東京リベンジャーズ/マイキーが全員殺す理由は?皆殺しや関東卍はなぜか解説

★PICKUP

2022年の11月まで週刊少年マガジンで連載されていた作品で、そろそろ第二期が始まる時が迫る東京リベンジャーズ。

東京卍會の総長で、喧嘩では負け知らずであり、無敵の異名までついている佐野万次郎ことマイキー。

そんなマイキーですが聖夜決戦後の現代で主要メンバーを軒並み始末しましたが、それは何故なのか気になる人は多い筈です。

同時に梵天や関東卍會を設立した理由も知りたいはず。

こちらの記事ではマイキーが全員殺す理由は?皆殺しや関東卍はなぜかについてより詳しく解説していきたいと思います!

それではさっそく見ていきましょう!

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意ください。

PICKUP

東京リベンジャーズ/マイキーが全員殺す・皆殺しの理由はなぜか?

まずはマイキーが主要メンバーを始末した理由について解説します。

果たして、何が理由でそうしてしまったのでしょうか!?

聖夜決戦後の現代で東京卍會主要メンバーを皆殺しにした

マイキーは聖夜決戦後の現代で、主要メンバーを一人残さず始末しました。

これまでは稀咲に命じたりしていましたが、今回は自分の力で全員始末したのです。

幾ら始末すると言っても、同じような殺し方では警察にバレる恐れがあるから、それぞれ違うやり方で始末していきました。

東卍主要メンバーと対立した可能がある

マイキーがこのような真似をしたのは、主要メンバーと対立したからなのかもしれません。

どういう理由で対立したのかは不明ですが、恐らくタケミチなのではないでしょうか。

この現代ではタケミチは東京卍會から出ていました。

マイキーは連れ戻そうとしていましたが、ドラケンと三ツ谷がそれを阻止したのです。

2人はタケミチに恩義があり、この頃の東京卍會は危ない事ばかりしていた可能性があったので、彼を巻き込みたくありませんでした。

その代わり、マイキーがやろうとしている事には何でも従う事を誓ったのです。

その後、マイキーがどう判断したかは分かりませんが、表向きは納得したかもしれませんが内心では納得しなかったのかもしれません。

彼ら以外は仕事の事で衝突した可能性が高いです。

黒い衝動により全員殺した

そしてマイキーは黒い衝動を発動させ、皆を始末したのかもしれません。

フィリピンでタケミチに会った際、一人で抑えようとしたけど無理だったと遠回しに黒い衝動に支配されていた事を言っていました。

それ故に皆を手にかける時は、黒い衝動が表に出ていたのでしょう。

東リベ/マイキーが関東卍會や梵天を発足したのはなぜ?

次は梵天や関東卍會を設立した理由について解説します。

果たして、どんな理由があったのでしょうか!?

2006年に東京卍會を解散した

まずマイキーは2006年に東京卍會を解散させます。

関東事変後、タケミチから現代の事を聞かされた際、この事を決意したのです。

東京卍會はマイキーにとって初めて創設した組織であり、そんな組織が犯罪組織になってほしくないでしょう。

それにマイキーは女を殴ったり、喧嘩賭博をするのを嫌っているので、そう言うのを平気で行っている組織は嫌な筈。

それ故に現代のために解散させました。

黒い衝動を抑えられない為関東卍會や梵天を発足

解散させたものの、真一郎達盾となってくれる人がいないため、マイキーは黒い衝動に支配されそうになります。

その前にドラケン達をボコボコにさせて遠ざけると、関東卍會を設立しました。

三天戦争で六破羅単代と梵(ブラフマン)を蹴散らし、吸収して梵天にしたのです。

そして梵天は現代の東京卍會のような犯罪者組織になりました。

マイキーは皆を守るためにかつ黒い衝動を抑えられないからこういう手を取りましたが、タケミチに助けを求めた時の事を踏まえると、本当は辛かったんじゃないでしょうか。

マイキーはフィリピンになぜいたのか?

次はマイキーがフィリピンにいた理由について解説します。

果たして、何故そこにいたのでしょうか!?

誰にも邪魔されずにタケミチに殺してもらう為?

マイキーの狙いはタケミチ自身に手をかけてもらう事でした。

ドラケン達の話をした後、そうするようにタケミチに頼みました。

恐らく黒い衝動に飲まれてやってしまったとはいえ、かなり罪悪感があったのでしょう。

それ故に真一郎みたいな雰囲気があるタケミチに引導を渡してもらえれば本望と思ったのかもしれません。

指名手配されて警察に追われていた

マイキーはドラケン達を始末した事で、指名手配されて警察に追われていました。

警察には捕まりたくない思いがあって、タケミチにフィリピンに来るように手紙を郵送し、先にフィリピンに向かったのでしょう。

そこでだったら、タケミチと話が出来ると考えたが故の決断なのだと思います。

マイキーは全てを終わらせたかった

これらの事からマイキーは全てを終わらせたかったのでしょう。

もう信頼できる人間もタケミチ以外おらず、自分では死ねないからタケミチに始末してもらおうとしたのでしょう。

しかし、タケミチは始末する事が出来なかったので、マイキーは銃口を突きつけてまで自分を殺すかタケミチが死ぬかの二択を迫ります。

その際、千冬がタケミチは昔と変わらないと言ったのを思い出し、実際その通りだったので涙目になっていたのです。

フィリピンでナオトに撃たれて死亡

最終的にマイキーはナオトに射殺されました。

マイキーの銃にはセーフティがかかっていなかったので、初めから誰も始末する気はありませんでした。

同時にタケミチは無理だったのを理解していたので、ナオトに感謝していました。

そしてタケミチに見守られながら、あの世に逝ったのです。

まとめ

・マイキーはドラケン達と対立した際、黒い衝動が発動して始末した

・マイキーが梵天や関東卍會を設立したのは、黒い衝動を抑えられないから

・マイキーがフィリピンにいたのはタケミチに会い、この手で始末してもらう事だったがナオトに始末された

最後まで読んでいただき、有難うございます!

★PICKUP

★この記事を読んだ人におススメ

【超お得!】東京リベンジャーズの原作マンガが全巻40%オフ!

実は東京リベンジャーズの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば東京リベンジャーズの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に東京リベンジャーズの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

PICKUP