【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

【シャドーハウス】ミラー家とは?ミラーハウスやミラーサイドを解説




週刊ヤングジャンプにて連載されているシャドーハウス。

作中では謎めいた屋敷の中で怪奇な事件が次々と起こっていてミステリアスな雰囲気を醸し出していますよね。

今回はそんなシャドーハウスの重要テーマであるミラーハウスについて、更にミラー家や、ミラーサイドについて解説していきたいと思います。

全てのワードにミラーが含まれるこちらのラインナップ、衝撃の関連性や事実が、明らかになる内容となっていました。

スポンサーリンク



【シャドーハウス】ミラー家とは?

シャドーハウスに登場するミラー家。

こちらはどういう一族なのでしょうか?

まず、ミラーハウスにいた貴族がミラー家です。

さらにケイトもミラー家の一員ということが明らかになっています。

本名「ケイト・ミラー」でケイトの母こそ、ミラー家の貴族であるキャサリンだったのでした。

ケイトともかかわりが深いミラー家は、作中でもかなり重要な設定になっているといえますね。

また、後ほど詳しく解説をしますがシャドーハウスはもともと、ミラーハウスという屋敷。

なのでミラー家はシャドー家よりも以前にシャドーハウスに住んでいた貴族という事になりますね!

【シャドーハウス】ミラーハウスとは?

スポンサーリンク



シャドーハウスはもともと、ミラーハウスという屋敷でした。

ミラーハウスには当時多くの貴族たちが住んでいた普通の屋敷です。

そんな場所がどうしてシャドーハウスのようになってしまったのか。

気になるミラーハウスについての情報を今回はまとめてみました。

誰でも歓迎する理想の場所

ミラーハウスには貴族が住んでいますが、その素性を知るものは少ないです。

誰もが歓迎される理想の場所であったミラーハウスは、領地が栄えて次々と村が発展していました。

誰でも歓迎してくれるミラーハウスは素晴らしい場所ですね。

モーフの大量発生でシャドーに乗っ取られた?

ある日ミラーハウスでは、貴族に送られたモーフが暴走を起こして大量発生してしまいます。

次々に貴族たちはモーフに襲われてしまい、完全にシャドーにミラーハウスは覆われてしまいます。

まさにシャドーに乗っ取られてしまったといえるでしょう。

襲われてしまった人々は黒い物体に覆われ、機能不能になってしまいます。

そしてミラーハウスは壊滅状態になってしまいました。

壮絶なミラーハウスでの事件は、初めて知った時の驚きが凄かったです。

シャドーハウスの正体はミラーハウスだった

現在のシャドーハウスは漆黒で覆われていて、不気味な雰囲気を放っています。

最早そこはミラーハウスとは全く違う場所です。

ミラーハウスで発生した大量のモーフは、ミラーハウスにいた人々を漆黒に染めてしまいました。

シャドーハウスは、漆黒に染まり壊滅してしまったミラーハウスです。

その裏付けとなることが、ケイトが13歳になった時のエピソードでした。

13歳になった時に、ケイトは自身の生まれた場所を知るため、ミラーハウスに向かいます。

しかしかつてミラーハウスがあった場所には、シャドーハウスがありました。

まさにミラーハウスがシャドーハウスであると、確信できる描写だと思い衝撃が凄かったですね。

ケイトの母親キャサリンはミラーハウスの王妃?

ケイトの母親はキャサリンというミラーハウスの貴族でした。

キャサリンには、妊娠したお祝いとして、「モーフ」を贈られています。

お祝いを贈られるのは、貴族の中でもキャサリンが、かなり身分が高いお王妃のような存在でもあったからだといえます。

更にエミリーという侍女が、キャサリンにはいました。

エミリーはモーフに襲われてしまったキャサリンを、決死の思いで救出します。

キャサリンと逃避行を最後まで続けてくれていました。

更にキャサリン自身が漆黒に染まっても、お腹の子「ケイト」だけは絶対にキャサリンのために守ると誓っています。

最後まで主であるキャサリンの侍女としての使命を全うしていました。

それだけキャサリンは慕われていた、魅力的なミラーハウスの王妃のような存在だったといえます。

キャサリンとエミリーの逃避行は壮絶で、印象的な話でしたね。

【シャドーハウス】ミラーサイドとは?

ミラーサイドはかつてミラーハウスがあった場所にいた島の人が、知っていた村のことです。

そこには元気な子供たちが遊んでいます。

観光、移住向きではないとされていて、道のわきにある森は子供たち曰く立ち入り禁止区域だとか。

理由はシャドー家の敷地となっているから、更に顔をはぎ取る顔なしの妖精がいるともされています。

モーフとはまた違った特徴を持つ妖精、それでも子供たちはここが一番居心地いいそう。

また村人たちは外部の人間に基本的に、寛容な態度を見せています。

一方で思想事態は非常に閉鎖的で、決まりごとは絶対曲げようとしません。

禁止区域では怪しい人物がモーフを持ち込みなにか、シャドーハウスでの計画を企てています。

とにかくミラーサイドはシャドーハウスの物語の核心に迫る、重要な場所といえますね。

まとめ

・ミラー家とはミラーハウスにかつて住んでいた貴族

・ミラーハウスは誰でも歓迎する理想の場所で、当時村が発展していた。

・モーフが大量発生しミラーハウスは、シャドーに乗っ取られてしまった。

・シャドーハウスの正体はミラーハウスだった。

・ケイトの母親キャサリンは、ミラーハウスで王妃のような存在であった。

・ミラーサイドとは、かつてミラーハウスのあった場所にある村のこと。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする