【はたらく細胞】白血球と赤血球のキスシーンはある?二人は好きで恋愛関係なのかも考察




Pocket
LINEで送る

はたらく細胞の主人公であるAE3803の赤血球と1146の白血球。

この2人は見ていて良い関係にありますよね。

お互いが好きだったりするのでしょうか。

また、キスシーンがあるのかも気になるところ。

こちらの記事では〝はたらく細胞〟の白血球は赤血球が好きで恋愛関係にあるのか、更にキスシーンはあるのかという事についても深掘りをしていきます。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク



白血球と赤血球のキスシーンはあるのか?

AE3803の赤血球は女性、1146の白血球は男性とベストカップルという印象があります。

見ていてとてもお似合いですよね。

では、この2人のキスシーンはあるのでしょうか。

漫画やアニメでは残念ながらそういった描写はありませんでした。

イラスト・漫画・小説の投稿や閲覧が楽しめるイラストコミュニケーションサービスの〝pixiv〟や〝Twitter〟にはそういったイラストがありました。

良いですね!

やっぱりこの2人はお似合いという感じがします^ ^

【はたらく細胞】二人は好きで恋愛関係なのか考察

スポンサーリンク



はたらく細胞のメインキャラクターであるAE3803の赤血球と1146の白血球。

見ていると2人は恋愛関係にある様に見えますよね。

白血球が赤血球の事が好きという様にも感じます。

実際2人はどうなのでしょうか。

白血球は赤血球を見守っていた

赤血球はいつも道に迷ってばかりで、周りの人や白血球(好中球)に助けられてばかり。

方向音痴でおっちょこちょい。

ドジっ子という感じがして可愛いですよね。

今まで助けられてばかりという事で、赤血球は自分一人の力で体内を一周循環することを決意します。

それを知った白血球は道に迷うのではないか、雑菌に出くわすのではないかと心配していました。

普段からそういう事が日常茶飯事なので何となく分かる気がします。

ここで白血球はバレないように後ろから付いていくことに。

そして、最後まで白血球は赤血球について行ってました。

こうやってみると白血球が赤血球の事を心配していたり、気にかけてる感じがしますね。

白血球が赤血球の事を好きだという可能性はありそうです。

実際の白血球と赤血球に結びつきはない

私達の流れている血液にははたらく細胞の様に白血球や赤血球があります。

しかし、こちらは直接的な結びつきはありません。

同じ血液内の組織という感じです。

そう考えると、今後のストーリーの展開を考えても白血球と赤血球が結ばれるという様な可能性は低いのではないでしょうか。

体の組織通りで物語が進むなら2人が引っ付くのは厳しそうですね。

白血球と赤血球はこどもの頃に出会っている

白血球と赤血球は子供の頃に出会っています。

〝骨髄〟という名の保育園で一度会っていることが判明しました。

白血球(好中球)は骨髄球(こつずいきゅう)だったころ。

赤血球は赤芽球(せきがきゅう)だったころの話です。

その時から既に白血球はイケメン!

子供ながらに赤芽球を必死に守ろうとする描写がありました。

AE3803は幼少期のころから訓練中に骨髄の中で迷子になり、その先でばい菌に襲われたことがありました。

しかし、ここで骨髄球に救われた過去があります。

今の2人と同じ感じですね。

2人は幼少期に出会った事を覚えておらず、赤血球は『あの時救ってくれた骨髄球は1146の白血球かも?』という程度に覚えています。

ちょっと運命を感じてしまいますよね^ ^

実際にこんな事があったら結ばれそうな気がします!

まとめ

・1146の白血球がAE3803の赤血球の事を好きだという可能性はありそう

・体の組織通りで物語が進むなら2人が引っ付く可能性は低いと考察

・アニメや漫画では赤血球と白血球のキスシーンがある描写はない

・AE3803の赤血球と1146の白血球は子供の頃に出会っている

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!