半間と稀咲の関係や理由・出会いは?死神とピエロの意味についても

★PICKUP

2022年の11月まで週刊少年マガジンで連載されていた作品で、遂に第二期が始まった東京リベンジャーズ。

腕っぷしが強くて、各組織で幹部格として暗躍していた稀咲鉄太(きさきてった)の部下の半間修二。

そんな半間ですが稀咲との関係や出会いについて興味がある人は多いんじゃないでしょうか。

それに半間が死神を名乗っていた事と稀咲が自分をピエロと名乗っていた事についても知りたい筈です。

こちらの記事では半間と稀咲の関係や理由・出会いは?死神とピエロの意味についても詳しく解説していきたいと思います!

それではさっそく見ていきましょう!

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意ください。

PICKUP

東京リベンジャーズ/半間修二と稀咲鉄太の関係や理由・出会いを解説

https://twitter.com/yui_trade/status/1609937782562238464

まずは稀咲と半間の関係や出会いなどについて解説します。

果たして、どんな関係性で、どんな出会いを果たしたのでしょうか!?

メビウス(愛美愛主)時代の稀咲に呼び出されて出会う

半間は歌舞伎町で暴れていたら当時のメビウスの総長の長内に半間に会いたい奴がいると言われます。

疑問に思いながらついていくとそこには稀咲がいました。

半間は稀咲にスカウトされてコマになった

稀咲は目の前に入る半間を見ると、死神であるかどうかの確認します。

半間も稀咲は初めて見る存在だったので、警戒していたら突如として駒になるように言われたのです。

半間は迷ったか、即決だったかは分かりませんが、稀咲の言う通り駒となる事を決めました。

半間が稀咲といる理由は気に入った為

半間が稀咲の駒になったのは、気に入ったからでした。

何処を気に入ったかは語っていませんが、少なくとも自分が出会った不良とかとは何かが違うと感じていました。

半間が思う不良は自分みたくただ向かってくる敵をぶちのめす存在と思っていた筈です。

しかし、稀咲は真逆の存在で、言葉巧みに相手を焚きつけて自らの手を汚さずに目的を果たす存在でした。

実際、稀咲はドラケンにボコられたキヨマサに声をかけ、プライドをへし折ってくれたドラケンを殺したいよなと唆したりしました。

その結果、祭りの日に東卍とメビウスの抗争の最中、キヨマサはドラケンを刺したのです。

タケミチの介入があったため、失敗に終わるもいなかったら成功していたので、稀咲の言葉が巧みと言う証と言えます。

他にもメビウスに友達をやられたパーちんを唆してメビウスへの怒りを増幅させ、ペーやんをも唆してパーちんを助けない方針のドラケンへの怒りを増幅させました。

8.3抗争後では一虎を唆してバルハラを生み出させて血のハロウィンを起こさせ、黒龍(ブラックドラゴン)を利用するために柚葉に大寿を刺すように言ってナイフを渡し、天竺に潜り込んで黒川イザナを利用したりしたのです。

これらのように稀咲は殆ど自分の手を汚す事なく動いていたのです。

長内も稀咲のこのようなやり口に恐怖していて、殴ったりは出来ませんでした。

しかし、半間だけはそんな稀咲のやり口を気に入ったのかもしれません。

稀咲も一度何故従うのかを聞いたら、稀咲が命を落としたら話すと言って話しませんでした。

東リベ/半間修二と稀咲鉄太の死神とピエロの意味についても

次は半間と稀咲の死神とピエロの意味について解説します。

果たして、どういう意味なのでしょうか!?

半間は歌舞伎町の死神と呼ばれていた

https://twitter.com/candy_candyleaf/status/1445400108229701661

半間は作中では歌舞伎町の死神と言われ、恐れられていたのです。

タトゥーとして刻まれている罪と罰から、襲ってきた人間を罪とし、死神の如く罰を与えると言う事なのでしょう。

実際、複数相手でも負けてませんし、ドラケンとも互角に渡り合った事から死神の名に恥じないと思います。

稀咲がサーカスの様に舞台を作り続け半間を楽しませた

半間は稀咲が行ってきた事をサーカスのように舞台を作り続けたと評し、楽しんでいました。

上記のように稀咲は言葉巧みに人々を焚きつけていて、その巧ぶりは豊富と言えます。

半間からすれば、言葉で人を動かすにしても告げる言葉は人それぞれで違うと感じていたから、サーカスのように感じ取れたのでしょう。

しかし、稀咲はそんな風に評した半間に気色悪いと言っていました。

稀咲の墓で半間は死神とピエロについて語った

稀咲が死亡した後、半間は稀咲が行ったエマやイザナの殺人事件の共犯者として指名手配されました。

長い逃亡生活の末、2年後に稀咲の墓の前にやって来て、死神とピエロについて語ったのです。

ただどんな事を語ったのかは分かっていません。

稀咲は半間に自分はピエロ(道化)と話した

稀咲はエマを始末するために自ら手を汚しに行く際、半間に自分はピエロである事を告げていました。

同時に欲しいものは絶対に手に入れると言っていたのです。

道化とは滑稽な格好や言動などをして他人を楽しませる者の総称となっています。

稀咲は自分は道化であり、主役になれない事を自覚していて、そのために主役の顔として相応しいマイキーのカリスマ性を利用して操り人形をして東卍を影から牛耳ろうとしていました。

そして手に入れたい者はヒナタであり、彼女を手に入れるために暗躍していたのです。

話を聞いた半間はこれまで聞く事が出来なかった本音を知れたと嬉しそうにしていました。

まとめ

https://twitter.com/HPCpLEZ0Fjw1GMX/status/1596373578437791744

・半間は稀咲に呼ばれた事で出会い、半間は稀咲が気に入って駒になった

・半間は稀咲とずっと行動を共にし、彼が命を落とした時には墓の前で死神と道化について語り合う

最後まで読んでいただき、有難うございます!

★PICKUP

★この記事を読んだ人におススメ

【超お得!】東京リベンジャーズの原作マンガが全巻40%オフ!

実は東京リベンジャーズの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば東京リベンジャーズの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に東京リベンジャーズの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

PICKUP