【ブリーチ】卯ノ花烈は死亡か生きてるか?最後やその後について解説




久保帯人原作の人気漫画「ブリーチ」の勢いが止まりません。

2022年10月に「千年血戦篇」のアニメ化を発表しファンを喜ばせました。

そんなブリーチの数あるキャラの中から今回は「卯ノ花烈は死亡か生きてるか?最後やその後について解説」というタイトルで書いていきたいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さいね。

★PICKUP

スポンサーリンク



【ブリーチ】卯ノ花烈は死亡か生きてるか?

卯ノ花烈は死亡か生きているのでしょうか。

回道が扱えるのでそんな簡単には死なないというイメージがあります。

さらにブリーチはそんな簡単にキャラを死なせないというのもあるのですが、事実はどうなのか調べてみました。

更木剣八との戦闘で死亡

卯ノ花烈は更木剣八との戦闘で死亡しています。

なぜそのような状況になったのかというと、新総隊長の京楽春水が今後の戦いに備えて更木剣八をもっと強くしてほしいと卯ノ花烈に頼んだからです。

更木剣八を強くする修行ができるのは卯ノ花烈しかおらず、どんな結果になるのかも知っていた京楽春水の厳しい一面を見た気がしました。

☆関連記事

更木剣八が本来の力を取り戻せるように枷を砕かせた

卯ノ花烈は更木剣八が本来の力を取り戻せるように枷を砕かせました。

卯ノ花烈が責任を感じていたことは、更木剣八が自分との戦いで「ギリギリの戦い」を楽しむために力を抑えてしまうようになったことです。

それを危惧した京楽春水の依頼で卯ノ花烈が「更木剣八を何度も殺し、また回復させながら戦う」という壮絶な修行をした結果、更木剣八は本来の力を取り戻しました。

二人が修行をした場所は「無問」といい「ソウルソサエティー(尸魂界)・中央地下大監獄」と呼ばれる場所です。

そこは通常、罪人しか入る事ができない場所で誰にも邪魔されずに修行ができるという理由からその場所を選んだと考えられます。

更木剣八から死んだと虎徹勇音に告げられる

更木剣八から卯ノ花烈が死んだと虎徹勇音(こてついさね)に告げられました。

卯ノ花烈は虎徹勇音へ事前に手紙を残していて、自身の覚悟と事実を伝えています。

なので卯ノ花烈の死を受け入れる事ができたのだと思います。

このシーンで卯の花烈の死が確定したことになるのではないでしょうか。

虎徹勇音が一之瀬真樹のようにならなくて良かったと思いました。

卯ノ花烈の最後やその後生きてるのか?

スポンサーリンク



卯ノ花烈の最期やその後生きている可能性はあるのでしょうか。

もしかしたら四番隊が助けたのではないか、という期待の声もありました。

ただ、虎徹勇音に手紙を書いている事、更木剣八を自身の命を懸けてでも強くしたいという想いがあるので死ぬ覚悟はあったと思います。

なので生きているとしたら他者に助けられた可能性が高そうです。

死亡している為最期・最終回でも未登場

卯ノ花烈は死亡している為最期・最終回でも未登場です。

卯ノ花烈は役目を果たして亡くなっています。

さらに亡くなった経緯を他の隊員に説明しているシーンや、更木剣八、虎徹勇音が卯の花烈を偲ぶシーンもないようです。

なので最期・最終回でも未登場となりました。

地獄で生存・生きてる可能性がある

卯ノ花烈で生存・生きてる可能性があるとの声もあります。

地獄にいくのは「生前罪を犯した人」という条件があり、卯の花烈は空前絶後の大悪人という過去があります。

なので地獄で生存しているかもという説があるようです。

霊威三等以上の隊長達は魂葬礼祭で地獄に堕とす

卯ノ花烈など霊威三等以上の隊長達は魂葬礼祭で地獄に堕とすという決まりがあります。

霊威とは、「霊子に宿る霊圧の濃度を指す尺」の事です。

一般隊員で二十等霊威、副隊長で四~五霊威、隊長で三等霊威と言われています。

死神は霊子でできているので亡くなると肉体は霊威となってソウルソサエティー(尸魂界)の大地に還るのですが、三等霊威以上は濃度が高すぎて大地に還れません。

そのため、大地に還れずソウルソサエティー(尸魂界)にいる事になります。

ですが、霊子をいつまでもそのままにしておけないという理由から、魂葬礼祭で亡くなった隊長を地獄に堕とさなければならなくなったのです。

今回の魂葬礼祭では、山本元柳斎重國、卯の花烈、浮竹十四郎の三名の地獄送りが決まりました。

地獄の側から口を開けられる様になった

獄頤鳴鳴篇では均衡が崩れて地獄の側から口を開けられる様になってしまいました。

均衡が崩れた理由は、「地獄の入り口を押さえていた藍染惣右介・ユーハバッハの強大な霊圧が消え、死神たちが立て続けに強大な霊圧を落とし続けたからです。

そのため入り口からザエルアポロが現れましたが、地獄の門から浮竹十四郎の「双魚理」がザエルアポロを突き刺しています。

この点から浮竹十四郎の地獄落ちと再登場の可能性が浮上し、その流れで卯ノ花烈も出てくるかもしれないという意見が聞かれました。

卯ノ花烈の復活や結末はどうなる?

卯ノ花烈の復活や結末はどうなるのでしょうか。

更木剣八と絡むような話があったら面白いと思う方も多いのではないかと思います。

記憶や人格をそのままに復活できるなら穏やかな状態でいて欲しい気もしますが、どんな結末を迎えるのか気になりますね。

新章が連載するのであれば復活・再登場する可能性はある

卯ノ花烈も新章が連載するのであれば復活・再登場する可能性はあるのでしょうか。

地獄で何か起きて、ソウルソサエティー(尸魂界)が巻き込まれる、という展開になったら卯ノ花烈の復活・再登場する可能性は十分あると考えられます。

そして卯ノ花烈の卍解を見たいと思う方も多いと思います。

卯ノ花烈以外にも隊長格が地獄に生存している可能性がある

卯ノ花烈以外にも隊長格が地獄に生存している可能性があります。

実際、浮竹十四郎の存在は確実なようなので他にも地獄に生存している隊長格もいるのではないかと考えられます。

山本元柳斎重國も火火十万億死大葬陣があるので何かしらの登場はあるかもしれません。

普通に登場するとは思えませんが復活はして欲しいです。

仲間でなく敵として出てくると考察

卯ノ花烈は仲間ではなく敵として出てくると考察してみました。

戦うとしたら更木剣八ではないかと思われます。

お互いまた戦える喜びを噛みしめながら殺し合いレベルの戦いをするのではないでしょうか。

そして更木剣八はさらに強くなる、という展開です。

まとめ

スポンサーリンク



・卯ノ花烈は更木剣八との戦闘で死亡。

・更木剣八が本来の力を取り戻せるように枷を砕かせた。

・更木剣八から死んだと虎徹勇音に告げられる。

・卯ノ花烈は死亡している為、最期・最終回は未登場。

・地獄で生存・生きてる可能性がある。

・霊威三等以上の隊長達は魂葬礼祭で地獄に堕とす。

・地獄の側から口を開けられる様になった。

・新章が連載するのであれば復活・再登場する可能性はある。

・卯ノ花烈以外にも隊長格が地獄に生存している可能性がある。

・仲間でなく敵として出てくると考察。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

☆関連記事

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP