<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

ゴールデンカムイ/鶴見中尉の生存説や生きてたか解説!死んでないのか?

ゴールデンカムイは既に完結している作品ですが、アイヌ文化や内容の深さが人気で2023年4月にはアマプラの独占配信で第4期のアニメ放送が決まっています。

個性的なキャラクターとハラハラさせる展開に引き込まれるという声が多く、特に鶴見中尉は見た目からも異色な存在として登場するキャラです。

そこで今回は「ゴールデンカムイ/鶴見中尉の生存説や生きてたか解説!死んでないのか?」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人におすすめの記事

ゴールデンカムイ/鶴見中尉の生存説や生きてたか解説

鶴見中尉は鶴見篤四郎(つるみとくしろう)というのが本名です。

元々は実直な軍人だったのですが脳を負傷してから情緒不安定になり、平然と狂気じみた行いをするようになってしまいました。

そんな鶴見中尉の生存説や生きてたか解説していきます。

列車と共に海に落ちた

鶴見中尉は列車と共に海に落ちています。

金塊争奪戦の最終局面で鶴見中尉は杉元やアシリパたちと戦う事になり、その戦場となったのは動く列車の上でした。

鶴見は足場が悪い状況下で杉元と戦い始め、次第に追い詰められてしまった鶴見中尉は杉元達に「金塊を全部やる」と言います。

鶴見中尉は金塊をエサに隠していた銃で始末しようと画策したのですが、逆に杉元はポケットの中に隠していた砂金を投げつけ鶴見中尉の目を封じました。

その隙を突いて杉元が斬りつけた瞬間、鶴見の懐から”権利書が入った筒”と”妻子の遺骨”が同時に落ちてしまったのです。

どちらも大事な物でしたが両方拾っている余裕はなく、鶴見中尉が拾ったのは”権利書が入った筒”でした。

そこまでして守った権利書もアシリパに奪還され、アシリパは杉元の機転で白石たちに託されます。

鶴見中尉は杉元に銃で撃ち抜かれてしまい、列車とともに海に落ちていったのでした。

額当てや骨が見つかっていない

鶴見中尉は額当てや骨が見つかっていません。

鶴見中尉の死亡が確定できない理由の1つに、ホーロー製の額当てや遺体そのものが見つかっていない点があります。

鶴見中尉が海に落ちてから6ヶ月が経っても手掛かりがなく、月島が何度探しても見つからず鯉登少尉との会話でも死亡が言及されていない為、どうなったのか分からないままです。

死亡キャラには必ず死ぬシーンが描かれる

ゴールデンカムイは死亡キャラには必ず死ぬシーンが描かれるという設定があります。

実際に牛山辰馬や土方歳三などは死亡シーンが描かれているので死んでしまった事が分かります。

ですが鶴見中尉は海に落ちた描写が最後で、その後は何の情報もないので生死が分からないままとなっているのでした。

鶴見中尉の明確な死亡シーンがない

鶴見中尉の明確な死亡シーンがないので生きている可能性があると考えられます。

海に落ちた鶴見中尉には死亡した描写がなく、一緒に落ちた杉元が生きている事もあり”鶴見中尉の生存説”が生まれたようです。

狂気すら感じさせる不気味な鶴見中尉の事なので、どこかでひっそり生きていても不思議はない気がします。

金カム/鶴見篤四郎は死んでない?

鶴見篤四郎は死んでないのでしょうか。

鶴見篤四郎は銃で撃たれて海に落ちた為、死んでいる可能性が高いものの生死不明となっています。

ゴールデンカムイ最終回でも全く触れられていないので、ネットでは様々な考察が飛び交ったほどです。

鶴見の遺体は回収されていない

鶴見の遺体は回収されていません。

海に落ちた後で月島が函館湾を訪れて何度も捜索をしましたが見つからず、遺体がどこかに流されている可能性も出ていました。

それでも月島が鶴見中尉が生きていると信じて諦めずに探しているシーンは切ないくらいでした。

額当てをした老人がマッカーサーと一緒に写っていた

ゴールデンカムイで額当てをした老人がマッカーサーと一緒に写っていた描写がありました。

連載はそのまま終了しましたが、単行本の最終巻(31巻)ではその後が加筆されており、最終話で書ききれなかった部分と、気になる読者の為に加筆したのだと考えられます。

それは本編から40年の月日が経過した後の世界で、そこにはGHQの指導者となったマッカーサーと多くの人々が描かれていました。

マッカーサーの周りの群衆が描かれたシーンである老人が映り込んでおり、その老人の頭には見覚えのある額当てがあったのです。

このシーンは「鶴見が生きてた!」と読者を喜ばせました。

鶴見中尉は行方不明で死んでない可能性がある

鶴見中尉は行方不明で死んでない可能性があります。

鶴見中尉は杉元と一緒に海に落ちましたが、生きていたとすれば月島がどれだけ探しても遺体が見つからないはずです。

この老人が鶴見中尉という確信はないのですが、死亡していればこのような事を書く必要はないと思われます。

列車から落ちてその後はどういう生き方をしてきたのかは不明ですが、日本にはいられないと分かっていたのかもしれません。

日本にいても間違いなく日本軍に追われる可能性があり、北海道で暮らす事が難しいのも一目瞭然です。

明治という新政府が樹立されてしまい、負けた鶴見中尉に居場所があるはずもなく海外で過ごすのが最善だったのでしょう。

鶴見中尉はそこでマッカーサーと出会って上手く親交を深め、生き延びたのだと思われます。

まとめ

・列車と共に海に落ちた。

・額当てや骨が見つかっていない。

・死亡キャラには必ず死ぬシーンが描かれる。

・鶴見中尉の明確な死亡シーンがない。

・鶴見の遺体は回収されていない。

・額当てをした老人がマッカーサーと一緒に写っていた。

・鶴見中尉は行方不明で死んでない可能性がある。

★この記事を読んだ人におすすめ

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得!】ゴールデンカムイの原作マンガが全巻40%オフ!

実はゴールデンカムイの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばゴールデンカムイの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にゴールデンカムイの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

☆この記事を読んだ人におすすめの記事
✔︎Check
 
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする