エス・ノトは最後に死亡する?過去や混血なのか解説!




様々な魅力的な敵キャラクターが多い事で、敵キャラクターにも絶大な人気がある作品BLEACH。

死神だけでなく、BLEACHの世界を駆け巡る三界では数えきれないほどの人間関係が存在します。

今回の記事では、エス・ノトは最後に死亡する?

過去や混血なのかを解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

★PICKUP

スポンサーリンク



ブリーチ/エス・ノトは最後に死亡する?

エス・ノトは不気味で真っ黒な容貌であるため、読者からは「不気味すぎる」、「トラウマもの」と言われている敵の一人です。

カタカナやひらがなを使い、独特の話し方をするのも特徴ですね。

不気味であり、「とても強い」とされていたエス・ノト。

最後は死亡してしまったのでしょうか?

山本元柳斎重國の流刃若火をバズビーが防ぎ火傷に留まる

山本元柳斎重國は死神の元護延十三番隊総隊長で、ほのぼのとしたおじいちゃんの姿をしています。

しかし、能力は卓越しており、流刃若火でエス・ノトを一撃で倒す事に成功したと思われていました。

しかし、エス・ノトの仲間であるバズビーが流刃若火を防いでいたため、エス・ノトは火傷程度のダメージしか負いません。

バズビーがいなければ、すぐに倒されていたかもしれないシーンです。

クインシー・フォルシュテンディッヒで朽木ルキアに逆転しかけた

朽木ルキアはBLEACHで最初に登場する死神であり、エス・ノトと戦闘します。

しかし、エス・ノトの狙いは朽木ルキアではありません。

エス・ノトの欲しいものはルキアの兄の朽木白哉の斬魂刀、千本桜でした。

エス・ノトはルキアにクインシー・フォルシュティンディッヒ(滅却師完聖体)の能力をみせ、ルキアに恐怖を与え、闘いはとても有利なものになりました。

朽木ルキアの卍解・白霞罰で凍らされて死亡

ルキアはエス・ノトの攻撃に恐怖に恐れおののきます。

しかし、ルキアは兄である白哉からの励ましに応えるべく、エス・ノトに復讐。

卍解・白霞罰を発揮し、エス・ノトは凍らされ、身動きがとれなくなっていまいます。

最終的にエス・ノトは死亡してしまう、不気味な容貌と打って変わって長くない闘いでした。

最後は恐怖に怯え死んだ

エス・ノトは不気味で、「恐怖する」容貌をしています。

しかし、エス・ノト自身が恐怖を最も天敵としていました。

エス・ノトは死亡する前、死への恐怖におびえ、じわじわとエス・ノトの体が動かなくなっていくことに恐怖します。

最後はおびえながら死亡し、エス・ノトには何か裏があるではないかと思わせるバトルシーンでした。

☆関連記事

BLEACH/エス・ノトの過去を解説

スポンサーリンク



エス・ノトは「千本桜が欲しい」と、朽木白哉の斬魂刀に執着した事から、死亡を招きました。

最後は自身の死への恐怖を感じ死亡します。

エス・ノトは死に対して大きなトラウマがあるのでしょうか?

次に、エス・ノトの過去について解説していきましょう。

人工呼吸器を繋ぐ程の重病を患っていた

エス・ノトは黒い大きなマスクを付けており、マスクの下はほぼ肉が削がれています。

実はエス・ノトは重病を患っており、人工呼吸器で生きながらえる事しかできない存在でした。

死をいつか迎える事しかないエス・ノトの人生では、死はとてつもない恐怖だったでしょう。

死ぬ事への恐怖であっさり倒されたのも理解できますね。

ユーハバッハの力によって生き永らえた

ユーハバッハは特別な力を幼い頃から秘めていました。

ユーハバッハの力は「病気であっても、困難な体であっても、強力な力を与える」という能力です。

エス・ノトは病人でしたが、ユーハバッハの「分け与える」力により生きながらえる事が可能になります。

しかし、エス・ノトはユーハバッハがいなくては生きていけない存在にもなってしまったのです。

ユーハバッハに力を奪われる事を恐れていた

ユーハバッハはアウスヴェーレン(聖別)という力を持って、クインシー(滅却師)の能力を吸い取ることが可能です。

特に自らの利益しか考えないユーハバッハは、側近の力でさえアウスヴェーレンで奪ってしまいました。

ユーハバッハに助けられた立ち位置であるエス・ノトではありますが、ユーハバッハに恐れも抱いていたことが分かります。

エス・ノトがユーハバッハに力を奪われたら、即死亡の未来しか見えない。

敗北する訳にはいかなかったんですね。

エス・ノトは混血なのか解説

エス・ノトの過去は複雑であり、悲しいとも言えるものでした。

エス・ノトは重病を患っていましたが、特別な能力は持っていなかったのでしょうか?

クインシー(滅却師)の正体は人間ですが、エス・ノトは実は混血という噂もあります。

つぎに、エス・ノトは混血であるか・ないかについて解説していきましょう。

アウスヴェーレンでエヒト・クインシー以外は死亡

ユーハバッハはアウスヴェーレン(聖別)を能力を吸い取る事だけでなく、アウスヴェーレンから逃れられた人間を見出すことを目的としていました。

クインシー(滅却師)のほとんどはアウスヴェーレンによって能力を失ってしまいます。

エヒト・クインシー(純血統滅却師)以外のクインシーは死亡してしまいました。

しかし、エス・ノトはユーハバッハからアウスヴェーレンを受けても生きていた事が判明しています。

原作63巻でユーハバッハが生き残った者と話していた

コミックス63巻で、エス・ノトについてユーハバッハは「生き残った者」だと話をしています。

つまり、エス・ノトはアウスヴェーレン(聖別)から生き残った特別な血筋を持っていた可能性が高いのです。

石田雨竜も、アウスヴェーレンから逃れることが出来た特別なクインシー(滅却師)でした。

雨竜は最終的に仲間となりますが、エス・ノトも生き残っていたらユーハバッハの次期後継者になっていたかもしれませんね。

エス・ノトはゲミシュト・クインシーの可能性が高い

エス・ノトは純潔のクインシー(滅却師)だと思われがちです。

真偽は明らかになっていませんが、エス・ノトはゲミシュト・クインシー(混血滅却師)の可能性が高いといえるでしょう。

混血と純血を持ったクインシーが石田雨竜であるのに対し、エス・ノトは病人であった事がポイントです。

エス・ノトは病院で瀕死の状態でいたことから、混血であり、いわゆるゲミシュト・クインシーではないかと言われています。

まとめ

スポンサーリンク



・エス・ノトは山本元柳重國の攻撃に圧倒されるが、バズビーの力により回復する

・朽木ルキアをクインシー・フォルシュティンディッヒ(滅却師完聖体)で恐怖に導くが、ルキアの卍解でエス・ノトは死亡

・エス・ノトは元々重病を患っていたが、ユーハバッハの分け与える力により生きていけた

・エス・ノトはアウスヴェーレン(聖別)を逃れられた特別なクインシー(滅却師)である

・コミックス63巻でも「生き残った者」と呼ばれている事から、クインシーの中でも特殊な血族だった可能性が高い

・病院で病人として生きていた事から、純潔のクインシーではなく、混血のクインシーだった可能性が高い

・エス・ノトは読者でさえ恐怖へ導く人物であったが、エス・ノトの過去は悲しく、死と直結していた敵キャラクターであるという事!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

★PICKUP