<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

マッシュル/セル・ウォーの兄弟や父は?探し物や死亡・正体や強さを解説

マッシュルは2023年4月にアニメの第1期が放送され、セル・ウォーも登場しマッシュと戦っています。

淡々と話すタイプで自分に実力がある事も分かっており、マッシュに対しても勝つ気でいましたが決着はつきませんでした。

そこで今回は「マッシュル/セル・ウォーの兄弟や父は?探し物や死亡・正体や強さを解説」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人におすすめ

目次

マッシュル/セル・ウォーの兄弟や父は?

セル・ウォーはまず特徴的な見た目が印象深い人物です。

茨のような形の冠にマッシュと似た髪型、目の下のクマは濃く2本線のあざを持つ魔法使いでもあります。

そんなセル・ウォーの兄弟や父は誰なのでしょうか。

イノセント・ゼロをお父様と呼んでいる

セル・ウォーはイノセント・ゼロをお父様と呼んでいます。

セルにとってお父様と呼ぶイノセントゼロは神に等しい存在であり、お父様の為に自身の命を使うという事は至上の喜び以外の何物でもありません。

イノセント・ゼロを誰よりも崇拝者するセル・ウォーは、自身の全てをお父様の為に捧げる覚悟を持っています。

イノセント・ゼロが死体に自分の血を入れて造ったクローン体

セル・ウォーはイノセント・ゼロが死体に自分の血を入れて造ったクローン体です。

イノセント・ゼロの為だけに動く人造人間ではありますが、それを知ってもセル・ウォーは狂信的にイノセント・ゼロの役に立とうとします。

ただクローン体である事からイノセント・ゼロに何かあった際のスペアという可能性も十分あります。

イノセント・ゼロはセル・ウォーの本当の父親ではない

イノセント・ゼロはセル・ウォーの本当の父親ではない事が分かっています。

セル・ウォーがイノセント・ゼロと会話をするシーンがあるのですが、息子というよりは配下のようなやりとりでした。

イノセント・ゼロがセル・ウォーをただの道具としか見ていないのは、セル・ウォーがクローン体だからだと考えられます。

デビルクンタブレット(悪魔の5つ子)とは兄弟ではない

セル・ウォーはデビルクンタブレット(悪魔の5つ子)とは兄弟ではない事も判明しています。

デビルクンタブレット(悪魔の5つ子)は長男・ドゥウム / 次男・ファーミン / 三男・エピデム / 四男・デリザスタ / 五男・ドミナ・ブローライブの5人です。

自身を息子だと思って尽くしているセル・ウォーが少し切ないという声も上がっていました。

クローン体なので父親や兄弟はいない

セル・ウォーはクローン体なので父親や兄弟はいません。

イノセント・ゼロが造り出しているとは言っても他者の体を使ったクローン体なので、当然ですが父親や兄弟はいないという事になります。

それでもイノセント・ゼロに命を捧げる事を”歴史的な栄誉”と考えています。

セル・ウォーの探し物は?目的や狙いについて

セル・ウォーはランスに成りすまし、魔法学校に潜入して何かを探しているシーンがあります。

その探し物はイノセント・ゼロにとってかなり重要な物だったようです。

そこでセル・ウォーの探し物は?目的や狙いについて調べてみました。

アベルは神覚者になる為に力を欲していた

アベルは神覚者になる為に力を欲していました。

善良過ぎた母親の死から考え方が変わってしまったアベルは”優れた者が支配する世界”を作るべく行動する人物です。

傲慢な性格で劣等遺伝子は全て切り捨てるという考え方から”七魔牙”を結成し、他の生徒の級硬貨を奪わせています。

セル・ウォーがアベルに協力関係を持ちかけた

セル・ウォーがアベルに協力関係を持ちかけました。

神覚者になりたいというアベルに近づきイノセント・ゼロ(無邪気な深淵)と手を組ませて利用する為です。

アベルは神覚者になれるならどんな手段も厭わない状態だったので、セル・ウォーにしてみれば操りやすかったのではないでしょうか。

魔力濃縮液の作成法と3本目の人工のアザの技術を教えていた

セル・ウォーは魔力濃縮液の作成法と3本目の人工のアザの技術を教えています。

アベルが学生の域を越えるほどの人形魔法の使い手であり、今年の神覚者候補の1人という事などから技術を使いこなせると考えたようです。

さらにこういった技術を教える事でアベルからの信頼を得ようとしたのかもしれません。

マッシュとアベルの対決によって計画が崩れる

マッシュとアベルの対決によって計画が崩れています。

レモンを探しに来たマッシュから”あなたとは仲良くできない”と言われ”それなら処分だ”と言い2人の戦いが始まります。

しかしマッシュはアベルに人形化されても操られず、最終的に物理的な攻撃でアベルに勝ちました。

アベルは素直に負けを認め人形化していた生徒を元に戻しますが、そこにセル・ウォーが現れます。

マッシュとの対決でお父様の探し物に気づいた

セル・ウォーはマッシュとの対決でお父様の探し物に気づきました。

アベルに探させていたのですがなかなか見つからない事に業を煮やし、用済みと判断して魔法学校に潜入します。

セル・ウォーは傷だらけのアベルを殺そうとしますが、そこにシュークリームを持って現れたマッシュを見て共鳴を感じ動揺していました。

マッシュはアベルだけではなくアビスにも攻撃した事でセル・ウォーと戦う事にします。

セル・ウォーは共鳴と魔法が使えない人間が自分の顔を殴り飛ばす事ができる理由とそれが1人しかいない事を知り、マッシュがお父様の探し物だと気づいたのでした。

お父様にマッシュの情報を伝えるために撤退

セル・ウォーはお父様にマッシュの情報を伝えるために撤退します。

マッシュと戦うもののアベルたちを傷つけられ怒っているマッシュに攻撃が通用せず、セル・ウォーは苦戦しています。

挙句に”魔返しの鏡”まで壊されますが”マッシュに出会えた事が収穫だった”と言って撤退しました。

マッシュの事を一刻も早くお父様に伝える為にアベルを見逃し、マッシュとの戦いを切り上げたようです。

セル・ウォーは死亡する?

