<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

ブルーロック/御影玲王は金持ちで総資産は?実家の御影コーポレーションは何の会社?

『ブルーロック』に登場する御影玲王は御影コーポレーションの御曹司で、言動からもボンボンぶりが伺えます。

しかし作中で露骨な実家自慢をした事はないものの、登下校はリムジンというセレブな一面もあるほどです。

そこで今回は「ブルーロック/御影玲王は金持ちで総資産は?実家の御影コーポレーションは何の会社?」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人におすすめの記事

ブルーロック/御影玲王は金持ちで総資産は?

御影玲王は幼少期から頭脳明晰・頭脳明晰・スポーツ万能で、両親からは多大な信頼と期待を持たれています。

経済的に恵まれた環境で育ち、欲しいと思うモノは簡単に手に入れてきたせいで退屈した人生を送ってきた玲王。

そんな御影玲王は金持ちで総資産は?について調べてみました。

玲王は総資産7058億円の御影コーポレーションの御曹司

玲王は総資産7058億円の御影コーポレーションの御曹司です。

途方もない数字ですが、現実世界で例えると”ニトリの似鳥昭雄氏 / 6762億円”が一番近いと思われます。

この事から玲王の父親が相当なやり手だという事が分かるのではないでしょうか。

玲王はオフの日は株式投資の勉強会やビジネスセミナーに参加

玲王はオフの日は株式投資の勉強会やビジネスセミナーに参加しています。

試合や練習がない時は株式投資の勉強会やビジネスセミナーに参加するなど、高校生とは思えないような意識の高さを感じさせるほどです。

普段からビジネス書を読む、株アプリを利用するなどビジネスに関する知識を学んでいる事から将来をきちんと見据えていると考えられます。

サッカーを始める際に約1億円の費用をかけた

玲王はサッカーを始める際に約1億円の費用をかけています。

両親からサッカーは反対されたもののそう簡単には諦められなかった玲王は、実力を高める手段として1億円という莫大な費用をかける事に。

一流のプロサッカー選手がやっている事をそのまま取り込む事を考えて、健康管理やフィジカル、メンタルやサッカー技術、サッカー戦術の専門家を招集しています。

会社内の最新鋭VR技術の開発チームにも協力を依頼

玲王の会社内の最新鋭VR技術の開発チームにも協力を依頼しています。

VR技術を使いプレイをする事でサッカー場にいなくてもリアルな状況で練習ができる、攻撃的な選択ができるようになるなどの利点があります。

しかも最新鋭VR技術となると、レベルの上がり方は格段に違うかもしれません。

自身の専用サッカー練習場を整備

玲王は自身の専用サッカー練習場を整備しています。

サッカーの為にここまでするかと思うほどの徹底ぶりで、玲王がサッカーに本気で向き合っているのか分かります。

招集した専門家も驚くほどの成果を上げて、高2の春にはユースの平均を余裕で上回るレベルの実力を身に着ける事に成功しました。

元々運動神経が良く身体能力も高い玲王だからこそ出せた結果だと思われます。

3億円以上の費用がかかり過ぎたことで両親に計画がバレた

玲王は3億円以上の費用がかかり過ぎたことで両親に計画がバレています。

計画を知った両親から夢を諦めるよう一方的に諭されるシーンがあるものの、3億以上使った事については何も言われませんでした。

しかし父の圧に負けて何も言い返すことが出来なかった為、悔しさを堪えつつ頷いています。

息子が3億以上使っても怒らないというのは、さすが御影コーポレーションだと思われます。

個人で運用している資産の一部を切り崩して自身の高校のサッカー部を買収

玲王は個人で運用している資産の一部を切り崩して自身の高校のサッカー部を買収しています。

それでも夢を諦めたくない玲王は今まで運用できた資産を止めらてしまいますが、個人で運用している資産の一部を使い白宝高校のサッカー部を買収。

しかし超進学校のサッカー部はせいぜい地区予選ベスト8がいいところで、玲王1人がどう頑張っても全国制覇が見込めないと諦めます。

しかし皮肉な事に諦めかけた時に凪誠士郎と出会い、玲王のサッカー熱が再燃する事になりました。

1億円もらったら資産運用をする

玲王は1億円もらったら資産運用をすると答えています。

1億円もらったら何をするかという質問に”資産運用”と答えていて、いかにも玲王らしいと感じさせます

ちなみに凪は”生活費に回して働かなくていい生活を考えたい”で、潔は”親にあげる”と答えている点からも玲王の意識の違いが分かるのではないでしょうか。

玲王の実家の御影コーポレーションは何の会社?

御影玲王は両親にサッカーをやる事を反対されつつもブルーロック入りを果たしました。

両親から父親の経営する会社を継ぐ事を前提に”一流のビジネスマンになりなさい”と強く反対されるシーンが描かれています。

玲王の実家の御影コーポレーションは何の会社なのか調べて紹介します。

最終選考新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)で超高性能な翻訳機を開発

玲王は最終選考新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)で超高性能な翻訳機を開発しています。

海外の選手が登場する新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)で、英語がまともに話せるのが糸師凜だけという状況に。

世界で戦う為にはコミュニケーションがかなり重要ではあるものの簡単に身に付けられるはずがなく、玲王が超高性能な翻訳機を開発したという流れのようです。

宇宙事業にも出資やビジネスとして関わる

御影コーポレーションは宇宙事業にも出資やビジネスとして関わっています。

御影玲王の父親の元ネタが前澤友作氏と言われていて、宇宙事業もそこから来ていると考えられます。

玲王が好きなブランドにZOZOを挙げている事も理由の1つです。

父親が手広く事業展開をしているので、玲王のやる事のスケールの大きさも納得ではないでしょうか。

その活動範囲は世界的

御影コーポレーションのその活動範囲は世界的です。

会社内に最新鋭VR技術の開発チームがある事や、先述した宇宙事業にも出資するなど活動範囲の広さが伺えます。

高校生の玲王がタワマンのワンフロアを”この階は全部自分のだけど”と言ってしまう事からも、世界的に活動して利益を得ていると考えられます。

御影コーポレーションの息子に生まれたという事も、玲王の運の良さの1つではないでしょうか。

ebookjapanならブルーロックの原作マンガが70%オフ!

ブルーロックの漫画を70%オフで読む方法があります。

ebookjapanの「6回使える70%OFFクーポン」なら、1回の購入につき500円×6回で最大3,000円割引で読むことができます。

ebookjapanを利用すると『ブルーロック』の漫画全巻をどれだけお得に読めるのかまとめました。

通常価格の合計金額:15,400円

ebookjapanの合計金額:13,090円

差額:2,310円

※28巻までの金額

電子書籍サービスで漫画を買うほうが安くてお得であることがひと目でわかりますね!

『クーポンを利用して安く買える!』ということを知らない人は定価で漫画を購入することになります。

その為、とても損をしてしまうことになるのでもったいないですよね。

無料登録するだけでもらえる「70%OFFクーポン」を使えば、『ブルーロック』をどこよりも安く読むことができますよ!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

「6回使える70%OFFクーポン」をチェックする

『詳細情報を更にチェックしてから』という方はこちらの記事をどうぞ↓

登録は最短30秒で
▼サクッと終わります▼

ebookjapanで
6冊70%OFFのクーポンをもらう

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

まとめ

・玲王は総資産7058億円の御影コーポレーションの御曹司。

・玲王はオフの日は株式投資の勉強会やビジネスセミナーに参加。

・サッカーを始める際に約1億円の費用をかけた。

・会社内の最新鋭VR技術の開発チームにも協力を依頼。

・自身の専用サッカー練習場を整備。

・3億円以上の費用がかかり過ぎたことで両親に計画がバレた。

・個人で運用している資産の一部を切り崩して自身の高校のサッカー部を買収。

・1億円もらったら資産運用をする。

・最終選考新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)で超高性能な翻訳機を開発。

・宇宙事業にも出資やビジネスとして関わる。

・その活動範囲は世界的。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

☆この記事を読んだ人におすすめの記事
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする