<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

無職転生/転移事件・魔力災害の原因や真相は?犯人についても

無職転生の物語前半で起こるフィットア領転移事件は様々な影響を及ぼし、登場人物たちの人生を変えました。

甲龍歴417年に起こった魔力災害は、フィットア領一帯を大草原地帯に変えてしまい多数の行方不明者や死亡者を出したほどです。

そこで今回は「無職転生/転移事件・魔力災害の原因や真相は?犯人についても」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人にオススメ

無職転生/転移事件・魔力災害の原因や真相は?

作中で突然発生したフィットア領転移事件は本当に様々な影響を及ぼしました。

さらに魔力災害とは何かしらの要因で供給されたという大きな魔力が引き起こした災害の事で、フィットア領の住人はあっという間に家族や友人、恋人と離れ離れにされてしまったのです。

そんな転移事件・魔力災害の原因や真相は何なのか調べてみました。

転移事件は甲龍歴417年に発生した魔力災害

転移事件は甲龍歴417年に発生した魔力災害です。

転移事件は消失から約1日で消えた人間が世界各地に出現します。

迷宮に飛ばされた人、空中に投げ出された人、紛争地帯や魔大陸など危険な土地に飛ばされた人など行方は分かったものの死んだ人も多かった事件です。

フィットア領の中心都市ロアを中心に人工物や樹木が全て失われ大草原地帯になった

フィットア領の中心都市ロアを中心に人工物や樹木が全て失われ大草原地帯になっています。

フィットア領の中心都市ロアの上空から光が地面に伸び、地面に着いた瞬間に白い光の奔流がロアを飲み込みあらゆるものが消失したのです。

突然の出来事で何も分からず突然見知らぬ場所に飛ばされたら不安しかないですよね。

甲龍歴500年にリリアが死の間際に篠原秋人とともに生きることを強く望んだ

甲龍歴500年にリリアが死の間際に篠原秋人とともに生きることを強く望んだのでした。

リリアは神子としての能力に目覚め、5歳になった時に王宮に連行されてそこから再生の神子として王宮の為に尽くす生活となります。

しかもリリアは何度も人生をループし、その全てにおいて若くして残酷な殺され方をしており、そんな時に知り合った篠原秋人はリリアにとって特別な存在で初恋の相手でした。

ずっと絶望的なループを繰り返してきたリリアは、篠原秋人と生き残りたいと実感したのです。

篠原秋人が生き残る未来を作る為にナナホシが召喚

篠原秋人が生き残る未来を作る為にナナホシが召喚されています。

リリアの力は様々な人々の歴史も変化させるのですが、甲龍歴417年にある出来事が起きます。

それは篠原秋人と共に一緒にいた七星静香(ナナホシ)がフィットア領に召喚されたという事で、無職転生の中でも最大と言われる事件を生み出してしまったのです。

必要となる魔力を世界が周囲から供給(収奪)し転移事件が発生

ナナホシが召喚され、必要となる魔力を世界が周囲から供給(収奪)し転移事件が発生します。

その召喚には理由があり、現代の日本から異世界にナナホシが召喚されルーデウスたちが見た厚い雲のような物体が、周囲から供給(収奪)された膨大な魔力だったのです。

異世界からナナホシを召喚するには、相当な莫大な魔力が必要だったと考えられます。

消失した人・物は無生物から順に魔力として消費

消失した人・物は無生物から順に魔力として消費されました。

消失したとされる人や物は無生物から順に魔力として消費され、余った人や物が世界に放り出されました。

これが出現や消失とされ、運よく世界に放り出されたとしても危険な場所だったりと良い結果になったケースは少ないようです。

条件が揃い召喚が発動し魔力災害となった

条件が揃い召喚が発動し魔力災害となったのです。

作者の説明によると”条件が揃った為に召喚が発動し、出現や消失という事態になった”、即ち”災害”という事だそうです。

ナナホシが召喚された事で大勢の人が災害に巻き込まれた形になりました。

転移事件・魔力災害の犯人は?

無職転生の中でも最大の出来事と言われた転移事件・魔力災害には、ルーデウスの前世である日本が関わっています。

日本からナナホシを召喚した人物が転移事件・魔力災害の犯人だと考えられます。

そんな転移事件・魔力災害の犯人は誰なのでしょうか。

犯人は再生の神子リリア

転移事件・魔力災害の犯人は再生の神子リリアです。

リリアとは甲龍歴481年にルーデウスが死んでから数年後に”再生の神子”として誕生しています。

そのリリアは”何度死んでもループして生き返る能力”を持っており、当時のアスラ国王はリリアを捉えさせリリアに辛い生活を強いていました。

篠原秋人が戦争で首をはねられて死亡

篠原秋人が戦争で首をはねられて死亡しています。

リリアは篠原秋人とはナナホシが好意を寄せていた男子高校生で、前世のルーデウスが交通事故に遭う寸前にナナホシと言い争いをしていた人物です。

リリアは篠原秋人と親しくなるのですが、アスラ王国は篠原秋人を戦争の道具に使うつもりでした。

何の戦闘力もないのに戦闘に駆り出された篠原秋人は首をはねられ死亡し、体だけが王国に戻されたのです。

リリアの能力が開花し過去を改変

リリアの能力が開花し過去を改変しました。

リリアが持っていたのは”何度でも生き返る能力”ではなく”過去を改変させる能力”だったのです。

きっかけは篠原秋人が死んだ際に”篠原秋人と生きたい”と切望したからで、リリアのその力によってルーデウスとナナホシが召喚されました。

ちなみにリリアは転移事件が起こる83年後に存在する未来の人物の為、作中には登場していません。

赤い珠は時空の裂け目?

ボレアス邸の中空に出現した赤い珠。

ルーデウスが5歳でロキシーに導かれて家の外へ出た時の事。

更にこの年にルーデウスはロキシーと出会います。

この赤い珠は実は時空の裂け目だったそうですよ。

ナナホシの召喚、転移事件が甲龍歴417年で当時のルーデウスは10歳。

赤い珠が出現した時にはロキシーとシルフィに影響は与えてあります。

ここから時空の裂け目が目に見える程に成長していきそれが赤い珠になったという事だそうですよ!

上記の考察から繋げて考えると、この時ぐらいからルーデウスだけではヒトガミに勝つ要素が不足だった。

そして、ナナホシを後追いという形で召喚する準備の影響で時空の裂け目が出来ます。

そこに少しずつナナホシ召喚の為に時空の裂け目が出来て、そこに彼女がいたという感じになるのではないでしょうか。

なのでこの赤い珠はルーデウスとナナホシ、更にオルステッドやヒトガミも関係しているのでないかと考察をしました!

まとめ

・転移事件は甲龍歴417年に発生した魔力災害。

・フィットア領の中心都市ロアを中心に人工物や樹木が全て失われ大草原地帯になった。

・甲龍歴500年にリリアが死の間際に篠原秋人とともに生きることを強く望んだ。

・篠原秋人が生き残る未来を作る為にナナホシが召喚。

・必要となる魔力を世界が周囲から供給(収奪)し転移事件が発生。

・消失した人・物は無生物から順に魔力として消費。

・条件が揃い召喚が発動し魔力災害となった。

・犯人は再生の神子リリア。

・篠原秋人が戦争で首をはねられて死亡。

・リリアの能力が開花し過去を改変

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得!】無職転生の原作マンガが70%オフ!

無職転生の漫画を70%オフで読む方法があります。

この方法を使えば無職転生の原作の漫画を70%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

下記の記事では無職転生に関する記事を一覧にしてまとめています。

各キャラクターや用語等について更に深くチェックする事が出来ますよ!

☆この記事を読んだ人におすすめの記事
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする