チェンソーマン/地獄で死亡o脱出・帰還する?死ぬ時の音についても




チェンソーマンは、謎が多くバトルを強いられるホラーアクション作品です。

チェンソーマンをはじめ、主要キャラクターにも謎が多いのが特徴ですよね。

今回の記事では、チェンソーマンの地獄で死亡o脱出・帰還する?

死ぬ時の音についても解説していきます。

それではさっそくみていきましょう。

★PICKUP

スポンサーリンク



チェンソーマン/地獄で死亡or脱出・帰還する?

チェンソーマンでは、物語が続くにつれて裏切りや自分自身の破滅により死亡する事が多々あります。

もはや「チェンソーマンで死は避けられない」と言っても良いでしょう。

地獄に行ったキャラクターやチェンソーマンは、脱出できるのでしょうか?

死亡してしまうか、無事帰還できるのかが気になります。

子供3人とおじいちゃんのサンタクロースの心臓を代償にした

サンタクロースのおじいちゃんは悪魔を狩るデビルハンターです。

しかし、おじいちゃんの目的は美男美女3人を契約に使う事、1人は遊びに使う事で4人の人間を従えていました。

サンタクロースのおじいちゃんは人形の悪魔であり、付き添わせていた子供と美男美女の命を代償に地獄にいる闇の悪魔と契約を結んでいたのです。

サンタクロースのおじいちゃんは闇の悪魔と契約を結ぶ事で心臓も捧げ、「人形の悪魔」として作中で登場することとなります。

闇の悪魔が11人の腕を切断

闇の悪魔は地獄に存在し、闇の悪魔のテリトリーである地獄にむやみに入られる事を嫌います。

早川アキや天使の悪魔たちは闇の悪魔に上でを切断されました。

合計で11人の腕が切断されています。

あっさり腕が切断されてしまいました。

マキマがトーリカを代償に契約して現世へ帰還

トーリカはロシアのクールな男性。

マキマは蜘蛛の悪魔が死亡した事によって、地獄に招かれてしまいました。

師匠に悪魔の力を使われ、トーリカは人形化。

マキマはサンタクロースに対し、「人形にする能力を、トーリカに使いたかっただけだ」と判断し、トーリカをささげます。

トーリカは永遠に人形や、闇の悪魔と住む世界にいる事となりましたが、マキマ達は無事に現世に帰還しました。

マキマを倒すために公安が地獄の悪魔と契約

地獄の悪魔は、地獄に住んでいるわけではなく、地獄に堕とす事が出来る能力を持っています。

サンタクロースの契約悪魔でしたが、マキマの危険性に気付いた公安は、地獄の悪魔と契約を結びました。

公安はマキマ対策部隊を設け、地獄の悪魔と契約後、マキマと対戦します。

しかし、マキマは地獄のヒーローを再生し、公安のマキマ対策部隊をバラバラにし、公安はマキマに敗北する事になりました。

地獄での死亡キャラ

チェンソーマンでは地獄に落ちる人物は人だけでなく、魔人もいます。

刺客というチェンソーマンを倒す事を目的とした人物もいますよね。

チェンソーマンの地獄での死亡キャラをまとめてみました。

簡潔に、なぜ死亡したかも記載してあります。

これからチェンソーマンを観ていく方はぜひ参考にしてください。

日下部

日下部は眼鏡とキッチリまとまった髪型が印象的で、「デビルハンターのエキスパート」とも呼ばれていました。

マキマたちと行動を共にするものの、地獄編で日下部は死亡します。

サンタクロースが闇の悪魔と契約し、日下部に躊躇なく攻撃、日下部は防御をしました。

しかし、日下部が作った石の悪魔は闇の悪魔には抗えず、日下部は死亡します。

ビーム

ビームの死に方はとてもグロテスクでした。

ビームは元々サメの魔人で、口が大きかったり目が複数あるという特徴的な顔立ちをしています。

サンタクロースによって地獄に招かれ、地獄では闇の悪魔との闘いを強制執行。

大剣で一刺しされ、串刺し状態でビームは死亡します。

暴力の魔人

暴力の魔人はガスマスクを付けたような仮面を持ち、毒を吸う事で魔人の強すぎる力をおさえています。

チェンソーマンの主要人物たちと仲良くなり、「暴力」のイメージとはかけ離れた優しさを持っていました。

しかし、闇の悪魔によって地獄に落ちた際、コベニに暴力の魔人は外してはいけない仮面を外させます。

真の力をだし、闇の悪魔と戦いますが、結果は瞬殺でした。

蜘蛛の悪魔

蜘蛛の悪魔はマキマと契約を過去していた悪魔です。

下半身が蜘蛛の形をした女性で、単独行動を度々起こしました。

単独行動を好む蜘蛛の悪魔は地獄へ行き、闇の悪魔と出会ってしまいます。

戦いを試みるも、返り討ちにされ死亡するだけではなく、マキマ自身も地獄に行くきっかけとなりました。

ピンツィとロン

ピンツィとロンは魔人で、能力の詳細は分かっていないものの、強い信頼を持っています。

ピンツィはデータ能力に長けており、ロンは「龍」をもじったのではないかと言われ、炎の操作が可能。

しかし、サンタクロースの能力である「人や魔人を人形に変える」という能力をピンツィとロンは受けます。

結果的に、人形となってしまったピンツィとロンは生きる事も死ぬ事も出来ず、戦闘不可の状態で終わってしまいました。

地獄で死ぬ時の音について

スポンサーリンク



チェンソーマンでは、地獄で死亡する時に不気味な音が聞こえます。

また、公安たちは地獄で死ぬ直前に「音」を聞いていたという描写もあるため、地獄で死亡する時の音は死亡のスイッチに近いものでしょう。

チェンソーマンで死亡する時の音が気になりますね。

死亡する時の音の詳細について解説していきます。

地獄で死んだ悪魔は記憶がなくなりチェンソーの音だけ覚えている

チェンソーマンでは公安の悪魔たちが死ぬ直前にチェンソーの「ギギギギ」という音だけを覚えています。

記憶は一切なくなるものの、チェンソーの音だけは覚えているという実に奇妙なものです。

また、チェンソーの「ブゥン」というエンジン音を聞いたという証言も作中ではしています。

チェンソーマンは地獄で死亡する時に重要な役割を起こしていると言えるでしょう。

チェンソーマンは地獄のヒーローだった

チェンソーマン自体は頭にチェンソーがはさまった、小さいからだで可愛らしい印象があります。

しかし、マキマはチェンソーマンに対し「ヒーローだ」と発言していました。

チェンソーマンは、地獄の中で「助けて、チェンソーマン」と呼ばれる事で召喚されます。

チェンソーマンの作中でヒーローの召喚方法は「助けて、〇〇」と名前を呼ぶこと。

つまりチェンソーマンは地獄のヒーローだった事がコミックス83話で判明します。

チェンソーマンは助けを呼んだ者を助けている

チェンソーマンは、あくまで地獄のヒーローなので、地獄で召喚されない限り登場しません。

しかし、「助けて、チェンソーマン」という召喚呪文を唱えられるとチェンソーマンはすぐにやってきます。

敵をチェンソーで倒し、「ブウン」というエンジンをならせば何度も再生可能。

チェンソーマンは助けを呼んだものを助けていたので、「悪か正義か」は関係なく、召喚呪文を使ったもののピンチを倒すチート的存在です。

まとめ

・チェンソーマンでは地獄はサンタクロースのおじいちゃんが美男美女と子供4人、サンタクロースの心臓をささげ、闇の悪魔と契約していた

・地獄での死亡キャラは日下部、ビーム、暴力の魔人、蜘蛛の悪魔

・蜘蛛の悪魔によってマキマも地獄に招かれてしまう

・ピンツィとロンはサンタクロースの「人形化」の能力を使われ人形化し、永遠に操り人形になる

・闇の悪魔は腕を切り落とす事が決まりで、宇宙飛行士11人の腕を切り落とした過去がある

・マキマはトーリカの人形化を利用し、地獄から帰還する

・公安のマキマ対策部隊も闇の悪魔と契約するも、地獄のヒーローであるチェンソーマンを呼び、返り討ちにする

・地獄で死亡した悪魔はチェンソーマンのエンジン音「ブウン」という音を聞いている

・チェンソーマンは地獄のヒーローで、「助けてチェンソーマン」と呼んだものだけを助ける

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得】チェンソーマンの原作マンガが全巻40%オフ!

スポンサーリンク



実はチェンソーマンの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばチェンソーマンの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にチェンソーマンの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

★PICKUP