【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

【シャドーハウス】ケイトの過去・ミラー家の人間だった?目的や能力についても




週刊ヤングジャンプにて連載されているシャドーハウス。

作中では謎めいた屋敷の中で怪奇な事件が次々と起こっていてミステリアスな雰囲気を醸し出していますよね。

今回はそんなシャドーハウスの重要人物であるケイトの過去・ミラー家の人間との関連性、そして目的や能力について解説していきたいと思います。

ケイトの知られざる過去や、その目的、能力まで、衝撃の内容となっていました。

スポンサーリンク



【シャドーハウス】ケイトの過去・ミラー家の人間だったのか解説

シャドーハウスはかつて「ミラーハウス」という屋敷でした。

そこに住んでいた貴族が「ミラー家」です。

なんとそんなミラー家とケイトの間には衝撃の過去と関連性があります。

今回はそんな知られざるケイトとミラー家の過去と関連性についてまとめてみました。

12歳までは顔があり普通の人間だった

シャドーハウスにいる住民たちは顔が真っ黒に覆われています。

通称「モーフ」と呼ばれていて、ケイトもシャドーハウスにいる「モーフ」の一人でした。

しかし何とケイトは最初から真っ黒に覆われた姿というわけではなく、12歳の年までは普通の人間の姿をしていたのです。

後程詳しく解説しますが、ミラーハウスがモーフに襲撃される事件が起こります。

このミラーハウスに住んでいた貴族であるキャサリン。

襲撃された事でキャサリンは逃亡。

キャサリンと共にモーフから逃亡していた人物にエミリーというキャサリンの侍女がいました。

逃げた先の空き家でキャサリンは出産し、亡くなってしまいます。

エミリーは生まれた女の子をケイトと名付けて自身の孫として育てるのです。

それから12歳まで元気に育っていくケイトですが、12歳になりシャドーへと変貌してしまいます。

誰にも会わずにひきこもるケイトはこの時初めてエミリーからキャサリンのことを知らされるのです。

 ケイトが人の姿をしていた時があったなんて驚きでした。

ケイトの秘密:人間に擬態する前の過去の記憶を持っている特別なモーフ

モーフには擬態や模倣の能力があります。

この能力を使って人間になり替わることでシャドーのような姿になります。

本来ならモーフとしての記憶は消去される筈。

しかしながらケイトは幼いころの記憶を覚えているため特別なモーフであるといえました。

これは先ほど解説させて頂いた様にケイトが人間からシャドーに変化した為ですね。

普通のモーフと違いベースが人間なので、記憶を持った特別なモーフだというのも納得です!

ケイトはミラーハウスに住んでいた貴族の娘

先ほどの少し触れましたが、ミラーハウスにはかつてキャサリンという女性の貴族が住んでいました。

キャサリンのおなかの中にはケイトを身籠っています。

なのでケイトは貴族であるキャサリンの娘だったのです。

そしてこの頃にキャサリンに悲劇が起こります。

キャサリンの娘であるケイト、これは衝撃の事実で驚きでした。

母親のキャサリンがシャドーになる

キャサリンの出産のお祝いとしてミラーハウスにモーフが送られます。

しかし、送られたモーフは増殖して人々が次々に襲撃されてしまいます。

 キャサリンは馬車で逃げるのですが、モーフのスピードの方が速く、キャサリンは取りつかれてしまうのです。

そして時間がたつと、キャサリンの体はシャドーへと変貌してしまうのでした。

キャサリンがシャドーになってしまうなんて、なんて壮絶な過去なのでしょうか。

シャドー恐るべきです。

母親がシャドーだった為、ケイトも影響があったという事が伺えますね

【シャドーハウス】ケイトの目的は何?

スポンサーリンク



ケイトには他のシャドーたちと違い、目的があります。

その為、彼女は反乱分子として警戒をされてしまいました。

そんなケイトの知られざる目的についてまとめてみました。

シャドー家からミラーハウスを取り戻すこと

キャサリンの壮絶な過去を知らされたケイト。

自身の正体を突き止めるため、そしてそこにあるかもしれない自分の居場所を求めて、エミリーの元を離れてシャドーハウスに向かいます。

ミラーハウスに訪れたケイトはハウスがシャドー家に乗っ取られていたことに気付きます。

周囲の村人たちはシャドー家の「すす」によって睡眠状態にされて洗脳されていました。

さらにシャドーハウスの子供たちも洗脳されて生き人形にされてしまうのです。

そんな子供たちをシャドー家は仕えさせて命潰えるまで使わされます。

状況を知ったケイトはシャドー家から生き人形達を助け出し、シャドーハウスを取り戻そうと決意するのでした。

ケイトには本当に頑張ってもらいたいです。

シャドーハウスで奇跡的にエミリコと再会

ケイトの生き人形であるエミリコはサーカス団の団員としてこき使われていました。

訪れていたミラーサイドという村で、サーカスでの失敗したことが原因でクビを宣告されてしまったエミリコ。

落ち込むエミリコとシャドーハウスへ向かうケイトが初対面。

すぐに打ち解けた二人は、その後ケイトはモーフに紛れ込みます。

エミリコはケイトの名前を使ってルウやショーン達と出会ったことで幸せを掴みにシャドーハウスへ向かうのです。

そしてお互いにシャドーハウスに向かったことで、ケイトとエミリコは奇跡的に再会を果たしました。

 ケイトとエミリコの運命的な出会いは、何か大きなことをもたらすのではないかと思ってしまいました。

【シャドーハウス】ケイトのすす能力を解説

シャドーハウス周辺の村人たちはシャドー家によって洗脳されてしまいます。

この原因となっているのは「すす」です。

「すす」はシャドーの負の感情から生成され、放置すると暴走します。

また「すす」は覚醒すると使用出来る様になり、能力物理干渉と精神干渉の二種類があります。

そしてこのすすは使用者によって能力が変化する特徴を持ちます。

ケイトのすすの能力は物理干渉系のもので、物体を操作することができるのです。

物体を移動させたり、対象に絡みつかせて拘束したりと、汎用性がかなり高い能力となっています。

このすすの力を使ってケイトにはシャドー家を倒してもらいたいです。

まとめ

・ケイトは12歳まで普通の人間の姿をしていた。

・ケイトは人間に擬態する前の過去の記憶を持っている特別なモーフだった。

 ・ケイトはミラーハウスに住んでいたキャサリンという貴族の娘である。

 ・キャサリンはシャドーになってしまう。

・ケイトの目的は自分の居場所を見つけ、自身の正体を突き止めること、更にはシャドー家からミラーハウスを取り戻そうとしている。

・ケイトはシャドーハウスでエミリコと再会していた。

 ・ケイトのすすの能力は物理干渉系で物体操作や拘束を行うことができる。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする