<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

月が導く異世界道中/勇者は死亡・ボコボコになる?クズな理由も解説

『月が導く異世界道中』は主人公の深澄真を中心に、巴や澪など様々なキャラが 関わっていく物語です。

2024年1月から第二章が決定し勇者が登場する事も発表されましたが、勇者はなかなかのクズで話題になっています。

そこで今回は「月が導く異世界道中/勇者は死亡・ボコボコになる?クズな理由も解説」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人におすすめ

月が導く異世界道中/勇者(岩橋智樹)が死亡or 生きてる?ボコボコになる?

『月が導く異世界道中』で登場する勇者は”トモキ・イワハシ”と名乗っています。

深澄真が女神に”ブサイクだから”と拒絶された為に代わりの勇者の1人として召喚され、グリトニア帝国の勇者となりました。

そんな勇者(岩橋智樹)が死亡or 生きてる?ボコボコになるのでしょうか。

智樹が巴に喧嘩を売った

智樹が巴に喧嘩を売っています。

真とは別ルートで異世界に召喚された智樹は死亡説が囁かれていて、その理由は”智樹が巴に喧嘩を売ったから”というものです。

智樹は巴の日本刀を手に入れようと躍起になっていましたが巴が譲るはずもなく、仲間に誘っても断られる智樹。

なかなか日本刀を諦めない図々しい智樹に巴がキレて戦闘になりましたが、巴は強いので死亡するのではないかと言われています。

力を手に入れる為に寿命を削っている

智樹は力を手に入れる為に寿命を削っています。

智樹が力を手に入れる為には寿命を削らないといけないという点も、死亡説が浮上する理由の1つです。

真のように魔王レベルの魔力もなく巴や澪のような頼れる仲間もいなかったら、自身が力を手に入れるしかありません。

真を脅迫してボコボコにされた

智樹は真を脅迫してボコボコにされています。

智樹は真に仕返しをしたくて力を手に入れたものの、月読命の加護を受けている真の強さはハンパじゃありません。

真の性格を考えると仕返しという手段を嫌がりそうなので、理由や仕返しの内容によってはボコボコにされても仕方ないと思います。

勇者は最終回・最後に死ぬと考察

勇者は最終回・最後に死ぬと考察されています。

女神から空を駆ける事ができる銀靴(ぎんか)や限定的な状況に限り不死性を自分に与えられる月夜、全てのレベルの武器を使いこなせる才能を授けられました。

にも関わらず召喚後は魅了の力を使い様々な女性と関係を持った挙句、女神の加護が無い状態の時には戦う意思を見せないヘタレっぷりを晒しています。

こんな勇者なので最終回・最後に死ぬと考察されるのではないかと思われます。

勇者(岩橋智樹)がクズな理由を解説

勇者(岩橋智樹)はいわゆる豆腐メンタルの持ち主で、自爆テロを起こさせたり魅了の魔眼を使ってハーレムを作っています。

本人は全く気付いていないようですが、グリトニア帝国第ニ王女の手のひらで転がされているだけのようです。

そんな勇者(岩橋智樹)がクズな理由を解説していきたいと思います。

精神的に幼くヘタレな面が目立つ

勇者(岩橋智樹)は精神的に幼くヘタレな面が目立つ人物です。

真と大して変わらない年齢ですが、基樹は”引きこもりの中二病中学生のまま”勇者になっています。

勉強に関しても大した努力をしなくても中の上を維持出来るなどそれなりに優れているのですが、智樹は自身の才能に対する自覚がありませんでした。

“やればできる子”なのに面倒だからやらないというあたりが、精神的に幼くヘタレと言われているようです。

世の中を知らないかなりの世間知らず

勇者(岩橋智樹)は世の中を知らないかなりの世間知らずです。

見た目が良かった事から雑誌のモデルをやっていた事もありますが、その経験で世の中というものを学ばなかったと思われます。

残念ながら世間知らずの人の最大の特徴と言われている”自己中心的””目上の人を敬わない””責任感に乏しい”がモロに当てはまっています。

無礼祭と皮肉られている

勇者(岩橋智樹)は無礼祭と皮肉られています。

智樹と同じように女神に召喚された音無響に会食で”無礼講”と言いながら互いのレベルの差を理由にマウントを取ろうとします。

そしてレベルは自分の方が上であるので”さん付け”で呼べなどと言い、心底呆れ果てた音無響からは内心”無礼講ではなく無礼祭”だと皮肉られてしまいました。

女性を自身の性欲を満たす為の対象としか見なしていない

勇者(岩橋智樹)は女性を自身の性欲を満たす為の対象としか見なしていません。

自身の意志で魅了を使い落とした女性達を”自分が完璧な勇者になれば些細な問題だ”という身勝手過ぎる事を言い、ハーレムとして囲っています。

人間関係を自身の魅了で洗脳させて築く事しかしないので、他者の気持ちを考える事が出来ないのだと考えられます。

冷静に考えれば虚しいと思うのですが、精神面が幼いので気付かないのかもしれません。

勇者の力・国家権力・肉欲に溺れきって性根が腐っている

勇者(岩橋智樹)は勇者の力・国家権力・肉欲に溺れきって性根が腐っています。

腐っていると言われる大きな理由は”魅了で虜にした女性を特定の男達から力を貸してもらう為に差し出しすから”です。

“力のない者が実力以上の力を持つとロクな事にならない事もある”という典型的なパターンのようです。

真は巴や澪に夜伽を迫られても頑なに拒むのでなおさら智樹がクズに見えて仕方ない、という声も出ていました。

戦闘では不利になれば怯えて戦意を無くすほど情けない

勇者(岩橋智樹)は戦闘では不利になれば怯えて戦意を無くすほど情けない人物です。

自己中ではあるものの最高の装備や並外れたレベル、優秀なメンバーがいるという恵まれた環境にいます。

それなのに戦闘では自身が傷つかない安全圏からの攻撃をする、少しでも戦況が不利になれば怯えて戦意を無くす情けない勇者っぷりを見せました。

魅了された振りをしてるリリ皇女からも内心完全に軽蔑されている

勇者(岩橋智樹)は魅了された振りをしてるリリ皇女からも内心完全に軽蔑されています。

リリ皇女が”女神がくれた玩具で屑な上に卑怯で臆病な勇者”と完全に軽蔑しつつも肉体関係を持っているのは自分の元へ繋ぎとめる為だけの手段だからです。

さらに最悪な事に”帝国の多数の女性貴族達が魅了で落とされ寝取られてしまったばかりか、その中には妊娠した女性も数知れず”という事実も判明しています。

こんな勇者はさっさと真にフルボッコにされればいいのに、と思うファンもかなりいるのではないでしょうか。

巴から救いようの無い屑と唾棄されている

勇者(岩橋智樹)は巴から救いようの無い屑と唾棄されています。

巴からは初対面で魅了の効果を見抜かれた挙句”気持ち悪い視線”だの”仮にも勇者が魔眼を使った人形遊びとは良い趣味とは言えない”と指摘されるほどです。

さらに”与えられた能力と権力に溺れて自身の欲しか見えていないとは期待外れ”とも言われています。

そんな智樹は魔眼の支配から解放されたライムの言葉に激高し、ライムを瀕死にさせた事で”救いようのない屑”とまで言われます。

物語が進むにつれて他者の尊厳を躊躇なく奪い自身の欲望の赴くままに行動する性格は魔王以上の脅威と考えられているようです。

その為”世界を救う勇者ではなく世界に破滅をもたらす災厄”としての印象が強くなってしまいました。

まとめ

・智樹が巴に喧嘩を売った。

・力を手に入れる為に寿命を削っている。

・真を脅迫してボコボコにされた。

・勇者は最終回・最後に死ぬと考察。

・精神的に幼くヘタレな面が目立つ。

・世の中を知らないかなりの世間知らず。

・無礼祭と皮肉られている。

・女性を自身の性欲を満たす為の対象としか見なしていない。

・勇者の力・国家権力・肉欲に溺れきって性根が腐っている。

・戦闘では不利になれば怯えて戦意を無くすほど情けない。

・魅了された振りをしてるリリ皇女からも内心完全に軽蔑されている。

・巴から救いようの無い屑と唾棄されている。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得!】月が導く異世界道中の原作マンガが全巻40%オフ!

実は月が導く異世界道中の漫画を全巻40%オフで読む方法があります。

この方法を使えば月が導く異世界道中の原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に月が導く異世界道中の漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

☆この記事を読んだ人におすすめ
✔︎Check
 
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする