<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

ブルーロック/成早朝日はその後復活・再登場する?脱落についても

『ブルーロック』に登場する成早朝日(なるはやあさひ)は、ひょうきんでやんちゃな性格のキャラです。

両親がおらず日本代表になって大家族を助けるという目的でブルーロック入りしたという経緯があり、意外と苦労人でもあります。

そこで今回は「ブルーロック/成早朝日はその後復活・再登場する?脱落についても」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人におすすめの記事

ブルーロック/成早朝日はその後復活・再登場する?どうなるか解説

成早朝日は兄弟がそれぞれに応援の言葉を書いたキャラメルを、お守りとして肌身離さず持ちサッカーに励んでいます。

そういった事情があるだけに脱落はできない選手です。

成早朝日はその後復活・再登場する?どうなるか解説します。

敗者復活で登場したのは國神錬介のみ

敗者復活で登場したのは國神錬介のみです。

絵心が考えた敗者復活戦は、圀神の発言からとても厳しい地獄のようなものだったという事が分かっています。

敗者復活戦はノエル・ノアのコピーを作るという目的の為に行われたものです。

“人体実験”とすら言われたほどなので、耐えられる選手が何人いるのかも知りたかった可能性があります。

國神が自分1人だけ復活したという趣旨の発言

國神が自分1人だけ復活したという趣旨の発言をしています。

ノアと同じ身体を持つ選手を作るという、とんでもない目的を叶える為の練習に耐えられる選手が何人もいたとは思えません。

絵心の”異なる哲学を叩き込んだ”という言葉からもその厳しさが伺えます。

それは1人だけ復活した國神の変貌ぶりを見ても分かるのではないでしょうか。

自分でゴールを決められない成早が生き残るは低い

自分でゴールを決められない成早が生き残るは低いと考えられます。

成早の武器はスピードで他の選手と競り合っても速さを活かし、敵のパスをカットすしたりこぼれ球を拾ったりする事もできます。

裏へのとびだしの速さは周囲を驚かせたほどです。

しかし自分でゴールを決められないという弱点もあり、ブルーロックが求めるようなストライカーにはなれないと思われます。

成早朝日が再登場しても活躍は難しい

成早朝日が再登場しても活躍は難しいと言われています。

残念ながら成早が潔や千切のように覚醒する様子はなく、一次選考では目立った活躍もなかった成早。

もし覚醒していたらオフ・ザ・ボールに定評がある成早なので、活躍する場面があったかもしれません。

成早が復活する可能性は低いと考察

成早が復活する可能性は低いと考察されています。

敗者復活戦は1人のみと決まっていた可能性が高く、成早が國神ほどのポテンシャルや実力がなかったのではないかと思われます。

ブルーロックは厳しいので成早の家庭の事情が考慮されるとは思えません。

ブルーロックは脱落しましたが、家族の為にプロのサッカー選手になって家族に良い暮らしをさせたいという願いを叶えてほしいです。

なるはやが脱落したのは何巻何話?どうなったか解説

成早朝日の強みは”裏への飛び出し”です。

ブルーロック入りした時の成早は272位/300位で、一次予選では全く目立つところのない選手でした。

ここではなるはやが脱落したのは何巻何話?どうなったか解説していきます

二次選考では3rdステージで敗北し2ndステージに降格

成早朝日は二次選考では3rdステージで敗北し2ndステージに降格しています。

二次選考の2ndから5ndステージのルールは3人1組で、3rdステージからのスタートとなりました。

そして5点先取したチームの勝利となり、勝利チームが負けたチームのメンバーから1人引き抜きます。

成早は馬狼照英・西岡初とチームを組みますが、3rdステージで逆転負けして西岡を奪われ2ndステージに降格しました。

2ndステージで馬狼が引き抜かれ脱落が決定

成早朝日は2ndステージで馬狼が引き抜かれ脱落が決定します。

成早は馬狼と組み、潔世一・凪誠士郎と対戦し敗北、同じチームだった馬狼を引き抜かれた為脱落しました。

成早は潔が適応能力が覚醒した事で活躍する場面はありませんでした

しかし潔、凪、馬狼というすごいメンバーに混じったら、成早が霞んでしまうのも分かる気がします。

脱落したのは原作7巻55話

成早朝日が脱落したのは原作7巻55話です。

成早は自分が潔より先にシュートを撃ちますが決まらず、何故決まらなかったのか納得いきませんでした。

成早が撃とうとした潔の武器のダイレクトシュートは付け焼刃でしたが、潔は成早の武器を完全に自分の物にしていました。

この時点で少なくとも潔との実力差がついているのが分かります。

私情を挟まず自分を容赦なく落とした潔に感謝しながらも”死ぬまで勝負に勝利しろ”と告げて去っていきました。

その後姿を見せていないので脱落した成早の復活・再登場はないと考えられます。

ebookjapanならブルーロックの原作マンガが70%オフ!

ブルーロックの漫画を70%オフで読む方法があります。

ebookjapanの「6回使える70%OFFクーポン」なら、1回の購入につき500円×6回で最大3,000円割引で読むことができます。

ebookjapanを利用すると『ブルーロック』の漫画全巻をどれだけお得に読めるのかまとめました。

通常価格の合計金額:15,400円

ebookjapanの合計金額:13,090円

差額:2,310円

※28巻までの金額

電子書籍サービスで漫画を買うほうが安くてお得であることがひと目でわかりますね!

『クーポンを利用して安く買える!』ということを知らない人は定価で漫画を購入することになります。

その為、とても損をしてしまうことになるのでもったいないですよね。

無料登録するだけでもらえる「70%OFFクーポン」を使えば、『ブルーロック』をどこよりも安く読むことができますよ!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

「6回使える70%OFFクーポン」をチェックする

『詳細情報を更にチェックしてから』という方はこちらの記事をどうぞ↓

登録は最短30秒で
▼サクッと終わります▼

ebookjapanで
6冊70%OFFのクーポンをもらう

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

まとめ

・敗者復活で登場したのは國神錬介のみ。

・國神が自分1人だけ復活したという趣旨の発言。

・自分でゴールを決められない成早が生き残るは低い。

・成早朝日が再登場しても活躍は難しい。

・成早が復活する可能性は低いと考察。

・二次選考では3rdステージで敗北し2ndステージに降格。

・2ndステージで馬狼が引き抜かれ脱落が決定。

・脱落したのは原作7巻55話。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

☆この記事を読んだ人におすすめの記事
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする