ブリーチ/涅マユリ様は強すぎでチート!最強で強い・超人薬についても




週刊少年ジャンプで連載していた作品で、秋には千年血戦篇がアニメ化される事になっているBLEACH(ブリーチ)。

そんなBLEACH(ブリーチ)に登場する護廷十三隊十二番隊隊長の涅マユリが強くチートであり、最強であるとされています。

マユリは隊長ではありますが、科学者でもあります。

それ故に普通に考えたら、それほど強くは感じないでしょう。

しかし、科学者だから故に賢く道具も豊富で、常に情報を仕入れているので厄介なのです。

こちらの記事では涅マユリの強くてチートなのかについて、更にマユリが使う超人薬についてもより詳しく解説していきたいと思います!

それではさっそく見ていきましょう!

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意ください。

★PICKUP

スポンサーリンク



ブリーチ/涅マユリ様は強すぎでチート・最強で強い!

まずはマユリは最強でチートである事を解説していきたいと思います。

果たして、どの部分が最強でチートなのでしょうか!?

京楽春水や浦原喜助からは頼もしい戦力として認められている

マユリは元上司である浦原喜助や8番隊隊長を経て総隊長になった京楽春水には信頼されています。

何故彼らに信頼されていたのでしょうか!?

マユリは元々危険な存在として、蛆虫の巣に閉じ込められていました。

しかし、マユリの頭脳を欲した浦原が十二番隊第三席兼技術開発局の副局長に推薦したのです。

浦原も頭脳明晰ですが、浦原に匹敵する頭脳を持つマユリを加える事で尸魂界(ソウルソサエティ)を発展させたかったのでしょう。

京楽もマユリの頭脳に一目置いていて、どんな事でも僅かな時間があれば解き明かせると評しています。

それに護廷十三隊やソウルソサエティのために、時には非道な手を使うところも似ている感じがしますね。

ただマユリから見た2人はやりにくい存在と感じています。

浦原も京楽も時には自分の立場を捨てるつもりの覚悟で話すケースがあり、その時は大抵マユリの時なのでやりにくさがあるのでしょう。

どんな状況でも打開策を持ち出せるほど手札が多い

マユリは戦いの際、数多くの手札を所持しています。

科学者なのでありとあらゆる道具や薬を装備していて、薬や道具を駆使して戦ったりするのです。

しかも相手に通じなかったり、通じても喰らいついてきたりして来ても、即座に対抗策を使ったりします。

対抗策があると言う事は、自分の薬や道具に過信していないと言う事が伺えます。

マユリは元々完璧を嫌悪しているので、自分の薬や道具にはまだ改良の余地や欠点があるからより発展したり、欠点を無くそうして努力しているのでしょう。

努力をしているからこそ、より多くの手札を持てるのだと思いますね。

事前情報があれば基本的に無双できるほど強い

マユリは常に相手に関する情報を仕入れてから戦いに臨みます。

監視カメラや相手にとりつく菌から情報を集め、対策を練ったりするのです。

相手の情報が分かっている上に戦いながら、持ち前の頭脳と観察眼で映像とかでは分からなかった情報を手にいれたりします。

しかも相手の弱点となる薬とかを所持しているので、想定外の事が無い限りは負ける事はありません。

自身の身体や斬魄刀を改造し様々な武器や仕掛けを隠している

マユリは自身の体や斬魄刀を改造して、多くの武装を用意しています。

腕にはワイヤーである蛇腹腕、皮膚には周りの景色に溶け込める贋膚が備わっているのです。

斬魄刀も自分の周囲に迫りくる斬撃を自動で防がせるセンサーを仕込んでいて、自身の卍解も改造したりしています。

己の体や斬魄刀を改造するのも、どんな事があってもいいように対応するためなのでしょう。

瞬時に自分の身体を手術できる

マユリは自分の身に何があっても、すぐさま手術したりできます。

石田雨竜との戦いの際、蛇腹腕が破壊された際に残る部品を己の手で破壊し、薬を用いて再生させました。

おまけに石田にやられた時も、完全にくたばる前に肉飛沫で液体に変えて逃げています。

ちゃんとした回復手段や逃走手段も持ち合わせているので、敵からしたら厄介でしょう。

飛廉脚が使える

マユリは瞬歩を扱えますが、滅却師(クインシー)が扱う飛廉脚も使用可能。

扱える理由はマユリは沢山のクインシーの研究を行い、どうやれば使えるかを分析した結果、自分の靴のスイッチを押せば発動できるようになったからです。

クインシーの技術も扱えるとは、恐れ入りますね。

戦闘は4勝1敗と功績が優れている

マユリの戦績ですが、基本的には悪くありません。

上記のように薬を用いたり、事前に情報を集めているため、ザエルアポロ・グランツ、ジゼル・ジュエル、ゾンビになった日番谷冬獅郎と言った強敵に余裕で勝つ事が出来ます。

ペルニダ・パルンカジャスでは負傷したものの、勝利する事が出来たのです。

唯一敗北したのは石田だけとなっています。

敗北した理由は情報になかった乱装天傀や滅却師最終形態(クインシー・レットシュティール)を使われ、追い詰められたことで冷静ではいられなかったからです。

後の戦闘を踏まえると、石田との戦闘を反省した結果なのかなと思います。

BLEACH/涅マユリ様の薬や超人薬について

スポンサーリンク



次にマユリが扱う薬について解説していきます。

果たして、どんな薬を扱ったのでしょうか!?

ザエルアポロに超人薬を投与

1つ目は超人薬です。

超人薬は名前の通り、超人へと変えるものではありますが、超人となるのは感覚だけでした。

超人薬を打たれた相手は時間の感覚がおかしくなり、1秒が100年にかかるような感覚を覚えます。

しかも遅効性があるのか、ネムの体を通じて超人薬を投与されたザエルアポロは最初こそまともに動けましたが、次第に薬の効果を受けたのです。

徐々に薬の効果が出てしまうのは、相手にとって怖い事ですね。

過去に立ち返る薬

2つ目は過去に立ち返る薬です。

ゾンビになった日番谷冬獅郎相手に使用しました。

薬の効果はマユリを始末した際、少し過去に立ち返る事であり、10回繰り返すと麻痺状態に陥ります。

過去に立ち返れる薬を作れるなんて、本当にチートですね。

隊長格のゾンビに血液組成を組み換える薬を投与

3つ目はゾンビの血液組成を変える薬です。

マユリは全ての隊士の血液を所持していて、それを元に完成した薬を投与する事で投与した相手の体内に血液状物質が誕生して支配し、血液組成を変えます。

そうなるとジゼル・ジュエルの支配下であるゾンビをマユリの支配下に置けるのです。

こりゃまた恐ろしい薬だと思います。

まとめ

・マユリは多くの薬や道具を持ち、事前に多量の情報を得た状態で戦っているので最強でチート

・マユリは超人薬、過去に立ち返る薬、ゾンビの血液組成を変える薬を開発した

最後まで読んでいただき、有難うございます!

★PICKUP

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

スポンサーリンク



『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

★PICKUP