蜘蛛ですがなにかは転スラのパクリ?転生したらスライムだった件と似ている点を考察!




Pocket
LINEで送る

小説家になろうに連載されたweb小説の蜘蛛ですがなにか。

転生系の小説で同じジャンルの転スラに似ている点がありますよね。

こちらはパクリになるのでしょうか?

こちらの記事では蜘蛛ですがなにかは転スラのパクリなのか、更に転生したらスライムだった件と似ている点についても深掘り&考察をしていきます!

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク



蜘蛛ですがなにかは転スラのパクリ?

〝蜘蛛ですが、なにか?〟と〝転生したらスライムだった件〟はどちらも小説かになろうから始まった作品になります。

ジャンルはどちらも異世界ファンタジー。

小説や漫画を読んでいたり、アニメを見てると似たような感じがありますよね。

ネット上では一部パクリなのではないかという声がありました。

蜘蛛ですがなにかの作者である馬場翁さんは執筆開始の1年前から『小説家になろう』の作品を読みはじめました。

馬場翁さんは特に『転生したらスライムだった件』の影響を強く受け、異世界転生の中でも「魔物転生」と呼ばれるジャンルに該当する〝蜘蛛ですが、なにか?〟の連載を開始。

なのでパクリというよりも、蜘蛛ですがなにかは転スラの影響を色濃く受けているという感じがしますね!

【蜘蛛ですが、なにか?】転生したらスライムだった件と似ている点を考察!

スポンサーリンク



〝蜘蛛ですが、なにか?〟と〝転生したらスライムだった件〟ではどういう所が似ているのでしょうか?

どちらの作品も読んだ事がある僕の独断と偏見で考察をしてみました!

同じ弱小の魔物転生

蜘蛛ですがなにかと転スラはどちらも弱小の魔物へと転生します。

蜘蛛ですがなにかは蜘蛛種族の1番弱いスモールレッサータラテクト。

転スラはスライム。

RPGゲームをやっていたら両方の魔物は序盤で登場するキャラクターですよね。

どちらも魔物全体で見ると弱小の分類に入ります。

ストーリーを重ねる毎に強くなるのは魔物に人間の知能がある事が大きな要因の一つなのではないかと思いました。

主人公に鑑定解析のスキルがある

転スラのリムル・テンペストには大賢者や智慧之王の能力に鑑定解析のスキルがあります。

蜘蛛ですがなにかの主人公は〝鑑定〟のスキルを獲得しました。

この鑑定解析の能力は対象の解析及び鑑定を行う事が可能。

物などの物質、更に敵の能力やスキルも鑑定解析する事が出来ます。

この能力によって分からないスキルや事象についても解説をしてくれますね。

なので漫画やアニメ、小説を読んでいても疑問に思うことが減るのではないかと思います。

敵の能力について簡単に攻略を出来るのでなかなかチートな並なスキルなのではないでしょうか。

魔王が登場する

どちらのストーリーも魔王が登場します。

転スラは十大魔王や八星魔王。

蜘蛛ですがなにかは魔王軍といった感じになります。

どちらも魔王は魔物よりも上の存在。

なので強さも別格!

魔物転生に魔王はセットなのかもしれませんね。

蜘蛛ですがなにかと転スラはコラボしている

調査したところ、蜘蛛ですがなにかと転スラはコラボしているという事が分かりました。

2016年にはモンスター転生フェア。

2019年には〝スライムと蜘蛛〟という馬場翁さん書下ろしのショートストーリーになります。

似ている作品だからこそ、こういうコラボは嬉しいですね^^

スキルの部分は似ているという声がネット上でも上がっています。

そう考えると今後、蜘蛛ですがなにかと転スラはアニメでもコラボする可能性がありそうですね!

まとめ

・蜘蛛ですがなにかは転スラの影響を色濃く受けている

・どちらも弱小の魔物に転生する

・主人公に鑑定解析のスキルがあり、魔王が登場する

関連記事:【蜘蛛ですがなにか】最強・強さランキング!モンスターの能力やスキルについても

関連記事:【蜘蛛ですがなにか】管理者Dの正体は?名前は若葉姫色?

関連記事:【蜘蛛ですがなにか】主人公がアラクネの人型になったのはいつ?人化したのか解説!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!