アベルを殺そうとするなど残虐な一面を持つセル・ウォーは、魔法のレベルの高さも見せつけていました。

その実力の高さからそんな簡単に死ぬ事はないように思えます。

そこでセル・ウォーは死亡するのか調べてみました。

マッシュに首を絞められ落とされた

セル・ウォーはマッシュに首を絞められ落とされました。

マッシュにダイヤモンドカッターで攻撃しますが、マッシュが逆方向に走り出しセル・ウォーは困惑します。

逃げたのかと思っていたセル・ウォーは背後からマッシュに首を絞められ落とされています。

最後までマッシュに名前も覚えてもらえず、最後は絞め技で終わったセル・ウォーがちょっと可哀そうな気もするシーンです。

ドミナに痛めつけられファーミンに偽物の剣で体を貫かれた

セル・ウォーはドミナに痛めつけられファーミンに偽物の剣で体を貫かれています。

神覚者選抜試験でマッシュがマーガレット・マカロンに勝利したタイミングで、イノセント・ゼロたちと一緒に会場に現れました。

そしてセル・ウォーはマッシュと戦ったのですが先述の通り敗北しています。

マッシュに敗北した事で、ドミナに痛めつけられファーミンに偽物の剣で体を貫かれるという事態になりました。

魔法局のライオ・グランツとオーター・マドルに尋問を受けた

セル・ウォーは魔法局のライオ・グランツとオーター・マドルに尋問を受けています。

ライオ・グランツは瓦礫に埋もれていたセル・ウォーを見つけ、そのまま魔法局に連行する事にしました。

イノセント・ゼロ対策本部が設けられライオ・グランツを中心に様々な話し合いがされた結果、セル・ウォーの尋問が決まります。

蜂蜜をかけた刺身を提供される

セル・ウォーは蜂蜜をかけた刺身を提供されます。

魔法局に連行されたセル・ウォーは蜂蜜をトッピングされた刺身を出され、情報を自白するまで食べるという拷問をされてしまいます。

これはカルド・ゲヘナが刺身に蜂蜜をかけて食べている事から、ライオ・グランツが拷問用にと考えた結果です(カルド・ゲヘナ的には好物)。

さらにセル・ウォーの反応を見て、蜂蜜をかけた刺身が正式に拷問方法として取り入れられる事が決定しています。

想像以上の拷問を受ける事を予想して情報を話した

セル・ウォーは想像以上の拷問を受ける事を予想して情報を話しています。

オーターマドルが”蜂蜜をかけた刺身なんてまだ甘い”と言ったところ、セル・ウォーは”どんな拷問をされても屈する事はない”と答えました。

セル・ウォーはつい強がったばっかりに、お尻の穴から砂を流し込むなど目を背けたくなるような拷問を提案されます。

拷問されたくない一心であっさり自白するなど、登場した頃の強そうな姿はすっかり消えてギャグ要因になってしまったようです。

魔法局に囚われている

セル・ウォーは魔法局に囚われています。

悪事を働いたため当然ながら拘束されているものの、その後どうなるのか分かっていません。

もしかしたらイノセント・ゼロがマッシュに負けた時に再登場するのではないか、などの予想がされています。

セル・ウォーの正体は誰で何者?強さや能力について

セル・ウォーの主に魔法はカーボン(炭素)を自由自在に操る魔法です。

無限の長さに伸びる槍となって攻撃する、強固な盾で身を守るなど攻防に優れている魔法だと言えます。

そんなセル・ウォーの正体は誰で何者?強さや能力についても調べてみました。

神覚者と同等の実力者

セル・ウォーは神覚者と同等の実力者です。

神覚者並の魔法を使う事ができる上に、敵を倒す事に何の躊躇いも見せないという点や徹底的に倒すという点からも実力の高さと強さが伺えます。

