東京リベンジャーズ/半間修二はタイムリーパー?目的や謎・黒幕説についても

★PICKUP

東京リベンジャーズは和久井健原作の青春ヤンキー漫画です。

それぞれのキャラが好きな人の為だったりチームの為だったり兄弟の為にと様々な理由で戦いに挑んでいく姿は熱いものがあります。

さらに個性豊かなキャラクターが登場しストーリーを展開していくのも人気の理由だと思われます。

そこで今回は「東京リベンジャーズ/半間修二はタイムリーパー?目的や謎・黒幕説についても」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

PICKUP

東京リベンジャーズ/半間修二はタイムリーパー?

半間修二(はんましゅうじ)は常に飄々としていて様々なチームを渡り歩き、その度に抗争に影響を与えるトラブルメーカーのような存在です。

かつては「歌舞伎町の死神」と言われるほど周囲から恐れられたほどの存在だったものの、当の本人は退屈していたようです。

そんな半間修二はタイムリーパーなのでしょうか。

半間修二はタイムリープできないしトリガーでもない

半間修二はタイムリープできないしトリガーでもないと判明しています。

半間は190cmもあり族仕様のバイクで逃亡しており、かなり目立つと思われるのに全く捕まる様子がない事からタイムリープして逃げているのかと考えられていました。

ですがそういった描写はなくただ上手く逃げているだけだった事や、半間がタイムリープする理由や目的も見当たらないと考えられています。

さらにトリガーになるには同じ目的がないとなれず、半間はタケミチにもヒナにも執着する理由がないのでトリガーでもないようです。

相棒の稀咲は佐野真一郎がタイムリーパーだと知っていた可能性がある

半間修二の相棒の稀咲は佐野真一郎がタイムリーパーだと知っていた可能性があります。

稀咲は真一郎が当時小6だったタケミチに、タイムリープの能力を譲渡した瞬間を見ていたからです。

11巻89話でタケミチ、ヒナ、稀咲の出会うシーンがありましたが、稀咲はこの時に真一郎とも出会っていたので、タイムリープの事を知っていたと考えられます。

半間はもう1人のタイムリーパーを稀咲に聞いた可能性がある

半間はもう1人のタイムリーパーを稀咲に聞いた可能性があります。

稀咲鉄太がタケミチがタイムリーパーだという事を誰かから聞いたというような発言をしていたうえに、自分がトリガーだと思わせるような事も言っていました。

なので稀咲から聞いたという可能性があると考えられるのです。

半間と佐野真一郎は同一人物ではない

半間と佐野真一郎は同一人物ではありません。

まず佐野真一郎は1980年生まれ、半間は1989年生まれなので年齢が違いますが、タイムリープでどうとでもなるのでは?という意見もあるようです。

また、真一郎がタイムリーパーになったのはマイキーの為ですが半間にマイキーを助ける理由が見当たりません。

もし半間に助けたいという人物がいるとしたら稀咲ではないでしょうか。

東リベ/半間修二の目的や謎・黒幕説について

半間修二の目的や謎・黒幕説について調べてみました。

半間修二は何を考えているのか分からないタイプなので目的があるのか、何がしたいのか不明なところがあります。

また行く先々のチームでトラブルになるよう導いている点を考えると黒幕説もありそうです。

過去や現代で一度も死亡しておらず怪しい

半間は過去や現代で一度も死亡しておらず怪しいと言われています。

東京リベンジャーズでは死亡するキャラが多数いるのに半間修二は1度も死亡していません。

ドラケンと戦ったりマイキーの蹴りを受けたりしているにも関わらず、全く死なないのは逆に不自然ではないでしょうか。

半間の目的は稀咲の楽しいショーを見ること?

半間の目的は稀咲の楽しいショーを見ることです。

飽きっぽくどんなに強くても退屈、ダルいと言う半間が、唯一生き生きとするのは稀咲鉄太といる時でした。

誰かの下に付くのを嫌がりそうな半間が稀咲に協力する理由は「自分を楽しませてくれる稀咲の楽しいショーを見られるから」です。

稀咲といる半間は本当に楽しそうで、稀咲が死んだ時に泣いた半間に驚いた方も多かったのではないでしょうか。

半間修二は黒幕でラスボスなのか?

半間修二は新宿の歌舞伎町では恐れられていた存在だったものの、刺激のない毎日が退屈だと感じていました。

なので自分が楽しめるなら他人が傷つこうが気にしない冷酷な部分があり、実際に稀咲鉄太と組んで何度もタケミチの前に立ちはだかります。

そんな半間修二は黒幕でラスボスなのでしょうか。

稀咲と常に一緒いる為黒幕と思われていた?

半間修二は稀咲と常に一緒いる為黒幕と思われていたのでしょうか。

半間が唯一行動を共にしていたのは稀咲鉄太で、稀咲が行くところに半間が着いていくといった感じです。

半間が裏で稀咲を操り、タケミチたちを苦しめ翻弄した黒幕と見えたのかもしれません。

半間修二は黒幕・ラスボスではない

半間修二は黒幕・ラスボスではないと言われています。

タケミチのようにヒナを守りたいという明確な目的があるわけではなく、ただ稀咲と一緒にいれば楽しめるというだけの理由で動いている半間がラスボスというのは、無理がある気がします。

ただ、ドラケンと互角に戦える強さや平気で人を裏切る残忍さは、黒幕じゃなくて良かったのかもしれません。

関東事変までの黒幕は稀咲鉄太

関東事変までの黒幕は稀咲鉄太です。

関東事変は2006年2月22日に起きた東京卍會100名と天竺400名の総勢500名に及ぶ史上最大の抗争をいいます。

佐野真一郎の死で廃人同然になってしまった黒川イザナに稀咲が声を掛け、「マイキーをトップにして日本の裏社会を牛耳る最強の犯罪組織を作る」という目的の為に東京卍會潰しを実行しました。

ラスボス・黒幕はマイキーの黒い衝動だった

ラスボス・黒幕はマイキーの「黒い衝動」だったのでしょうか。

マイキーの黒い衝動を抑えていたのは、佐野真一郎、場地圭介、佐野エマだったのですが、この3人がいなくなってしまった事でマイキーの黒い衝動が発動してしまいます。

黒い衝動に呑まれたマイキーは殺人鬼となり誰彼構わず殺してしまった事から黒幕・ラスボスと考えられているようです。

まとめ

半間修二はタイムリープできないしトリガーでもない。

相棒の稀咲は佐野真一郎がタイムリーパーだと知っていた可能性がある。

半間はもう1人のタイムリーパーを稀咲に聞いた可能性がある。

半間と佐野真一郎は同一人物ではない。

過去や現代で一度も死亡しておらず怪しい。

半間の目的は稀咲の楽しいショーを見ること。

稀咲と常に一緒いる為黒幕と思われていた。

半間修二は黒幕・ラスボスではない。

関東事変までの黒幕は稀咲鉄太。

ラスボス・黒幕はマイキーの黒い衝動だった。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

★この記事を読んだ人におススメ

【超お得!】東京リベンジャーズの原作マンガが全巻40%オフ!

実は東京リベンジャーズの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば東京リベンジャーズの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に東京リベンジャーズの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

PICKUP