チェンソーマン/戦争の悪魔の強さや能力は?罪悪感についても




今や国民的漫画とも言える人気を見せる「チェンソーマン」。

第二部が始まり、より一層人気を博しています。

第二部から登場し、圧倒的な存在感を放つキャラクターがいます。

それが、戦争の悪魔。

まだまだ登場したばかりで、謎が多いキャラクターです。

そんな戦争の悪魔の強さや能力はどのようなものなのでしょうか。

戦争の悪魔が持つ罪悪感についても調べていきましょう。

それでは見ていきましょう。

★PICKUP

スポンサーリンク



チェンソーマン/戦争の悪魔の強さや能力


漫画「チェンソーマン」の核とも言える悪魔の存在。

その中でも一際存在感のある悪魔が戦争の悪魔です。

そんな戦争の悪魔の強さや能力はどのようなものなのでしょうか。

能力:自分のものだと認識した物体・生物を武器に変える

戦争の悪魔の能力は自分のものだと認識した物体・生物を武器に変えることです。

自分のものとは、物体だけでなく生物や人間も対象になります。

自らが支配しているものはもちろん、自分に好意を抱いている人物や自分で殺した死体でさえ自分の所有物になります。

つまり、自分に嫌悪感を抱いておらず自身が「所有している」と感じることができれば戦争の悪魔のものになります。

認識次第で強くも弱くもなる能力ですね。

戦争の悪魔は人間を武器庫にしている

戦争の悪魔は人間を武器庫にしています。

戦争の悪魔の能力は、自分のものだと認識した「もの」を武器に変えることです。

人間も武器に変えることができます。

そのため、理論上は自分の所有物と感じた人間の数だけ武器を作ることができます。

人間を武器庫にすることで戦争の悪魔は自らの敵と戦っているのです。

戦争の悪魔を含め名前が恐れられるほど強くなる

戦争の悪魔を含め悪魔は名前が恐れられるほど強くなります。

悪魔は、自身が冠す名を人々がどれだけ恐れているかでその強さが決まります。

人々がその「名」を恐れれば恐れるほど、悪魔の強さも増していくのです。

例えば、「銃の悪魔」であれば人々がどれだけ銃を恐れているかで強さが決まります。

人々が銃を恐れれば恐れるほど銃の悪魔は強くなり、人々が銃を恐れなければ銃の悪魔の強さも弱まっていくのです。

戦争の悪魔も同様です。

自身の名前が恐れられるほど戦争の悪魔も強くなります。

誰もが怖いと思う「戦争」は圧倒的な強さがあると言えますね。

全盛期の戦争の悪魔はチェンソーマンを何度も殺している

全盛期の戦争の悪魔はチェンソーマンを何度も殺しています。

「チェンソーマン」の世界では、久しく戦争が起こっていません。

悪魔が強くなるには、その名を人々が恐れる必要があります。

戦争が起こっていないということは、人々が「戦争離れ」を起こしているということです。

戦争を恐ろしいと思う人々が減っているのです。

そのため、戦争の悪魔は現在弱体化していると言えます。

戦争が頻繁に行われていた時期は、戦争の悪魔が一番力を持っていた時です。

いわゆる全盛期です。

この全盛期には、チェンソーマンを何度も殺すという圧倒的な強さを見せています。

戦争の悪魔と罪悪感の関係


スポンサーリンク



戦争の悪魔と罪悪感の関係について調べていきましょう。

武器の強さは戦争の悪魔やその契約者が対象に抱く罪悪感に比例

武器の強さは戦争の悪魔やその契約者が対象に抱く罪悪感に比例します。

戦争の悪魔は、自分のものだと認識した「もの」に触れて名前を呼ぶことで武器に変える能力を持ちます。

武器の強さは、戦争の悪魔やその契約者が武器とした「もの」に抱く罪悪感に比例するのです。

つまり、武器としたものに対する罪悪感が強いほどその武器は強くなります。

反対に、武器としたものに対する罪悪感が弱いほどその武器は弱くなってしまいます。

罪悪感が湧かなければ武器として使うことはできません。

戦争の悪魔は罪悪感を抱かない

戦争の悪魔は罪悪感を抱きません。

所有したものに対する罪悪感がなければ武器として使うことはできません。

戦争の悪魔は、罪悪感を抱きません。

物体や人間を武器とすることを全く悪いと思っていないからです。

何しろ「人間は武器庫である」と思っているぐらいですから。

「使えるものは使って何が悪いんだ」という考えなのでしょうか。

戦争の悪魔の能力は単体では、決して強いとは言えないですね。

実質的に契約者の精神次第で武士の強さが変わる

実質的に契約者の精神次第で武器の強さが変わります。

悪魔は、人間と契約することで自身の能力を使うことが出来ます。

それは、戦争の悪魔も例外ではありません。

戦争の悪魔は、三鷹アサという人物と契約を結んでいます。

三鷹アサは、正義の悪魔に殺されてしまいます。

これをチャンスと思った戦争の悪魔は、アサの身体を修復するという条件で強制的にアサと契約を結びます。

戦争の悪魔が能力を使うためには、所有したものに罪悪感が必要になります。

しかし、戦争の悪魔は罪悪感を抱きません。

そのため、契約している三鷹アサがどれだけ罪悪感を抱くかによって武器として使えるかどうかが決まってきます。

三鷹アサは人間なので、人間を使役することに罪悪感を抱くのは人として当然でしょう。

そのため、人を武器として使うときは武器が強くなります。

まとめ


ここまで、戦争の悪魔の能力や強さ、罪悪感との関係ついて調べてきました。

・能力は自身のものだと認識した物や人を武器に変えることができる

・武器の強さはその「もの」に抱く罪悪感に依る

・戦争の悪魔は罪悪感を抱かないので契約者・三鷹アサが抱く罪悪感で強さが決まる

・戦争の悪魔は人間を武器庫にしている

今はまだ弱体化している戦争の悪魔。

これから物語が進む中でどのような強さを見ることができるのか楽しみですね。

【超お得】チェンソーマンの原作マンガが全巻40%オフ!

実はチェンソーマンの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばチェンソーマンの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にチェンソーマンの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

★PICKUP