東京リベンジャーズ/マイキーの過去や生い立ちは?車椅子・植物人間はなぜか解説

★PICKUP

2022年の11月まで週刊少年マガジンで連載されていた作品で、2023年にはアニメ第二期が始まる事になっている東京リベンジャーズ。

東京卍會の総長で、喧嘩では負け知らずであり、無敵の異名までついている佐野万次郎ことマイキー。

そんなマイキーですが過去や生い立ちについて興味がある人はいるんじゃないでしょうか。

総長になるまで、どのような人生を歩んできたのか気になる人はいる筈。

それに車いすに乗っている事から植物人間になっている可能性があるみたいですが、どうしたのでしょうか。

こちらの記事ではマイキーの過去や生い立ちは?車椅子・植物人間はなぜかについてより詳しく解説していきたいと思います!

それではさっそく見ていきましょう!

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意ください。

PICKUP

東京リベンジャーズ/マイキーの過去や生い立ちは?

まずはマイキーの過去や生い立ちについて解説します。

果たして、どんな過去を送って来たのでしょうか!?

3歳の子供の頃に交通事故で父親を亡くす

マイキーは3歳の頃に父親を亡くしていました。

父親はスマイリーに顎髭が生えているような感じの外見をしています。

マイキーは余り父親との思い出はありませんが、お土産としてアメリカのヒーローの玩具を貰った事を覚えていたのです。

3歳の頃ですから、余り覚えてないのも無理ないでしょうね。

小学生の時に母親を亡くした

父親から時が流れ、マイキーは小学生の時に母親を失いました。

母親は優しそうな感じをしていて、父親の事が好きで、マイキーの話をちゃんと聞く女性でした。

何も言わずに聞いてくれるから、マイキーも見舞いが楽しみとなっていたのです。

それ故に母親が命を落とすと、マイキーは人目に付かないところで泣いていました。

幼少期から格闘センスが抜群

マイキーは子供の頃から格闘センスがありました。

道場に通っていましたが、特に練習せずに強烈な蹴りをサンドバッグにぶつけれる実力があったのです。

祖父曰く天才との事。

小学5年生の時に高校生3人を秒殺した

マイキーは小学生の時には高校生3人を秒殺していました。

高校生と言っても暴走族をやっていたので、そんな彼らを秒殺するくらいマイキーは強く、話を聞いた場地や春千夜は驚いていたのです。

初代黒龍(ブラックドラゴン)の最後の集会に立ち会う

マイキーは真一郎と共に初代黒龍(ブラックドラゴン)の最後の集会に参加しました。

明司はどうして連れて来たのかと聞くと、真一郎は自分はマイキーの親だから色々教えたいんだと言って、彼やワカ、ベンケイを呆れさせます。

そして最後の集会で真一郎は解散宣言をし、参加した皆を泣かせたのです。

真一郎が現役だった頃の不良はマイキーから見たらとてもかっこよく映っていました。

それ故に自分もチームを作って天下を取ろうとしていたのです。

情操教育としては良くありませんが、マイキーにとっては真一郎はまさに兄であり、生きた教科書的存在だったのでしょう。

黒い衝動で三途春千夜の口を裂いた

マイキーは黒い衝動を発動させ、春千夜の口を裂きました。

コンコルドを壊した千咒が春千夜が壊したと言ったので、マイキーはその怒りを彼にぶつけ、笑うように強要したのです。

その後は和解しました。

東リベ/マイキーが車椅子・植物人間はなぜか解説

次はマイキーが何故植物人間になってしまったのかを解説します。

果たして、どうしてそうなってしまったのでしょうか?!

最初の世界線でマイキーは階段から落ちて寝たきりになる

マイキーは最初の世界線では階段から落ちて、植物人間になったのです。

切っ掛けは真一郎がコンコルドを購入したからでした。

真一郎は父親の命日に墓参りを行い、家へと戻る途中でコンコルドが売られていたのでマイキーにプレゼント。

因みにエマにはくまのぬいぐるみを購入しました。

それから1か月が経過し、真一郎はバイクの修理屋のアルバイトを行っていて、昼食を食べようとした際に祖父から連絡があったのです。

それはマイキーが意識不明の重体になったからでした。

急いで病院へと向かうと泣いている祖父、エマ、場地、春千夜がいました。

春千夜達からコンコルドで遊んでいて、階段を駆け上った拍子に足を滑らして転がり落ちてしまって、鈍い音がしたと同時に停止してしまったと言ったのです。

その後、医者から大脳が機能しなくなった状態になったと伝えられます。

所謂植物人間になってしまったのです。

最悪な事に、治る可能性はありませんでした。

自宅に帰った真一郎はマイキーのコンコルドを見つけると、それを掴んでまるで親の敵と言わんばかりに床に叩きつけ、何度も足蹴にして破壊しました。

目からも憎しみが宿っていて、お前のせいでマイキーがと言わんばかりでした。

植物人間になり車椅子で真一郎が介護していた

そして植物人間になったマイキーを真一郎は介護し続けました。

介護の資格を取ったり、怪しげな組織に金を渡したりとマイキーを助けるためには手段を選びませんでした。

マイキーにばかり目がいっていたせいか、祖父は命を落とし、エマは家出してしまいました。

おまけに春千夜はマイキーの事を悪く言った奴を斬りつけて少年院に送られ、場地もマイキーがいない世の中に興味が無いのか、学校には行きませんでした。

こうなるとマイキーの存在が5人の中で大きかった事が分かりますね。

4年後の7月20日にマイキーは死亡

真一郎の必死の介護もむなしく7月2日にマイキーは息を引き取りました。

真一郎はかなり悔しそうでしたが、その様子を見ていたワカは逆に真一郎が死にそうに見えたから、マイキーが命を落として良かったと安堵していたのです。

そしてワカは彼を店に誘いましたが、店内でタイムリープの事を知った事で

まとめ

・マイキーは物心ついた時に両親を失ったり、黒龍の解散を見届けた

・本来の世界線のマイキーは植物人間になっていて、命を落とした

最後まで読んでいただき、有難うございます!

★PICKUP

★この記事を読んだ人におススメ

【超お得!】東京リベンジャーズの原作マンガが全巻40%オフ!

実は東京リベンジャーズの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば東京リベンジャーズの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に東京リベンジャーズの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

PICKUP