【シャドーハウス】ショーンの本名はジョン!過去や年齢は何歳なのかについても




週刊ヤングジャンプにて連載されているシャドーハウス。

作中では謎めいた屋敷の中で怪奇な事件が次々と起こっていてミステリアスな雰囲気を醸し出していますよね。

今回はそんなシャドーハウスのショーンの本名について、ジョンとの関係性や過去や年齢などを解説していきたいと思います。

ショーンはエミリコ達の同期であり、作中ではかなり重要人物、衝撃の関連性や事実が明らかになる内容となっていました。

スポンサーリンク



【シャドーハウス】ショーンの本名・本当の名前はジョン

ショーンの本当の名前はジョンです。

なぜショーンの本名がジョンになったのか。

真相としては、生き人形の名前をシャドーにつけたことです。

生き人形の名前をシャドーにつけたということには目的がありました。

その目的とは相手に錯覚を引き起こすことです。

更にショーンの本名の件は、ジョン自身が名付けました。

つまり本人が了承済みなことだったのでした。

生き人形とシャドーが同一の名前というのは、非常に難しい状況です。

なので効果的な作戦だと思いましたね。

【シャドーハウス】ショーンの過去を解説

スポンサーリンク



ショーンはジョンに使える生き人形です。

性格としては真面目で、落ち着いた大人の雰囲気を持っています。

更に黒髪で短髪なので非常に普通な見た目でした。

初登場の時はあまり目立たなかったため気づきにくいですが、無表情で仕事を淡々とこなしています。

そんなショーンの過去をまとめてみました。

リッキーと学校でよく喧嘩をしていた

リッキーとはよく学校で喧嘩をしていて、「星付き」に反抗したことをきっかけに腹を殴られたりしました。

当然ショーンもやり返そうとするのですが、掃除班のみんなに止められる場面も見受けられていましたね。

とはいえ喧嘩をするほど仲がいいともいえると思いました。

ミラーサイドで弟や妹の世話をしていた

ショーンはミラーサイドでは学校に通っていました。

実家は商人で、弟や妹への面倒見が非常にいいです。

選別会の年齢制限は13歳、これを過ぎると村での労働が共用されるので、年齢ギリギリでの参加といえます。

成績優秀で、面倒見がいいショーンは、凄く魅力的なキャラだと思います。

生き人形になる前から目が悪かった

ショーンは生き人形になる前から目が悪く、近視用の眼鏡をかけていたほどです。

選抜会への参加も眼鏡をはずしていますが、見た目を気にしていたわけではありません。

目が悪くないことをカモフラージュするために持っていたのです。

目が悪くないことをカモフラージュするために、眼鏡をはずしておくというのは、かなりショーンは策略家だと思いましたね。

【シャドーハウス】ショーンのプロフィール

ショーンはジョンの生き人形であり、かっこいい特徴を持っています。

エミリコ達の同期でもあり、そんなショーンのプロフィールを調べてみたいと思います。

年齢は何歳?

ショーンの年齢は13歳です。

選抜会参加のための、年齢ギリギリなのが衝撃ですね。

身長:推定158㎝

ショーンは平均的な男子で年齢は13歳なので、身長は推定158cmとされています。

かなり大人びて見えるキャラですが、あくまで13歳です。

13歳というとちょうど中学生くらいの年齢なので、意外と小さいと感じてしまいますね。

ショーンの性格は?

ショーンの性格は平坦なもので、感情の起伏のなさが特徴的です。

冷静な性格ともいえました。

裏を返せば冷淡ともとらえられかねないのがショーンの性格です。

しかしエミリコ達と触れ合う度に感情を表に出すようになります。

感情を出すショーンは、仲間思い出、眩しい笑顔を見せてくれました。

あまりに笑顔がきれいなので、可愛いという印象を抱いてしまう程です。

冷静で可愛い、ショーンはギャップのある非常に魅力的なキャラだと思いますね。

【シャドーハウス】ショーンは洗脳されているのか?

スポンサーリンク



ショーンの洗脳の見分けの指標となるのが、ジョンとの聞き分けについてです。

ジョンの要望を聞くショーンはシャドーハウスへの忠誠がついたことがいえます。

そして眼鏡をはずすよういわれている場面が、特に洗脳の濃い状況を表していました。

逆に洗脳が薄いときはジョンの要求を反発したり、殴り合いをしていたことすらあるわけです。

更に実は殴り合いには、主人に間違った行為をさせてショーンの洗脳を解く作戦もあります。

ジョンは本気でぶつかるショーンを好んでいたのでした。

まさに洗脳から分かるジョンとショーンの衝撃的な関係性は、驚きしかありませんね。

特別なコーヒーを飲むと洗脳される

そもそもショーンはどうやって、洗脳されているのでしょうか。

実は定期的に飲まされる特別なコーヒーの中にある、「すす」が原因により洗脳が発生するのです。

更に洗脳されると自我や記憶が消失していきます。

これには個人差があるものの、水を飲むことですすを取り除き洗脳を解けさせることもできました。

特別なコーヒー恐るべしです。

特別なコーヒーを飲まないと徐々に洗脳が解ける

個人差があるすすの洗脳を解除する方法ですが、時間がたつことで効力が抜けていき、洗脳が解けます。

定期的にコーヒーを飲む理由も、時間制限にあるといえますね。

逆に時間制限がなかったらと思うと、恐ろしすぎると思ってしまいます。

ジョンとの殴り合いで洗脳が解けた

ジョンには特に個人差が該当する洗脳が解ける描写があります。

これによりショーンは、ジョンと殴り合いをしたことで洗脳が解けていました。

ジョンの思いありが、そこには隠されていたといえますね。

まとめ

・ショーンの本名・本当の名前はジョンである。

・ショーンはリッキーとよく学校で喧嘩をしていた。

・ミラーサイドでショーンは弟や妹のお世話をしている。

・生き人形になる前から目が悪かった。

・年齢は13歳。

・身長は推定158cm

・性格は冷静で、感情をだすと優しくて可愛い。

・ショーンの洗脳はジョンとの聞き分けで見分けられる。

・特別なコーヒーを飲むと洗脳される

・特別なコーヒーは時間経過で効果が消える。

・ジョンとの殴り合いでショーンは洗脳が解けた。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!