チェンソーマン/パワーちゃんはなんで死んだ・死亡理由は?その後どうなったか解説




チェンソーマン第1部は公安編で、主人公のデンジは多くの仲間を失いました。

公安には相棒を意味する「バディ」がつき、パワーちゃんはデンジのバディです。

今回の記事では、パワーちゃんはなんで死んだ・死亡理由は?

その後どうなったかを解説していきます。

それではさっそくみていきましょう。

★PICKUP

スポンサーリンク



チェンソーマン/パワーちゃんはなんで死んだ・死亡理由は?

デンジとパワーは最初こそ仲が悪かったものの、ペットを飼っていた事で仲良くなります。

早川アキ同様に、一緒に暮らし楽しい日々を過ごしていましたよね。

チェンソーマン公安編ではパワーちゃんは死亡しました。

なぜ、パワーちゃんは死んでしまったのでしょうか。

なぜ死んだ:マキマに指鉄砲で撃たれる

マキマは公安編のラスボスで、「ばん」という指鉄砲の能力があります。

パワーはマキマにデンジの家の目の前で指鉄砲で撃たれるんです。

パワーは落ち込んでいるデンジの誕生日のために、ケーキを用意していました。

パワーがデンジの家を開けた瞬間、マキマは「ばん」と指鉄砲でパワーを瞬殺するんです。

殺された理由:デンジとポチタの契約を破棄させる為に殺される

パワーがマキマに殺された理由は、デンジとポチタの契約を破棄させるためです。

デンジとポチタの契約とは「幸せ」でした。

早川アキや、パワーがいた事でデンジは幸せを感じられたんです。

マキマは「パワーを殺せばデンジはもっと絶望する」と考え殺しました。

パワーが死亡するのは何巻何話?

パワーが完全に死亡するのはチェンソーマン11巻の91話です。

パワーはマキマに1度殺されますが復活を遂げたんですね。

路地裏のごみ箱で、デンジとパワーは「再会」の約束をします。

デンジにパワーはすべての力を与え、公安編のラスト、11巻で死亡しました。

マキマの指鉄砲で死亡するのは10巻の81話です。

パワーちゃんはその後どうなった?どうなるのか生死について

スポンサーリンク



パワーですが、マキマの「ばん」の指鉄砲であっけなく頭を貫かれました。

頭を撃たれたパワーは崩れ落ちたままになります。

しかし、パワーはチェンソーマンの中で「復活した」という声も多くあがっていますね。

パワーはマキマに倒された後、復活したのでしょうか。

デンジに血を飲ませた事で生きてる

パワーはデンジに血を飲ませた事で生きています。

マキマとデンジが戦っている際、パワーの血がデンジの中で復活するんです。

デンジの中にはポチタがいて、ポチタは「パワーちゃん、デンジを助けて」とお願いしました。

パワーは仰向けに倒れこんでいましたが、血の悪魔として復活します。

ポチタの一部を食べて悪魔として復活・生き返る

パワーはマキマの「ばん」の能力を使われたため、デンジの中でずっと倒れていました。

力が尽きそうになりかけたパワーに、ポチタは体を差し出します。

パワーは血の悪魔で、血で復活し血を欲するんです。

ポチタの肉を食べたパワーはマキマを倒すまではいきませんが復活しました。

最後のマキマ戦でパワーを使われチェンソーになった

チェンソーマン1部公安編では、マキマがチェンソーマンと戦います。

マキマはパワーを殺したのも、ただ「デンジの幸せを崩すため」でした。

パワーは血の悪魔で、血から武器を形成する事が出来ます。

パワーは血の悪魔の能力でチェンソーになり、マキマと戦ったんです。

パワーの血をマキマの中で暴れさせて傷の治りを遅くした

パワーは血の悪魔で、血を自由自在に操られます。

マキマとチェンソーマンの戦いは激しく、苦しいもので歯が立ちませんでした。

しかし、デンジはパワーの血が体にはいっていて、パワーの血がマキマに吸収されるんです。

パワーはマキマの中で血として暴れ、マキマの傷の治りを遅くさせ、時間を稼ぐことが出来ました。

結末・最後はデンジと契約してポチタと共に現在生きてる

パワーはデンジのために、また、マキマを倒すために血を使い過ぎていました。

マキマはパワーに「デンジくんをくれればまた飼ってあげる」と言いますが、デンジを連れ、血まみれで路地裏に逃げたんです。

路地裏のごみ箱に隠れ、パワーは「私は悪魔。悪魔は死んでも蘇る」とデンジに話します。

パワーは、血の悪魔と再会してほしいという契約をし、血を使い果たし、ポチタと生きていきました。

1部の最終回では未登場

パワーは1部公安編の最終回では未登場です。

ポチタとともに生きているという事は、デンジの心臓や体の一部になっているでしょう。

1部の最終回ではデンジがマキマを殺し、マキマを料理し食べました。

マキマがナユタとして復活し、ポチタが「幸せになって」とデンジに言います。

チェンソーマンはヒーローになり、デンジは高校生になって最終回は終わったため、パワーは一切出ていません。

パワーちゃんは転生して再登場するのか?

パワーは血の悪魔です。

悪魔という事は、地獄からの輪廻転生が基本的に可能でしょう。

マキマも最終回で殺され、すぐに輪廻転生をしています。

パワーちゃんは転生して再登場するのでしょうか。

デンジの中で生きている為転生・生まれ変わりの可能性は低い

パワーは転生や生まれ変わりの可能性はとても低いです。

パワーはデンジにすべての血を分け与え、デンジの中に生きてるからでしょう。

パワーはポチタとともにデンジの中で生きているため、デンジもパワーを気にしていなったんですね。

悪魔は地獄に落ち、地獄で死亡すれば現世に転生しますが、パワーはデンジの中に常にいるため、転生は出来ません。

第2部ではデンジの中で再登場する可能性はある

パワーの再登場が見込めるのは第2部の主人公、三鷹アサの登場です。

チェンソーマンは2部でヒーローになり、怖がる人はいなくなっていました。

悪魔は「怖がる人間がいない」と弱体化し、三鷹アサの契約悪魔、戦争の悪魔はチェンソーマンを殺しに来たんです。

マキマ同様、デンジを殺す存在があらわれたとしたら、パワーはデンジを守るために再登場するのではないしょうか

まとめ

スポンサーリンク



・パワーはデンジの誕生日にケーキを持って遊びに行くと、マキマの「ばん」の指鉄砲で殺される

・パワーはデンジに不幸を与えるためにマキマにとっては「殺さなければいけない存在」だった

・パワーが完全に死亡するのはコミックス11巻91話、マキマの指鉄砲で死亡するのは10巻81話

・パワーはデンジに血を飲ませていたため生存しており、デンジの中でポチタの体を食べ血の悪魔として復活

・血の悪魔は血で自由自在に武器を生成できるため、パワーはチェンソーになった

・デンジの血の中にパワーの血が混じった事によってマキマの体内に血が混じり、パワーの血はマキマの中で暴れ、傷の治りを悪くし断続的に攻撃する

・パワーはデンジと路地裏のごみ箱の中で「友達」と言い合い、「再会」を契約にポチタとデンジの中に住んだ

・悪魔は地獄に落ちれば輪廻転生が可能だが、パワーはデンジの中にいるため、輪廻転生や生まれ変わりする可能性は低い

・2部ではチェンソーマンを倒すため、戦争の悪魔が動き出すため、デンジの危機を悟ったパワーがデンジの中から再登場する可能性がある

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得】チェンソーマンの原作マンガが全巻40%オフ!

実はチェンソーマンの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばチェンソーマンの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にチェンソーマンの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

★PICKUP