<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

ブルーロック/時光青志は脱落する?現在やネオエゴイストリーグについても

『ブルーロック』には個性豊かなキャラが多数登場しますが、時光青志はネガティブ思考が強いキャラです。

また試合中に潔世一のように口が悪くなる選手もいる中で、時光は後ろ向きな事ばかり言って相手を困惑させます。

そこで今回は「ブルーロック/時光青志は脱落する?現在やネオエゴイストリーグについても」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人におすすめの記事

ブルーロック/時光青志は脱落する?

時光青志は黒髪短髪で真面目そうなスポーツ青年に見えます。

ネガティブなセリフを吐きながらも、とんでもない強さを見せる面白いキャラを立花慎之介さんが上手く演じ盛り上げています。

そんな時光青志は脱落するのか調べてみました。

選択したチームでの敗北はない

時光青志は選択したチームでの敗北はありません。

二次選考3rdステージはランキング1位の糸師凛とランキング2位の蟻生十兵衛と強引ではありますがチームを組んでいます。

時光が二次選考が始まった際、ランキング3位の実力を誇るストライカーだったからです。

時光が弱かったら凛が同じチームになるとは思えないので、凜が認めるレベルの実力はあるのだと思われます。

その後もその後、奪敵決戦(ライバルリー・バトル)で蜂楽を引き抜いて、4thステージで潔を引き抜き5人組のチームを作って二次選考をクリアしています。

やはり組んだ選手が強かった点も敗北がなかった理由だと考えても良さそうです。

4on4での大きな敗北はない

時光青志は4on4での大きな敗北はありません。

潔世一・凪誠士郎・千切豹馬・馬狼照英vs糸師凛・蟻生十兵衛・蜂楽廻・時光青志で行った4on4は名場面と言われています。

183cmで鍛え抜いた体を有効活用し、潔が”筋肉の弾丸”と表現したほどです。

馬狼にも食らいついてもバテないタフさなどもあるので、4on4での大きな敗北はないのだと思われます。

脱落していない(2024年7月現在)

時光青志は脱落していません(2024年7月現在)。

時光の強みは恐ろしいほどのフィジカルと無限かと思わせるレベルのスタミナです。

二次選考の3rdステージで潔たちのチームと対戦した際ドリブルが得意な蜂楽廻に2回トラップで抜かれましたが、素早い反応力で追いついて身体能力の高さを見せつけています。

この事から時光青志が脱落していないのも不思議ではないという事が分かります。

時光青志の現在は?ネオエゴイストリーグについても

時光青志は真っ先に脱落するかと予想されたキャラですが、脱落していません。

ドリブルする時光に対し潔がファウル覚悟で立ちふさがった時には、普通に吹っ飛ばしゴールを決めたほどです。

そこで時光青志の現在は?ネオエゴイストリーグについても調べてみました。

二次選考1stステージを3位で通過

時光青志は二次選考1stステージを3位で通過しています。

二次選考で時光は蜂楽のドリブルをカットし、読者を驚かせました。

ドリブルが得意なはずの蜂楽からボールを奪ったシーンは潔も”ありえない”と呟いたほどです。

鍛え抜いた体だからこそ反応できたのかもしれません。

二次選考でドライブシュートを決めた

時光青志は二次選考でドライブからシュートを決めています。

二次選考で対戦相手を待っていた時光たちのところにやってきた潔・凪・蜂楽のチームと対戦する事になりました。

蜂楽にドリブルで抜かされますが目を見張るほどのクイックネスで奪い返して、肩を掴んだ潔を完全に押し退けドライブからシュートを決めています。

ネガティブな発言と裏腹に高度なテクニックを見せるのが時光の面白いところです。

蟻生と時光が蜂楽を引き抜き4thステージ昇級

蟻生と時光が蜂楽を引き抜き4thステージ昇級しました。

2点返されてはいるものの、チームメイトと自身の実力を思う存分発揮して勝利に貢献しています。

試合終了後”誰でもいい”と凜が言った為、蟻生と相談して蜂楽を引き抜く事を決めて4thステージに昇級しました。

時光は蜂楽のパスの上手さを褒めてチームに誘っています。

潔・凪・千切・馬狼チームに勝利し二次選考突破

潔・凪・千切・馬狼チームに勝利し二次選考突破しています。

試合の序盤は先制点を取られるものの、馬狼との競り合いをするシーンでは互角の戦いを見せてポストプレーとしては文句なしの働きをしました。

しかし潔や凪・馬狼・千切も時光同様にレベルアップしていた為、初めて潔たちと試合した時よりも苦戦する事となったのでした。

三次選考でチームAを志願し第5試合に出場

時光青志は三次選考でチームAを志願し第5試合に出場しています。

時光はNo.1の凜とNo.2の士道龍聖がいるチームAを志願して、第5試合に出場する事となりました。

残念ながらプレイ中の描写はほとんど描かれなかった事から、直接の得点はできなかったと考えられます。

U-20日本代表戦でサブメンバーに選ばれた

時光青志はU-20日本代表戦でサブメンバーに選ばれました。

U-20日本代表との試合で時光はスタメンに選ばれませんでしたが、絵心甚八が選んだサブメンバーの1人に選ばれています。

残念ながらベンチ入りになった12人のメンバーの1人になっったものの、交代は3回あるので出場するチャンスはあります。

ただし絵心曰く”勝つために切り捨てられる才能もある”と語っているので安心はできません。

最終選考新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)でフランスを選ぶ

時光青志は最終選考新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)でフランスを選んでいます。

2週間の休暇が終わりブルーロックに戻った時光は、大富豪達の投資で一大市場となり勢いがあるとされるフランスを選びました。

他にも凛・士道・烏旅人・剣城斬鉄・七星虹郎・柚春彦・超健人・猿堂寺暁がフランスを選んでいます。

イングランド戦に出場し1000万の評価を得た

時光青志はイングランド戦に出場し1000万の評価を得ています。

イタリア戦では出場できなかったものの、イングランド戦に出場して1,000万の評価を得ました。

23位というギリギリのラインではありますが、最終選考新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)に出場するだけでも凄い事です。

時光は高いタックル技術と守備力で相手の攻撃を上手く防ぎます。

そして守備を安定させて、チーム全体の守備力が向上したという点が評価されたと考えられます。

スペイン戦での年俸は2800万

時光青志はスペイン戦での年俸は2800万です。

スペイン戦ではP·X·Gは凛と士道のダブルスタンダードになった為、時光は凛チームに入る事となりました。

士道が出場する際にはベンチに戻っていますが年棒はアップし、246話の時点では入札金額ランキング20位となりました。

作中では常に筋肉の塊と呼ばれる強いフィジカルとネガティブな発言が上手く重なり、馬狼をイラつかせるほどなので今後の活躍に期待が高まります。

ebookjapanならブルーロックの原作マンガが70%オフ!

ブルーロックの漫画を70%オフで読む方法があります。

ebookjapanの「6回使える70%OFFクーポン」なら、1回の購入につき500円×6回で最大3,000円割引で読むことができます。

ebookjapanを利用すると『ブルーロック』の漫画全巻をどれだけお得に読めるのかまとめました。

通常価格の合計金額:15,400円

ebookjapanの合計金額:13,090円

差額:2,310円

※28巻までの金額

電子書籍サービスで漫画を買うほうが安くてお得であることがひと目でわかりますね!

『クーポンを利用して安く買える!』ということを知らない人は定価で漫画を購入することになります。

その為、とても損をしてしまうことになるのでもったいないですよね。

無料登録するだけでもらえる「70%OFFクーポン」を使えば、『ブルーロック』をどこよりも安く読むことができますよ!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

「6回使える70%OFFクーポン」をチェックする

『詳細情報を更にチェックしてから』という方はこちらの記事をどうぞ↓

登録は最短30秒で
▼サクッと終わります▼

ebookjapanで
6冊70%OFFのクーポンをもらう

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

まとめ

・選択したチームでの敗北はない。

・4on4での大きな敗北はない。

・脱落していない(2024年7月現在)。

・二次選考1stステージを3位で通過。

・二次選考でドライブからシュートを決めた。

・蟻生と時光が蜂楽を引き抜き4thステージ昇級。

・潔・凪・千切・馬狼チームに勝利し二次選考突破。

・三次選考でチームAを志願し第5試合に出場。

・U-20日本代表戦でサブメンバーに選ばれた。

・最終選考新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)でフランスを選ぶ。

・イングランド戦に出場し1000万の評価を得た。

・スペイン戦での年俸は2800万。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

☆この記事を読んだ人におすすめの記事
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする