【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

ソーシャルコマースプラットフォームのawww(アー)とは?報酬システムについても!




LINE公式アカウントを取得できるLINE@。

こちらはメルマガの様な運用をされていますよね。

登録する事で様々な情報を得る事ができます。

こちらの記事ではソーシャルコマースプラットフォームのawww(アー)というLINE@について紹介をしていきます!

それではさっそく見ていきましょう。

ソーシャルコマースプラットフォームのawww(アー)とは?

✔︎Check
  • 商品やサービスをPRしたい企業と、それを試してSNSを通じて友達やフォロワーに紹介する方とを繋ぐソーシャルコマースプラットホーム
  • 気に入った商品やサービスがあれば、自身のSNSで商品やサービスを紹介する
  • 友達やフォロワーが紹介したリンクをタップしてくれたり、実際に購入してくれると自身に報酬が入るシステム
  • ソーシャルメディア上での販促活動に最適化したインターフェース・データ集積基盤を構築している為、ストレスフリーで利用出来る
  • コンプライアンスの徹底を第一に、広告主のリスクを最小限に抑える運営に努めている
  • 広告パートナーの審査や投稿ガイドラインの策定・指導を行い、ステマ疑惑などから広告主を守っている
  • 芸能事務所から一般のインフルエンサーまで幅広く協力関係を構築している
  • 希望に沿ったキャスティングが可能
  • 企画提案の要望がある場合はアレンジ可能

awww(アー)では商品やサービスをPRしたい企業と、それを試してSNSを通じて友達やフォロワーに紹介する方とを繋ぐソーシャルコマースプラットホームとなっています。

マッチングサイトのビジネス版と捉えるとイメージができやすいかと思います。

また、商品やサービスを紹介する場合はご自身のSNSを活用する仕組みとなっています。

その為、新しく何か別のプラットフォームに登録するという手間も不要!

現在あなたが登録しているSNSを活用してビジネスをする事が出来ますよ。

▼公式LINEはこちら▼

awww(アー)の公式LINE

広告主は販売促進効果が見込める

✔︎オススメな広告主の方
  • 既に広めたい、知ってもらいたいサービスや商品がある方
  • 第三者からの紹介やレビューを得たい方
  • 商品やサービスをより多くの人に認識させたい方

商品やサービスをPRしたい広告主である企業側はawww(アー)を利用する事で販売促進効果が見込めます。

広告パートナー側が商品やサービスを気に入ってもらえたら、SNSで紹介してもらえます。

紹介してもらう事で、拡散や宣伝に繋がる為ですね。

せっかく良い商品やサービス・媒体やサイトがあっても、人に知られていなければ売れないし、良いものだと気づいてもらう事さえもしません。

広告パートナーの方にSNSで紹介してもらう事で多くの方にあなたの商品やサービスを認識してもらう事が出来ますよ。

個人的には『思ったよりも売り上げが伸びていない』という方にはオススメのソーシャルコマースプラットホームなのでないでしょうか?

awww(アー)の報酬システム

awww(アー)では気に入って商品やサービスがあれば、自身のSNSで商品やサービスを紹介する形となっています。

その為、フォロワーが多い方にはとても向いているビジネスモデルなのではないでしょうか。

また、友達やフォロワーが紹介したリンクをタップしてくれたり、実際購入してくれる事で、自身に報酬が入るシステムとなっていますよ。

こちらはSNSのアフィリエイト版と考えたら良さそうですね^ ^

awww(アー)のSNS情報

awww(アー)は色々なプラットフォームにアカウントがあります。

こちらについてもそれぞれ紹介していきますね。

Instagram

Facebook

awww(アー)の公式サイト

awwwについて知りたい方は各プラットフォームを要チェックです!

まとめ

いかがでしょうか?

ソーシャルコマースプラットフォームのawww(アー)について紹介をさせて頂きました。

自信の商品やサービスが伸び悩んでいる方、副業で稼ぎたい方にはオススメです!

気になる事があれば、公式LINEから問い合わせてチェックしてみて下さいね。

▼公式LINEはこちら▼

awww(アー)の公式LINE

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする