ブリーチ/千年血戦篇の死亡キャラ一覧!死んだ人についても




ついに2022年10月から千年血戦篇がアニメでスタートするBLEACH。

死神たちが死闘を繰り広げるなか、死亡や戦闘不能になったキャラクターはたくさんいますよね。

今回の記事では、千年血戦篇の死亡キャラ一覧!

死んだ人についても解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

★PICKUP

スポンサーリンク



ブリーチ/千年血戦篇の死亡キャラ・死んだ人一覧

千年血戦篇を2022年10月から観るけれど、いったいどのキャラクターが死亡してしまうのだろう?

気になる人も多いですよね。

今回は特別ネタバレとして、千年血戦篇の死亡キャラを集めました。

死神だけでなく、敵の死亡キャラも見れるのはレアですよね。

山本元柳斎重國

山本元柳斎重國は総隊長として活躍していた死神のリーダーです。

山本元柳斎重國は、残火の太刀という禁断の技を使います。

しかし、卍解である残火の太刀をユーハバッハに全能力を見せてしまいます。

勝利したと思いましたが、ユーハバッハは影武者でクインシーのメダリオンによって卍解を奪われてしまいました。

その後、ユーハバッハにより山本元柳斎重國は真っ二つに斬られてしまいます。

最期はユーハバッハの攻撃により跡形もなく消滅 して死亡しました。

☆関連記事

卯ノ花烈

卯ノ花烈は戦闘狂として有名なキャラクターですね。

山本元柳斎重國と同じく古くからの死神です。

しかし、更木剣八との戦闘で死亡しました。

元々卯ノ花烈は初代剣八として少年時代の更木剣八と闘っています。

この戦いがきっかけで更木剣八は「ギリギリの戦い」を楽しむために力を抑えてしまうようになっしまいました。

クインシーの侵攻を迎え撃つ為に新総隊長の京楽春水が更木剣八をもっと強くしてほしいと卯ノ花烈に依頼。

卯ノ花烈が「更木剣八を何度も殺し、また回復させながら戦う」という壮絶な修行をした結果、更木剣八は本来の力を取り戻しました。

しかし、最終的には卯ノ花烈はこの死闘で更木剣八に敗亡して死亡という結果になります。

☆関連記事

浮竹十四郎

浮竹はとてもBLEACHの中では重要視される、「霊王」の霊力を持った人物。

ユーハバッハの策略で黒崎一護が霊王を斬ってしまいました。

霊王が死亡した為世界が崩壊ししかけますが、浮竹十四郎に憑いていた霊王の右腕ことミミハギ様を解放して世界の崩壊を食い止めます。

浮竹十四郎は病をミミハギ様によって食い止めていました。

このミミハギ様がいなくなった事により病が進行し浮竹十四郎は死亡しました。

☆関連記事

雀部長次郎忠息

雀部はとても悲惨な最後を持っています。

山本元柳斎重國の部下としてつかえていました。

しかし、ヴァンデンライヒ(見えざる帝国)の侵攻に遭います。

そしてメダライズ(星章)を使われた事で卍解を奪われ、手も足もでず死亡し。

雀部は護廷十三隊の隊長格で最初の犠牲者として死亡しました。

☆関連記事

涅ネム

ネムはマユリの最高傑作であり、人工死神です。

ペルニダとの交戦に携わった事が運の尽きと言っても仕方ないかもしれません。

ペルニダとの戦闘で義魂重輪銃を使い、手を破壊するというダメージを与える事に成功します。

しかし、今度はネムがペルニダによって全身に神経を撃ち込まれて爆散。

ネムはペルニダに体中をバラバラにさせられるというショッキングな死に方をしました。

肉体はバラバラになり実質死亡しましたが、涅マユリによって大脳は回収されます。

☆関連記事

霊王

死神の上に立つ神ともいえる霊王。

霊王も実は千年血戦篇で死亡しています。

元々霊王は水晶体の中で四肢を斬り落とされた状態で生贄の様な形になっていました。

この水晶に入った状態でなんと黒崎一護に斬られて死亡。

そして最終的にはユーハバッハに吸収されてしまいます。

死神の頂点に立つ人物でしたが、原作漫画では多くの謎を残し最期を迎えました。

☆関連記事

草鹿やちる:斬魄刀へ回帰

やちるは突然消えたキャラクターとして、死亡説が有名です。

しかし、厳密にはやちるは更木剣八の斬魂刀へ回帰しました。

実は草鹿やちるは更木剣八の卍解が具象化した存在。

その為、更木剣八が卍解を披露・習得した際に斬魄刀へ回帰したものと思われます。

消えた後は更木剣八のみと会話するシーンが描かれています。

☆関連記事

ユーハバッハ

最悪の敵、ユーハバッハ。

ユーハバッハは戦略が詰んだ、とも言われるほどの強敵でした。

しかし、最終的に藍染・月島・雨竜・一護のタッグにより滅亡します。

原作漫画の最終回ではユーハバッハの力の残滓として登場し、再度ソウルソサエティの隊長たちに緊張感を与えました。

ですが、最後にはある自分の息子によって消滅してしまいました。

ユーハバッハの力の残滓を消滅させて人物という事でかなりの潜在能力を秘めているのではないでしょうか。

☆関連記事

ユーグラム・ハッシュヴァルト

ハッシュヴァルトはユーハバッハの側近です。

とても優美な顔立ちで、なかなか死亡するシーンが思い浮かばない人もいるのでないでしょうか。

ユーハバッハのアウスヴェーレン(聖別)により、ハッシュヴァルトはあっけなく死亡してしまいます。

ハッシュヴァルトのシュリフトやフロイト・シルトといったチート級の能力はアウスヴェーレン以外の対策が思い浮かばないですよね。

他にもハッシュヴァルトを倒す方法はあるのでしょうか?

☆関連記事

ペルニダ・パルンカジャス

ペルニダは先ほども紹介をさせて頂きましたが、ネムをボロボロにし殺害しました。

序盤では霊王宮にユーハバッハ・シュッツシュタッフェル(親衛隊)と共に乗り込みます。

しかし、霊王宮では二枚屋王悦が作った斬魄刀の失敗作である鞘伏に斬られて戦闘不能。

その後、ユーハバッハのアウスヴェーレンによって復活しました。

ラストでは涅ネムの義魂重輪銃でバラバラにになってしまいましたが、再度復活。

最終的にはネムの成長限界を伸ばすための器官である強制細胞分裂加速器官を取り込み過剰成長で爆発して消滅しました。

☆関連記事

アスキン・ナックルヴァール

アスキンは毒を使うことにたけている人物でした。

猛毒の使い手に死神は工夫をこらします。

アスキンは浦原喜助・四楓院夜一と戦闘を繰り広げ、最後はグリムジョーに心臓を抉り取られ、握り潰されて死亡。

浦原喜助の機転によって不意打ちに近い形で敗亡しました。

浦原喜助とアスキンだったからこそ勝てたような印象です。

☆関連記事

エス・ノト

トラウマ回とも呼ばれるエス・ノト。

エス・ノトの力は「恐怖」で、数々の死神を恐怖に陥れます。

序盤では朽木白哉から卍解を奪ったりと圧倒的な強さを見せました。

しかし、霊王宮で修行をした朽木ルキアの卍解によりエス・ノトは死亡します。

最終的にはエス・ノト自身も恐怖に怯え死んでいきました。

☆関連記事

バズビー

バズビーはハッシュヴァルトの親友であり、「問題児」とも言われる敵キャラクター。

バズビーはなんと親友のハッシュヴァルトと対戦します。

手も足も出ない闘いでしたが、バズビーは「敗北」を認め、命を落としました。

バズビーとハッシュヴァルトは幼馴染でユーハバッハを一緒に倒すという目標を掲げていました。

その為、ハッシュヴァルトとバズビーの闘いは「泣ける」とも有名ですよ。

☆関連記事

ツァン・トゥ(蒼都)

ツァン・トゥ(蒼都)はとてもストイックな性格があだとなります。

ストイックすぎる性格は、ハッシュヴァルトと対立を招きました。

ツァン・トゥは日番谷冬獅郎の卍解を奪い、大紅蓮氷輪丸を使用して戦っていました。

しかし、日番谷冬獅郎にツァン・トゥは卍解を取り戻されてしまい敗北。

冬獅郎に敗北したことにより、敗北者への罰としてハッシュヴァルトに切りつけられ死亡します。

キルゲ・オピー

キルゲ・オピーはBLEACH内で最初にシュリフト(聖文字)を見せた敵キャラクターです。

また、クインシー(滅却師)の基礎能力を高めた強さを誇ります。

その為、クインシーの能力を解説するようなキャラという印象が強いです。

ウェコムンド(虚圏)ではロリとメノリ・レス・ベスティア(3獣神)・アヨンといった面々に勝利しています。

しかし、黒崎一護との戦闘で瀕死まで追い込まれます。

最終的には何者かによって背後から体を縦に両断されて死亡しました。

☆関連記事

BG9(ベー・ゲー・ノイン)

BG9は謎多き星十字騎士団の一味です。

正体については様々な考察がなされていますが、最後はあっけないものでした。

ツァン・トゥが敗北した事により、BG9もハッシュヴァルトに敗北の罰を与えられることになります。

そして、ツァン・トゥとともに体を切り刻まれ死亡しました。

☆関連記事

ペペ・ワキャブラーダ

ペペは少しおまぬけなキャラクターとしてBLEACHを持ちたてていますね。

しかし、死亡した経緯も少しギャグ的でした。

バンビーズの手柄を取ろうとしたペペは目論みをバンビーズのリルトットに見つけられます。

そして、リルトットの「食いしん坊」を使われ、ぺぺは丸のみに。

死亡してしまいました。

ジェラルド・ヴァルキリー

ジェラルドはダメージを負うごとに攻撃力が強くなるというチートキャラでした。

倒しても倒しても何度も復活してしつこい能力を誇っています。

序盤ではジェラルドもユーハバッハ達と霊王宮に乗り込みますが、二枚屋王悦によって戦闘不当。

しかし、ペルニダと同様にアウスヴェーレンによって復活しました。

ジェラルドの倒し方はまったく想像できない能力でしたが、最終的にはユーハバッハによって白骨化してあっけなく死亡。

でもこの方法以外は個人的には倒し方は想像ができませんでした。

☆関連記事

ロバート・アキュトロン

アキュトロンは京楽春水が眼帯をするきっかけとなった人物です。

人工兵器を使い、死神たちへ攻撃を続けるスタイルですね。

最終的には仲間であるバンビーズのリルトットに銃を向け一発触発状態。

しかし、ユーハバッハからアウスヴェーレン(聖別)を受けた事によって死亡します。

ドリスコール・ベルチ

能力が「大量虐殺」という、危険すぎる能力を持った星十字騎士団の一味。

雀部長次郎忠息の死亡のきっかけの要因となった一人でもあります。

ドリスコールは山本の流刃若火で焼き尽くされ、死亡しました。

相手が護廷十三隊総隊長なので納得ですね。

ベレニケ・ガブリエリ

ベレニケはシュリフト(聖文字)を与えられていますが、能力は謎のままです。

ベレニケはなんと、おしゃべりな性格が死亡の要因となります。

更木剣八が業を煮やし、「うるさい喉を引き裂いてやる」と言い、文字通り喉を切りつけ死亡しました。

作中では特に大きな活躍をする事もなく最期を迎えました。

ジェローム・ギズバット

ジェロームはベレニケと同じような境遇です。

ジェロームの能力は咆哮で、耳が聞こえないほどの難聴に相手を押しやります。

しかし、更木剣八が怒ったことによりジェロームはベレニケとともに死亡しました。

原作漫画では戦闘シーンほぼない状態で敗亡しました。

マスク・ド・マスキュリン&ジェイムズ

マスク・ド・マスキュリンはとてもアツい戦いを阿散井恋次としました。

マスキュリンはジェイムズの応援によって負傷しても何度も復活。

同様にジェイムズも細かく切り刻まれても何度も復活しました。

ジェラルド同様にチートっぽい印象がありました。

ローズ(鳳橋楼十郎)と六車拳西達を隊長格数人を相手に圧倒。

しかし、最後は霊王宮で修行をした阿散井恋次の真の卍解によって敗北しました。

修行をした恋次が強すぎた印象がありました!

