<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

ブルーロック/糸師兄弟は仲直りする?和解するか解説

『ブルーロック』に登場する糸師冴と糸師凛は兄弟だという事は知られていますが、仲の悪さも有名かもしれません。

しかしサッカーにおいては2人とも実力があり、いつか世界で兄弟が活躍するのを見たいというファンも多いのではないでしょうか。

そこで今回は「ブルーロック/糸師兄弟は仲直りする?和解するか解説」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人におすすめの記事

ブルーロック/糸師兄弟は仲直りする?

糸師兄弟は幼少期の回想シーンも印象的ではないでしょうか。

2人でアイスを食べるなど仲の良さが伺えるシーンがあり、大きくなってもサッカーも一緒にすると考えられていた糸師兄弟。

そんな糸師兄弟は仲直りする?という点について調べてみました。

U-20日本代表との試合後も険悪な関係

糸師兄弟はU-20日本代表との試合後も険悪な関係が続いています。

4年ぶりにスペインから帰国してきた冴が”世界一のMFになる”と凜に宣言した事で決別した2人。

凜が”一緒に夢を見たのはそんな兄じゃない”と反発し、そんな凜に冴が”1on1で勝てたら一緒に夢を見てやる”と言います。

結果は冴の圧勝で凜は兄との実力差を思い知らされたものの、それでも兄と一緒に夢を追いたいと言いますが拒絶されました。

その後、U-20日本代表で再会し戦うものの険悪なままで和解する事はありませんでした。

冴に認められなかった凛は更に憎悪を募らせる

冴に認められなかった凛は更に憎悪を募らせました。

2人で世界一のストライカーになると決めていたのに冴から”MFになる”と言われた凜は”2人で夢を追えないならサッカーをする意味がない”と伝えます。

そんな凜に対して冴は”だったら辞めろ、欠陥品が”と冷たい言葉を返されてしまった凜。

それ以降、凜がサッカーをする理由は冴への復讐となりました。

凛は冴に勝利しなければ意味がないと思う

凛は冴に勝利しなければ意味がないと思っています。

U-20日本代表の試合で冴からボールを奪えた事で、凜はこれで自分は兄に認めてもらえると喜んでいた凜。

試合終了後、冴に話しかけられたので認めてもらえると思ったのです。

ところが冴が認めたのは凜ではなく潔世一で、それを知った凜のショックは相当なものだったと思われます。

凜はそれ以降潔をライバルとして敵視するようになり”殺す”と宣言するほどでした。

凛は新しい自分になる決意

凛は新しい自分になる決意をします。

糸師兄弟はU-20代表決戦で激しいマッチアップをし、凜がボールを奪うという展開になります。

これがきっかけでブルーロックチームが優勢になり、凜が冴から奪ったボールは潔に渡りゴールを決めました。

しかしここまで成長したにも関わらず、冴は凜を認めませんでした。

そんな兄に自分を認めさせるには新しい自分になるしかないと考え決意します。

糸師兄弟は和解するのか?

凛は兄を超える事より兄の夢を潰す事まで考えていました。

一方でスペインに行った兄は世界の厳しさを目の当たりにして、いつまでも夢見がちな弟の目を覚まさせたかったのではないかと思われます。

そこで糸師兄弟は和解するのか?についても調べてみました。

冴は凛のエゴを押さえつけていたことに後悔していた?

冴は凛のエゴを押さえつけていたことに後悔していたと言われています。

冴は凜が世界一を目指すのであれば自分を追いかけているだけでは成長はできない、と考えていたように思えます。

だからこそ1on1をやったり厳しい言葉をかけたのではないでしょうか。

さらにブルーロックでいうエゴとは、チームワークよりも個々の強さや個性を指します。

しかし”俺の次に強くなれる”と言ってしまった事で、凜の強さや個性を押さえつけていた事に気付き後悔していたと考えられます。

冴が凛を突き放した理由は闘争心を駆り立てたかったと考察

冴が凛を突き放した理由は闘争心を駆り立てたかったと考察されています。

スペインに行った凜は世界のストライカーを知って”もっとエゴが強くないとストライカーにはなれない”と感じたと考えられます。

そこで凜のエゴの強さなら世界に通用するストライカーになれると考えて、凜をサポートするMFになると決めたようにも見えました。

しかし潔のプレイを見て、自分よりも潔の方がストライカーとしての凜を支えられると思ったのではないでしょうか。

そこで凜の闘争心を煽り立てる為に敢えて凜を突き放した、という見方が出てきたのだと思われます。

糸師兄弟は仲直り・和解すると考察

糸師兄弟は仲直り・和解すると考察されています。

ブルーロックvsU-20日本代表との試合で糸師兄弟の関係が注目され、和解するかと思われましたが試合後も険悪なままでした。

凜は冴が自分を認めなかった事で復讐心を抱いてしまいましたが、冴はそれでいいと考えている可能性があります。

一方の凛は潔に兄弟の関係を聞かれた時に!俺が勝てば解決するだけの不自由だけど良好な関係”と答えています。

この事から実際凜が冴を超えたら冴が凜を認めて、凜がストライカーで冴がMFでサポートで試合をする姿も見られるかもしれません。

鰐間兄弟は仲は良いものの兄しか生き残れなかったので、糸師兄弟は揃ってサッカーを続けて活躍して欲しいと思うファンの期待に応えてほしいところです。

ebookjapanならブルーロックの原作マンガが70%オフ!

ブルーロックの漫画を70%オフで読む方法があります。

ebookjapanの「6回使える70%OFFクーポン」なら、1回の購入につき500円×6回で最大3,000円割引で読むことができます。

ebookjapanを利用すると『ブルーロック』の漫画全巻をどれだけお得に読めるのかまとめました。

通常価格の合計金額:15,400円

ebookjapanの合計金額:13,090円

差額:2,310円

※28巻までの金額

電子書籍サービスで漫画を買うほうが安くてお得であることがひと目でわかりますね!

『クーポンを利用して安く買える!』ということを知らない人は定価で漫画を購入することになります。

その為、とても損をしてしまうことになるのでもったいないですよね。

無料登録するだけでもらえる「70%OFFクーポン」を使えば、『ブルーロック』をどこよりも安く読むことができますよ!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

「6回使える70%OFFクーポン」をチェックする

『詳細情報を更にチェックしてから』という方はこちらの記事をどうぞ↓

登録は最短30秒で
▼サクッと終わります▼

ebookjapanで
6冊70%OFFのクーポンをもらう

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

まとめ

・U-20日本代表との試合後も険悪な関係。

・冴に認められなかった凛は更に憎悪を募らせる。

・凛は冴に勝利しなければ意味がないと思う。

・凛は新しい自分になる決意。

・冴は凛のエゴを押さえつけていたことに後悔していた?

・冴が凛を突き放した理由は闘争心を駆り立てたかったと考察。

・糸師兄弟は仲直り・和解すると考察。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

☆この記事を読んだ人におすすめの記事
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする