チェンソーマン/マキマさんが強すぎるし最強!チートで強いか解説




チェンソーマンは内容の過激さ、様々な伏線が面白いと話題になり2022年にはアニメ化もされ人気のダークヒーローアクション漫画です。

そのチェンソーマンに出てくるマキマは、物語当初は可愛いくて仕事ができる上官というイメージを読者に与えていたと思われます。

ところが話が進むにつれてマキマはとんでもない一面を見せるキャラになります。

そこで今回は「チェンソーマン/マキマさんが強すぎるし最強!チートで強いか解説」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

★PICKUP

スポンサーリンク



チェンソーマン/マキマさんが強すぎるし最強!

マキマは公安対魔特異4課のリーダーでデンジをスカウトした人物です。

赤い髪と黄色い渦巻のような瞳が印象的で、アニメでは楠木ともりさんの物静かで可愛らしい演技がマキマによく似合っていると言われています。

そんなマキマさんが強すぎるし最強なのか調べてみました。

内閣官房長官直属のデビルハンターという実力者

内閣官房長官直属のデビルハンターという実力者です。

一般のデビルハンターではマキマが契約している悪魔を知る事も許されないという格差があります。

他の課の監督役も務めていて退院の配置換えや指揮などを行って、デビルハンターとしての実力は体術、能力ともにトップクラスです。

契約悪魔は支配の悪魔

契約悪魔は支配の悪魔で人類の歴史と共に恐れられ強大化しています。

作中では各国から敵対視され刺客まで送り出されていたのですが結果が出せず、終盤には各国がマキマへの関与を諦め最終的にマキマを狙う国はアメリカのみになりました。

世界中から狙われても生き残れる支配の悪魔は底知れない怖さがありますね。

人間・魔人・悪魔問わず洗脳して操る事が可能

マキマは人間・魔人・悪魔問わず洗脳して操る事が可能です。

自分より格下だと思う者を支配する能力で「マキマが見下した相手」を命令通りに操る事が可能で、その洗脳によってマキマに対し尊敬や恋愛感情を抱く事に何の疑問も持たない状態になります。

マキマの悪質さは命令を利用して人間と悪魔の契約を無理矢理成立させたうえに、間接的に何の代償もなくその能力を使う事ができるところにもあります。

人間の死体を操り生前契約した悪魔の力を使用できる

人間の死体を操り生前契約した悪魔の力を使用できます。

先ほど書いた支配の力で支配した者が死んでも、悪魔と契約した人間の身体を操り生前契約していた悪魔の力を死体の肉体を介して支配下に置き自在に使う事も可能です。

悪魔を使う際の代償は日本国民か支配下に置いた人間にそのまま身代わりにさせる事で、マキマは何の代償を払う事無く使用できます。

マキマに利用されたら一生支配され続けるうえに死後も好き勝手に使われるか、身体も残らないような最期を迎えるかのどちらかしかないようです。

支配した者の記憶を改竄出来る

支配した者の記憶を改竄できます。

マキマに洗脳されると記憶そのものが書き換えられてしまうという事が起きます。

早川アキはマキマが好きなのにどこが好きなのか答えられないという状態に陥り、マキマはそれを知っていて早川アキを頼るようなことを言ったりして上手く洗脳しています。

ただこの洗脳は完全なものではないようでマキマの支配力を上回るほどの感情を抱いた際には洗脳が解け、元の感情や記憶を取り戻す事が可能との事です。

下等動物を支配し聴覚を借りる事が可能

マキマは下等動物を支配し聴覚を借りる事が可能です。

この能力でレゼとデンジの会話の内容を認知していたりフタクチの発言をクァンシに返したりなど他者の行動が手に取るように知る事ができます。

岸辺はこの能力を知っていて「会話はマキマに聞かれている」というメモをクァンシに教えたりしている事から、可能なのは「聞く事」のみだと考えられます。

マキマの使う下等動物とは鳥やネズミの事で、それらが周囲にいなければ普通に会話をしてもマキマに会話が伝わる心配はないとされています。

マキマさんがチートで強い・必殺技について

スポンサーリンク



マキマさんがチートで強い・必殺技について調べていきます。

マキマさんの強さやタフさ、能力はまさに非情で残忍なものばかりで、可愛らしい見た目や優しい言動からは想像できません。

頼りになる味方かと思われていましたが物語が進むにつれて怪しくなってきました。

遠隔でターゲットを圧殺できる

マキマさんは遠隔でターゲットを圧死できます。

これは終身刑以上の一人の命と引き換えに対象を一人殺すというもので、囚人に名前を言うように命令しマキマが何かを潰すような手の動きをした後で、名前を言われた人物が圧死するのです。

この能力で主犯格以外の人間をほぼ壊滅させたことから、条件さえ揃えれば遠隔で殺せる上に避けようがないということが分かります。

睨むだけで相手を流血させる

マキマさんは睨むだけで相手を流血させます。

単身でヤクザのアジトに乗り込んだ際に見せた能力で、睨んだだけで相手に鼻血、吐血をさせていました。

背後から殴ろうとした男にマキマが睨んだだけでその男は鼻血を出し目からも出血してしまいその場に座り込んでしまいました。

ただこの状況はマキマの能力の中では、身体が原型を留めているだけマシな方だと言われています。

指鉄砲で衝撃波を放ち射線上にある物体を丸く抉り取る

指鉄砲で衝撃波を放ち射線上を丸く抉り取ります。

これはマキマがパワーを殺す際に見せた能力で、相手に向かって指で銃の形を作り可愛く「ぱん」と言うと、目の前の相手の身体は消し飛び後ろの壁に半径1mほどの着弾痕が残るほどの攻撃が発動します。

新幹線の中で襲撃されたマキマが復活し襲撃犯を返り討ちにした時も巨大な弾痕があったのですが、これもマキマの「ぱん」の仕業だと考えられています。

ホーキンスの様に自身への攻撃を他人に変換出来る

マキマはホーキンスのように自身への攻撃を他人に変換出来ます。

ホーキンスとはONE PIECEに登場するキャラで、体内に藁人形(ストローマン)と呼ばれる小型の藁人形を仕込み、これを媒体に自分が受けたダメージを他者に移す事ができる能力を持っています。

マキマは内閣総理大臣との契約で国民の命を引き換えに不死となり、藁人形と国民の命を使って変換するのが似ていると考えられているようです。

死んでも日本国民の数だけ復活できるほど無敵

マキマは死んでも日本国民の数だけ復活できるほど無敵です。

内閣総理大臣との契約で、自身が攻撃され負傷や死んだ場合に適当な日本国民の紡機や怪我に変換できるという不死を手に入れています。

さらに死んでもその度に蘇生するので相手の戦い方を知ったうえで対処、反撃できるという利点も生まれてしまいました。

素手でチェンソーマンと渡り合える

マキマは素手でチェンソーマンと渡り合えます。

強大な悪魔なだけに肉弾戦も得意で能力を使わず素手でチェンソーマンと渡り合い叩きのめし肉体を引き裂くだけの怪力を持てます。

支配の悪魔だけに権謀術数の手慣れたもので能力を使う事なく他者をコントロールする手腕には流石といえるほどで、マキマを含む多くの部下はマキマを信じきっていて死んでもなお疑われる事がなかったほどです。

まとめ

・マキマさんが強すぎるし最強.。

・内閣官房長官直属のデビルハンターという実力者。

・契約悪魔は支配の悪魔で人類の歴史と共に恐れられ強大化している。

・マキマは人間・魔人・悪魔問わず洗脳して操る事が可能。

・人間の死体を操り生前契約した悪魔の力を使用できる。

・支配した者の記憶を改竄できる。

・マキマは下等動物を支配し聴覚を借りる事が可能。

・遠隔でターゲットを圧死できる。

・睨むだけで相手を流血させる。

・指鉄砲で衝撃波を放ち射線上を丸く抉り取る。

・ホーキンスのように自身への攻撃を他人に変換出来る。

・死んでも日本国民の数だけ復活できるほど無敵。

・素手でチェンソーマンと渡り合える。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得】チェンソーマンの原作マンガが全巻40%オフ!

スポンサーリンク



実はチェンソーマンの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばチェンソーマンの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にチェンソーマンの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

★PICKUP