ブリーチ/千年血戦篇はつまらない?面白くないのか解説




2004年からアニメ化され、絶大な人気を得た「BLEACH(ブリーチ)」。

2022年10月には最終章「BLEACH 千年血戦篇」の放送が開始される予定で、今最も注目されている人気作品です。

そんな期待が高まっているブリーチですが、最終章「BLEACH 千年血戦篇」がつまらないのでは、という声が上がっています。

そこで今回は千年血戦篇はつまらないのか、そして面白くないのかについて解説していきます。

※一部ネタばれを含みますので、読む際はご注意下さい。

★PICKUP

スポンサーリンク



ブリーチ/千年血戦篇はつまらない?

長らく愛され続けてきたブリーチ。

2022年に「BLEACH 千年血戦篇」の放送が決定し、今すごく盛り上がっていますよね。

しかしその千年血戦篇がつまらないのでは、と言われています。

その理由について詳しくみていきましょう。

打ち切りのせいで黒崎一護の活躍が雑になった

家族を守るために死神代行となった黒崎一護とその仲間の成長を描いた作品。

15年にも亘って愛され続けてきた作品ですが、打ち切りとなったせいで黒崎一護の活躍が雑になったように見えます。

それは最後のユーハバッハを倒すシーンに大きく現われていますが、これまでたくさん修行をして力を付けてきた黒崎一護ですが、結局能力などは何も見せず、最後は仲間の力を借りてとどめの一撃を与えています。

せめて卍解などを解放してから倒してほしかったですね。

クインシー(滅却師)の能力が強すぎた

千年血戦篇といえば、強力な能力をもったクインシー(滅却師)が多く登場。

その中でもブリーチ最強の敵とも言われているユーハバッハが率いるシュテルンリッター(星十字騎士団)の能力は、これまでの敵とは比べ物にならない程。

「血装」「クインシー・フォルシュテンディッヒ(滅却師完聖体)」「聖隷」などが基本的な戦闘術ですが、それに加えて一人一人が特殊な固有能力をもち、その能力に応じてユーハバッハからシュリフト(聖文字)というアルファベット文字の称号を授かっています。

これは誰が見てもクインシー(滅却師)の能力が強すぎると感じますよね。

少年漫画的な気持ちよさが足りない

少年漫画とは、想像もできないようなドキドキする展開となり、熱く燃え、大人も少年に戻ったような気持ちになります。

しかし千年血戦篇では、あまりそのような感情が沸くことがなく、少年漫画的な気持ちよさが足りない気がします。

ブリーチの残念な点が一番目立っている

ブリーチの残念な点といえば、最強クラスの能力をもっているのに活かした活躍が出来ていないことだと思います。

中でも、主人公である黒崎一護の卍解「天鎖斬月」は、最終章で真の斬月を手に入れて霊王宮で修行を終えた最強クラスの能力。

しかし、すぐにユーハバッハに折られてしまい終了。

主人公にもかかわらず、真の力を発揮することなく、能力なども不明のまま終わっています。

これはかなり残念なシーンだと言えるでしょう。

ジェラルド・ヴァルキリーがしつこすぎる

シュテルンリッター(星十字騎士団)の中でもユーハバッハとの同行を認められたシュッツシュタッフェル(親衛隊)の一員であるジェラルド・ヴァルキリー。

霊王宮の戦いでは零番隊の二枚屋王悦に斬られるもユーハバッハの能力で復活。

更なる力を得て蘇り、隊長格や仮面の軍勢を圧倒します。

そしてジェラルドの固有能力「奇跡」によってどんなダメージからも瞬時に回復し、更には巨大化を繰り返す。

斬っても倒しても復活し、更にクインシー・フォルシュテンディッヒ(滅却師完聖体)を解放して強さを増すジェラルド・ヴァルキリー。

ここまでしつこく復活する必要はあったのでしょうか。

あまりにもそのシーンがしつこすぎて、だんだんと飽きてきてしまいますよね。

BLEACH/千年血戦篇は面白くない?

スポンサーリンク



最強の敵であるユーハバッハが登場する千年血戦篇。

期待とは裏腹に面白くないのでは、と噂されています。

その訳について紹介していきましょう。

展開が雑で面白くない

千年血戦篇まで辿り着くのに、熱い戦いを見せてきた黒崎一護たち。

しかし、作者の「15年で描き終える」といった謎のこだわりから、展開が雑で面白くないとされています。

各々の話が簡略化されすぎたり、ラスボスであるユーハバッハについての掘り下げが足りなかったり、ジェラルド・ヴァルキリー戦にいろいろ無理矢理詰め込みすぎたりと、長いストーリーだった割には、あっさり終わった感が強いと感じます。

味方のキャラが多すぎて渋滞している

これまで多くのキャラが登場してきたブリーチ。

千年血戦篇では、黒崎一護と敵として戦ってきた人物たちが味方となり一斉に登場。

月島秀九郎や石田雨竜などたくさんのキャラが登場してくるため、キャラ渋滞が発生、訳が分からずグダグダになっているようにも見えますね。

黒崎一護のライバルの様な存在がいなかった

千年血戦篇では、ユーハバッハを倒すことが目的となっていたため、黒崎一護のライバルの様な存在がいませんでした。

これまでは、石田雨竜や岩鷲など、ライバルのような存在と切磋琢磨しているシーンが魅力的だったので、少し残念ですね。

霊王関連の情報がほぼ謎だった

千年決戦篇に登場する重要キャラ「霊王」。
かなり特殊な存在であり、ソウルソサエティ(尸魂界)を支配する王です。

しかし、ブリーチが完結した時点でも謎だらけの人物であり、登場するのも遅かったので活躍するシーンなどはありませんでした。

もう少し詳しく情報が欲しかったですね。

まとめ

・打ち切りのせいで黒崎一護の活躍が雑になった

・ユーハバッハが率いるシュテルンリッター(星十字騎士団)のクインシー(滅却師)の能力が強すぎた

・少年漫画的な気持ちよさが足りない

・ブリーチの残念な点が一番目立っている

・ジェラルド・ヴァルキリーがしつこすぎる

・展開が雑で面白くない

・味方のキャラが多すぎて渋滞している

・黒崎一護のライバルの様な存在がいなかった

・霊王関連の情報がほぼ謎だった

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

★PICKUP

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

スポンサーリンク



『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

★PICKUP