アベルも相当な実力を見せていましたがそのアベルよりも強い事からも、神覚者と同等というのは納得できます。

対魔法使い用の魔道具である魔返しの鏡を所持

セル・ウォーは対魔法使い用の魔道具である魔返しの鏡を所持していました。

マッシュと戦った際におもむろに取り出したのが”魔返しの鏡”で、フィンいわく本来なら魔法局に保管されているはずなんだそうです。

ドットも”魔法使いには太刀打ちできない”とマッシュに警告するほど危険なアイテムでしたが、当然のようにマッシュに割られてしまいました。

イノセント・ゼロの為に命を使うべく生まれてきた人造人間

セル・ウォーはイノセント・ゼロの為に命を使うべく生まれてきた人造人間です。

先述していますがセル・ウォーはイノセント・ゼロに絶対の信頼と敬服を寄せていて、お父様の為なら何でもするほどでした。

しかしセル・ウォーに関してイノセント・ゼロは、ただの道具程度の認識しかない自覚もあります

それでもセル・ウォーはイノセント・ゼロの為に命を使う事を惜しみません。

本物の息子のマッシュ・バーンデッドに激しい嫉妬と敵愾心を向けている

セル・ウォーは本物の息子のマッシュ・バーンデッドに激しい嫉妬と敵愾心を向けています。

イノセント・ゼロの目的は6人の息子の心臓を使って不老不死になる事です。

イノセント・ゼロのクローン体であるセル・ウォーは自分がその中に含まれていないだけではなく、マッシュがその中に含まれている事を知っています。

神である父の一部になれるマッシュを激しく妬んで敵愾心を向けているのは、神である父を受け入れない事への愚かさに対する憤りだと思われます。

三本線の魔術師で実力者

セル・ウォーは三本線の魔術師で実力者です。

マッシュルの世界で三本線を持つ魔法使いは”神に選ばれた才能とも呼ばれている希少な存在”と言われています。

魔法の威力も二本線の魔法使いより上回り杖本来の力を呼び覚ます事が可能で普段は隠れており、戦闘の時に傷跡のように浮かび上がるという特徴があります。

使用魔法

セル・ウォーの使用魔法は以下の通りです。

カーボレイン

戦う相手に棘のついた大量の炭素の塊をぶつけるという物理魔法で、硬い炭素の塊を相手にぶつけるだけの攻撃ですが破壊力は相当なものがあります。

見ていたドットが”硬い上に量が多すぎる”と焦ったほどで防御魔法でも防ぐ事は不可能で、上手く避けるしかありません。

作中ではアベルのセコンズである巨大な人形を簡単に破壊しました。

カーボヘビィレイン

カーボレインのワンランク上の魔法で、ドットが”さらに上の魔法かよ!”と驚愕しています。

炭素の塊をマシンガンのように連射し、当たった相手を完全に細切りできるほどの量で雨のように降り注ぎます。

物理的な攻撃力を持つ魔法の中でも恐るべき破壊力で、頑丈な壁も一瞬で破壊できるほどの威力があります。

鉄の塔

作中では名称がなく、炭素で巨大な塔を作った事から鉄の塔と呼ばれています。

使用目的は不明で、防御や移動手段として使用している可能性が高いようです。

マッシュとの対決で攻撃から逃れるために使っていますが、マッシュは簡単に蹴り倒してしまいました。

表皮

見た目は微妙ですが、これは防御魔法として使っていると思われます。

全身を硬い表皮で鎧のように覆う事で防御を行っており、サモンズを使った場合はダイヤモンド並みの硬度になるとセル・ウォーは語っています。

セル・ウォーは事や傷を付ける事や壊す事は出来ないほど硬いと言っていましたが、マッシュは難なく壊してみせました。

サモンズテヘパイトス(鉄の神)

