを日本刀で斬殺しています。

関東事変の後ムーチョは逮捕され春千代の行方は分からなくなり、ムーチョは半年後に出所します。

出所したムーチョを迎えに来たのは春千代で、ムーチョを関東事変の舞台になった第三埠頭に連れて行き裏切者として粛清したのです。

三途はマイキーを王として置いていた

三途春千代(さんずはるちよ)は三途はマイキーを王として置いていました。

マイキー以外には興味を示さない春千代は256話で「王は誰にも渡さねぇ」と発言している事から、マイキーを自身の中で「王」と掲げているという事を表していると考えられます。

マイキーを王にする為ならどんな事でもするという春千代が怖いくらいです。

三途はマイキーを裏切っていない

三途春千代(さんずはるちよ)はマイキーを裏切っていません。

むしろ東京卍會を離れて天竺に移ったムーチョを「マイキーを裏切った」として粛清しているほどです。

春千代にとって絶対的な存在であるマイキーを裏切るとは考えにくいのではないでしょうか。

まとめ

三途春千夜は黒幕・ラスボスではない。

関東事変までの黒幕は稀咲鉄太。

ラスボス・黒幕はマイキーの黒い衝動だった。

マイキーと場地の幼馴染。

暴れ馬で東京卍會伍番隊隊長のムーチョ(武藤泰宏)に預けられた。

東京卍會の伍番隊副隊長。

12年後は梵天のNo.2。

関東卍の幹部になる。

瓦城千咒が妹で明司武臣は兄。

東京卍會の創設メンバーではない。

目的はマイキーを王にする事。

裏切り者のムーチョを日本刀で斬殺した。

三途はマイキーを王として置いていた。

三途はマイキーを裏切っていない。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

★この記事を読んだ人におススメ

【超お得!】東京リベンジャーズの原作マンガが全巻40%オフ!

実は東京リベンジャーズの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば東京リベンジャーズの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に東京リベンジャーズの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

PICKUP