☆関連記事

グレミィ・トゥミュー

グレミィは小さな少年ですが、ザ・ヴィジョナリィ(夢想家)の能力を持っています。

更木剣八の強さに対抗する為にグレミィは更木剣八よりも強い力を想像する事で、強大な力を手に入れるはずでした。

しかし、更木剣八でも制御できない力は、グレミィの小さな体ではもつわけがありません。

最終的に更木剣八より強い力を想像して体が力に耐えられず死亡してしまいました。

☆関連記事

ニャンゾル・ワイゾル

ニャンゾルは修多羅千手丸に敗北しました。

来ている軍服をニャンゾルは千手丸によって気づかない間に作り直されてしまいました。

この軍服から飛び出した針に全身を貫かれて死亡。

なかなか残酷な死に方だったのではないでしょうか。

Lのロイド・ロイド

ロイド・ロイドは双子。

Lのロイド・ロイドは更木剣八との戦闘によって死亡。

シュリフトのジ・ユアセルフ(貴方自身)によって更木剣八に変身。

しかし、オリジナルである更木剣八本人には勝てずまともな戦闘描写もなく敗北し死亡しました。

Rのロイド・ロイド

Rのロイド・ロイドもジ・ユアセルフ(貴方自身)が使用可能。

山本元柳斎重國との戦闘ではユーハバッハの影武者として戦闘を繰り広げました。

ユーハバッハの力を使って戦闘では敗北しますが、山本元柳斎重國の卍解残火の太刀の全能力を引き出す事に成功。

そして、山本元柳斎重國に敗北し死亡しました。

残火の太刀をメダライズする事の立役者といっても過言ではありません。

Rのロイド・ロイドがいたからこそ、山本元柳斎重國は死亡した可能性もありそうですね。

☆関連記事

リジェ・バロ

リジェ・バロはとても強いキャラクターでした。

倒しても違う形や能力で復活したりとジェラルド同様にしつこい印象です。

ライフル銃や放射線を使い攻撃するという特殊な攻撃スタイルも特徴ですね。

最期は伊勢七緒の「呪われた剣」とも言われる「神剣・八鏡剣」に圧倒。

鳥の様な形で分裂し、ゾンビ化して復活したキャラクターによって倒されました。

☆関連記事

シャズ・ドミノ

シャズ・ドミノの正体はグレミィ・トゥミューが生み出した空想の人物になります。

与えらえた能力はThe Viability(生存能力)

自身の身体が欠損した際は、周りの霊子を取り込んで急速に自己再生する事が可能。

ソウルソサエティ(尸魂界)への第一次侵攻では技術開発局を壊滅に追い込みました。

しかし、突然現れた黒崎一護によって自己紹介の途中で瞬殺されてしまいます。

その後、偽物の死体を残して撤退。

第二次侵攻では大霊書回廊という中央四十六室の管轄するデータベースを襲い、裁判官・賢者達を蹂躙しました。

ここでゾンビ化して復活した吉良イヅルの侘助によって身体を数回斬りつけられます。

侘助の能力によって、自重によりジャズ・ドミノの身体は自壊していく肉体が設置面の床を霊子分解して吸収・再生・自重により自壊。

負の連鎖にハマった事でと自壊・再生を繰り返しながら地の底へ深く深く沈み続けていくという悲惨な末路を遂げました。

ジャズ・ドミノと侘助の相性はかなり悪いですね。

まとめ

スポンサーリンク



・味方のキャラクターは、同時に死亡する場合もある

・敵キャラクターによっては瞬殺される

・BLEACHの世界は強い=死なないではない

・千年血戦篇では、期待を裏切る死亡や感動が待っており、見逃し必須であるという事!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

☆関連記事

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

スポンサーリンク



実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

★PICKUP