チェンソーマン/ビームは最後に死亡・死んだ?復活するか解説




チェンソーマンには、悪魔とデビルハンター以外にも魔人が登場します。

友好的で理性の高い魔人はデビルハンターの手伝いをしていましたね。

今回の記事では、ビームは最後に死亡・死んだ?

復活するかを解説していきます。

それではさっそくみていきましょう。

★PICKUP

スポンサーリンク



チェンソーマン/ビームは最後に死亡・死んだ?

チェンソーマンのビームは、デンジやチェンソーの悪魔に尊敬の念を感じている魔人です。

「チェンソー様」と言ってデンジの周りを走り回る姿は可愛らしいですよね。

1部では有力な情報もデビルハンターに流してくれたビーム。

ビームは最後に死亡してしまうのでしょうか?

死んだ理由も気になります。

斬り落とされるがデンジに血を与え復活させた

ビームはデビルハンターと行動を共にしていたため、地獄に落とされます。

デンジは地獄での戦いで血が少なくなってしまい、戦闘不能状態でした。

しかし、ビームは自分が地獄で腕や顔を斬られた部分の血をデンジに分けます。

悪魔は血を与えると復活するのをしっていたため、デンジは無事復活し、ビームは自分の斬り落とされた血を上手く利用しました。

闇の悪魔にバラバラにされて地獄で死んだ

ビームはデビルハンターとともに地獄に落とされ、闇の悪魔に出会います。

なんとか対戦を試みますがあっけなく闇の悪魔に体をバラバラにされました。

ビームの死は一瞬で、周囲は絶句しています。

しかし、ビームは完全に体がバラバラになり原型をとどめず、現世に帰らなかった事から死亡したのが確定しました。

ビームは復活するのか?

スポンサーリンク



ビームはチェンソーマンの中でもデンジの心の支えの一人ですよね。

ビームの応援があって、ひらめいた対戦方法もあります。

デンジにとって最高の友人ともいえるビームは復活しないのでしょうか?

再登場する可能性も気になります。

チェンソーマンの眷属紹介で首が斬り落とされた状態で再登場

デンジはマキマにチェンソーマンの力を呼び戻すように言われ、首輪をつけられ長い廊下を歩きます。

廊下のすみには今まで死亡した魔人、デビルハンターや悪魔が跪いていました。

マキマは「彼らは眷属で、私と少し考えが違ったけれど、チェンソーマンを命がけで守ってくれた人」と紹介します。

跪いている中には首が斬り落とされた状態のビームがいて、再登場を果たしたといえるでしょう。

死亡してもその名前に人が恐怖する限り別の個体になって地獄で復活

チェンソーマンでは地獄は悪魔のふるさとです。

現世で死亡しても、サメではなくてもある1つでも人が恐怖を感じたら別の個体として地獄で輪廻転生をします。

ビームも地獄で復活し、サメの魔人ではないものの別の悪魔として復活した可能性がありますね。

また、現世に輪廻転生するは地獄でも死亡しなければならないため、時間がとてもかかるといえるでしょう。

人間の死体を借りている魔人は現世で命を落としても地獄で復活する

ビームは悪魔ではなく魔人ですが、原理は悪魔と一緒です。

魔人は悪魔が死んだ人間の体を借りて能力で支配しています。

魔人は現世で命を落としても地獄で復活する事ができますね。

地獄で死亡すれば現世に輪廻転生し、再登場するチャンスもあるでしょう。

ビームは別個体のサメの悪魔として地獄で復活する可能性がある

ビームの再登場を考察するには、「魔人」である事が強く関係してきます。

ビームはサメの魔人であり、体は悪魔が入っていた借り物の体にすぎません。

もしもビームが地獄で復活するとすれば、1部で登場した体ではないでしょう。

別の個体や性格で、地獄で復活する事が濃厚です。

まとめ

・ビームはデンジが血が足りず、戦闘不能状態になった際、ビームが闇の悪魔の攻撃で斬り落とされた血を飲ませデンジを復活させた

・ビームは闇の悪魔に顔や体、全てをバラバラにされ地獄で死亡する

・ビームはデンジがチェンソーマン化する際、マキマに「眷属」として跪いた首のないビームを紹介された

・悪魔や魔人は死亡しても地獄がふるさとであるため、地獄で復活する。

・ビームは魔人だが、魔人は悪魔が死体を借りて生きていたため、別の体にのりうつって復活する可能性がある

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得】チェンソーマンの原作マンガが全巻40%オフ!

スポンサーリンク



実はチェンソーマンの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばチェンソーマンの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にチェンソーマンの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

★PICKUP