チェンソーマン/戦争の悪魔は弱い?弱体化は銃の悪魔と同じ?




人気ジャンプ作品『チェンソーマン』。

第二部が始まりさらに盛り上がりを見せています。

その代表的なキャラクターが戦争の悪魔。

第二部の最大の敵のような描かれ方をしています。

しかし、そんな戦争の悪魔は弱いのではないかという声が出ています。

弱体化が銃の悪魔と同じではないかという声についても調べていきます。

それでは見ていきましょう。

★PICKUP

スポンサーリンク



チェンソーマン/戦争の悪魔は弱いし雑魚?


チェンソーマン第二部の敵である戦争の悪魔は弱いし雑魚なのでしょうか。

戦争の悪魔はコウモリの悪魔に勝てないほど弱い

戦争の悪魔はコウモリの悪魔に勝てないほど弱いです。

コウモリの悪魔は、チェンソーマン第一部に出てくる敵です。

最終的には、主人公・デンジによって倒されてしまいます。

しかし、このコウモリの悪魔にも勝てないほど戦争の悪魔は弱いのです。

作中でもはっきりと「コウモリの悪魔に勝つことはできない」と書かれています。

コウモリの悪魔は1部の初敵で雑魚な印象

コウモリの悪魔は1部の初敵で雑魚な印象があります。

コウモリの悪魔は、第一部に出てきて主人公・デンジが公安に雇われたデビルハンターとして初めに戦う敵です。

デンジの強さを証明するためのいわゆる当て馬のような存在です。

そのため、そこまで強くありません。

むしろ雑魚であるとも言えます。

そんなコウモリの悪魔にも勝てないほど戦争の悪魔は弱いのでしょうか。

戦闘シーンが少ない為正確な強さが分からない

戦闘シーンが少ない為正確な強さが分からないとも言われています。

戦闘の悪魔は、親を悪魔に殺された三鷹アサの前に現れます。

正義の悪魔に殺されてしまうアサの身体を強制契約によって乗っ取ります。

戦争の悪魔の目的は、チェンソーマンを倒すこと。

そのため、アサとともに戦えるように準備をします。

その準備をしているためか、戦闘シーンがあまりありません。

そのため、戦争の悪魔がどれほど強いのか正確に測ることができないのです。

マキマやデンジの様な圧倒的な強さがない

マキマやデンジの様な圧倒的な強さがないと言われています。

デンジはチェンソーマンとして活躍しています。

マキマは、支配の悪魔と契約を結んでおりデンジの上司で公安に所属しています。

デンジもマキマも作中で圧倒的な強さを見せています。

しかし、戦争の悪魔にはデンジやマキマほどの圧倒的な強さがなさそうです。

これから作品が進む中でどのような能力を見せてくれるのか楽しみですね。

能力の使い勝手が悪い

能力の使い勝手が悪いと言われています。

戦争の悪魔の能力は、自分のものだと認識した物体や生物に触れて名前を呼ぶことで武器に変える能力を持ちます。

自分に好意を持っている人間も対象になります。

武器の強さはその対象に抱く罪悪感に比例します。

しかし、戦争の悪魔は罪悪感など抱きません。

そのため、契約者であるアサの罪悪感によって強さが変わってきます。

罪悪感が湧かなければ武器として使うことはできません。

使い勝手の悪い能力です。

戦争の悪魔が弱いという声が多い

戦争の悪魔が弱いという声が多いです。

作中で、戦争の悪魔が弱いのではないかと感じた読者はどれくらいいるのでしょうか。

ネット上で戦争の悪魔が弱いかどうかを調べると様々な声が出てきます。

むしろ強いと言う声よりも弱いという声が多いように感じます。

戦争の悪魔の弱体化は術の悪魔と同じ?

スポンサーリンク



戦争の悪魔の弱体化は術の悪魔と同じなのでしょうか。

全盛期の戦争の悪魔はチェンソーマンを何度も殺している

全盛期の戦争の悪魔はチェンソーマンを何度も殺しています。

悪魔はその名前が恐れられるほど強くなると言う特徴があります。

つまり、誰もが怖いと思う「戦争」は圧倒的な強さがあると言えます。

戦争が頻繁に行われていた時期は、戦争の悪魔が一番力を持っていた時です。

いわゆる全盛期です。

この全盛期には、チェンソーマンを何度も殺すという圧倒的な強さを見せています。

戦争が起こっていない為弱体化している

戦争が起こっていない為弱体化していると言われています。

戦争が起きなければ戦争の恐ろしさを知ることはありません。

恐ろしさを知らなければ、戦争が怖いと感情は次第に薄れていきます。

「平和ボケ」という言葉が当てはまるでしょう。

このことは、現代日本でも同じことが言えます。

作中でも、戦争が起こらなくなったため「戦争」という言葉が恐れられなくなり弱体化してしまいました

チェンソーマンに肉体の一部を食べられて弱体化

チェンソーマンに肉体の一部を食べられて弱体化しています。

戦争の悪魔は、チェンソーマンと戦います。

その戦いの中で、チェンソーマンに身体の一部を食べられてしまいます。

食べられて以降、戦争が起きなくなったのです。

戦争が起きなくなれば、「戦争」が恐れられることはありません。

戦争の悪魔の力は弱まったのです。

銃の悪魔の様に倒されて弱体化はしていない

戦争の悪魔は銃の悪魔の様に倒されて弱体化はしていないです。

銃の悪魔は、最強格の悪魔です。

その強さは、約5分の間に120万人弱を殺害できるほどです。

しかし、銃の悪魔は倒されて力が弱まります。

戦争の悪魔は、銃の悪魔のように倒されたわけではありません。

戦争が起きなくなったために、弱体化してしまいました。

言葉に対するイメージが強い力を持つと言うことを実感させられます。

まとめ


ここまで、戦争の悪魔が弱いのかどうかについて見てきました。

・戦争の悪魔は初敵のコウモリの悪魔に勝てない

・戦争の悪魔の戦闘描写が少ない為正確な強さが不明

・人々が戦争を恐れなくなったことで弱体化

戦争が起きないのはとてもいいことです。

しかし、全盛期の戦争の悪魔の強さを知りたいという読者もいるのではないでしょうか。

【超お得】チェンソーマンの原作マンガが全巻40%オフ!

実はチェンソーマンの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばチェンソーマンの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にチェンソーマンの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

★PICKUP