セル・ウォーのサモンズで三本線になる事で使う事が可能になり、杖に宿っている神の力を呼び覚ます魔法です。

発揮できる魔法の威力を桁違いに増幅させるだけではなく、杖の能力も拡張されるというパワーアップする為に使います。

杖が変化し4枚の巨大な刃の円盤が現れ、通常では使えない魔法を使う事が出来るなどセル・ウォーがリミッター解除をした状態になります。

ダイヤモンドカッター

サモンズを使った時に現れる4枚の円盤で相手を切り裂く恐ろしい魔法です。

4枚のうち2枚がどこまでも相手を追いかけて、もう2枚を自身のそばに置く事で相手が近づけないようにしています。

攻撃と防御が同時に行える上に相手を鋭く硬い刃で切断するという、非道なセル・ウォーらしい魔法です。

ブラックダイヤモンド

破壊できないダイヤモンドを相手に向かって放つ魔法です。

一見単純そうな攻撃に見えますが、解き放たれるダイヤモンドが無数のため避ける事は不可能とされています。

防御をしようにもダイヤモンドの銃弾と化しているので、相手を一瞬で砕いて跡形もなく削る事ができます。

しかしマッシュは全て拳で応戦し、最終的にセル・ウォーは諦めています。

ebookjapanならマッシュルの原作マンガが70%オフ!

マッシュルの漫画を70%オフで読む方法があります。

ebookjapanの「6回使える70%OFFクーポン」なら、1回の購入につき500円×6回で最大3,000円割引で読むことができます。

※表は横へスクロールできます

表の値引き後1冊の値段・全巻の合計金額は、通常価格からクーポンやポイントを使用した際の金額です。

通常価格の合計金額:8,932円

ebookjapanの合計金額:6,396円

差額:2,536円

サービス オススメ度 値引き後
1冊の値段
全巻の
合計金額
特徴
ebookjapan 約355円 6,396円 まとめ買い最安値!
6冊分の70%OFF
クーポンがもらえる
(6回で最大3,000割引)
DMMブックス 約360円 6,472円 初回のみ90%OFF
クーポンがもらえる
(上限2,000円)
コミック.jp 約404円 7,272円 30日無料おためしに登録すると
1,200ポイントがもらえる
Amebaマンガ 約429Pt 7,714Pt 100冊まで50%還元
クーポンがもらえる
まんが王国 約429Pt 7,714Pt 最大で50%ポイント還元
U-NEXT 約437円 7,872円 無料トライアルに登録すると
600ポイント
220,000本の動画が見放題
music.jp 約437円 7,872円 無料おためしに登録すると
600円分通常ポイント
1,000円分動画ポイントが付与
楽天KOBO 実質
467円
実質
8,405円
原則100円(税抜)で
1ポイントが進呈
Amazon Kindle 実質
467円
実質
8,405円
対象商品に
ポイントが付与される
通常金額 約496円 8,932円 通常の金額

※18巻までの金額

電子書籍サービスで漫画を買うほうが安くてお得であることがひと目でわかりますね!

『クーポンを利用して安く買える!』ということを知らない人は定価で漫画を購入することになります。

その為、とても損をしてしまうことになるのでもったいないですよね。

無料登録するだけでもらえる「70%OFFクーポン」を使えば、『マッシュル』をどこよりも安く読むことができますよ!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

「6回使える70%OFFクーポン」をチェックする

『詳細情報を更にチェックしてから』という方はこちらの記事をどうぞ↓

登録は最短30秒で
▼サクッと終わります▼

ebookjapanで
6冊70%OFFのクーポンをもらう

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

まとめ

・イノセント・ゼロをお父様と呼んでいる。

・イノセント・ゼロが死体に自分の血を入れて造ったクローン体。

・イノセント・ゼロはセル・ウォーの本当の父親ではない。

・デビルクンタブレット(悪魔の5つ子)とは兄弟ではない。

・クローン体なので父親や兄弟はいない。

・アベルは神覚者になる為に力を欲していた。

・セル・ウォーがアベルに協力関係を持ちかけた。

・魔力濃縮液の作成法と3本目の人工のアザの技術を教えていた。

・マッシュとアベルの対決によって計画が崩れる。

・マッシュとの対決でお父様の探し物に気づいた。

・お父様にマッシュの情報を伝えるために撤退。

・マッシュに首を絞められ落とされた。

・ドミナに痛めつけられファーミンに偽物の剣で体を貫かれた。

・魔法局のライオ・グランツとオーター・マドルに尋問を受けた。

・ 蜂蜜をかけた刺身を提供される。

・想像以上の拷問を受ける事を予想して情報を話した。

・魔法局に囚われている。

・神覚者と同等の実力者。

・対魔法使い用の魔道具である魔返しの鏡を所持。

・イノセント・ゼロの為に命を使うべく生まれてきた人造人間。

・本物の息子のマッシュ・バーンデッドに激しい嫉妬と敵愾心を向けている。

・三本線の魔術師で実力者。

・使用魔法。

・カーボレイン。

・カーボヘビィレイン。

・鉄の塔。

・表皮。

・サモンズテヘパイトス(鉄の神)。

・ダイヤモンドカッター。

・ブラックダイヤモンド。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

☆この記事を読んだ人におすすめ
✔︎Check
 
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする