<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

怪獣8号のナンバーズ・武器一覧!装備についても

「怪獣8号」は人間と怪獣が戦うアクション漫画で、2024年春にはアニメ化も決まっている人気作品です。

作中で人間が戦う際に識別怪獣兵器・ナンバーズという武器があり、限られた人間のみではありますが使用できる事が分かっています。

そこで今回は「怪獣8号のナンバーズ・武器一覧!装備についても」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人にオススメ

怪獣8号のナンバーズ・武器一覧!

怪獣8号には怪獣と戦う為の武器が存在し、その中には識別怪獣兵器・ナンバーズという武器が存在します。

この武器は特に怪獣と戦う際に大きな威力を発揮する貴重な物です。

ここでは怪獣8号のナンバーズ・武器一覧を紹介していきます。

※能力と使用者を記載する

識別怪獣兵器:Rt-0001

識別怪獣兵器:Rt-0001(レティーナ-0001)は鳴海弦が使用する兵器です。

怪獣1号の網膜から作られた日本最古の兵器で、コンタクトレンズのように目に装着します。

相手の体内から発する電気信号を察知し、動きを先読みする事が可能で鳴海が覚醒してからは非生物にも対応できるようになりました。

識別怪獣兵器:FS-1002

識別怪獣兵器:FS-1002は四ノ宮功長官が使用する兵器です。

怪獣2号から作られた兵器(アーム)で破壊力は桁違いで、ソニックブームを使った広範囲の攻撃を可能にしました。

さらにシールドも張れるので防御も出来ます。

識別怪獣兵器:ナンバーズ4

識別怪獣兵器:ナンバーズ4は四ノ宮ヒカリ / キコルが使用する兵器です。

識別怪獣兵器の中で唯一飛行可能で、専用の電磁射出装置から出撃されると一瞬で現場に到着出来ます。

鎧のように全身に纏うタイプで、飛行する姿は”ワルキューレ(戦乙女)”とも呼ばれました。

識別怪獣兵器:ナンバーズ6

識別怪獣兵器:ナンバーズ6は市川レノが使用する兵器です。

過去最強レベルの怪獣で、群発災害を引き起こし四ノ宮ヒカリが戦い命を落とした怪獣6号を兵器化しています。

長年適合者が現れなかった兵器で部分的に凍らせる能力があり、この兵器は急速に成長を遂げた市川レノが使用する事になりました。

識別兵器:ナンバーズ10

識別怪獣兵器:ナンバーズ10は保科宗四郎が使用する兵器です。

立川基地を襲撃した怪獣10号は生きたまま捕獲され”自分を兵器にしてほしい”と提案した事から兵器にされ、保科が適合者となりました。

尻尾があるのが印象的で能力は明かされておらず、胸元には10号の顔にあった目がついています。

兵器自身に意志があるため疎通に時間はかかったものの、最終的には解放戦力100%を引き出しました。

怪獣8号の装備について

防衛隊員は怪獣討伐の際には防衛隊スーツや武器を使用します。

これらの兵器を作っているのは、日比野カフカの同期の出雲ハルイチの親が経営している対怪獣兵器製造の国内最大手”出雲テックス”です。

そこで怪獣8号の装備についても調べてみました。

一般隊員が使う防衛隊武器

怪獣8号で一般隊員が使う防衛隊武器のほとんどがライフルや拳銃のような銃タイプを使用します。

ライフルに使用するソケットはユニソケットと言い、怪獣の特性を発揮する器官(ユニ器官)とそこから分泌された物を収納できるソケットがあります。

そのユニソケットには凍結弾や炸裂弾などがあり、隊員たちは怪獣ごとに効果を発揮できるユニソケットを選んで戦います。

生身の人間が恐ろしい怪獣と戦うには武器を装備しないと戦えないので、科学の力は防衛隊員にとって欠かす事のできない重要なものと言えます。

防衛隊スーツ

防衛隊スーツとは防衛隊員が怪獣討伐時に着るスーツを指し、怪獣の細胞や筋繊維が組み込まれた生体兵器です。

解放戦力が高ければ高いほどスーツと深く同調して強力な力を引き出せます。

身体と一体化したような同化感覚があって、筋力レベルが上がったように感じると言われています。

亜白ミナの専用武器:T-25101985

亜白ミナの専用武器はT-25101985です。

作中で巨大な機関銃を使用する姿が描かれており、装填可能な数は5発と言われています。

1発で本獣を仕留められるほどの威力なので反動もそれなりにあると思われ、ミナが反動に負けないよう伐虎(ばっこ)が後ろから支えてサポートしている可能性が高いです。

威力はあるものの5発しか打てない、装填に時間がかかるなどのデメリットもあります。

対大型怪獣固定電磁砲レールガン

亜白ミナの武器は対大型怪獣固定電磁砲レールガンです。

この武器はコミック第75話でミナの新しい専用武器として登場しました。

名前は”対大型怪獣固定電磁砲レールガン・ケラウノス”と言い、20km離れた場所から大型怪獣を2体同時に討伐できるほどの桁違いの威力を誇っています。

この武器を使いこなす事から亜白ミナは、超大型キラーと呼ばれるようになりました。

保科宗四郎の専用武器:SW-2003・SW-1023

保科宗四郎の専用武器はSW-2003・SW-1023です。

SW-2003は二刀流で戦う際に使用し、SW-1023は一刀流で戦う際に使用する2本の短刀で小型や中型の怪獣と戦うのに適しています。

現時点で刀で戦うのは保科だけで、その理由は保科一族が室町時代から続く怪獣討伐一族だからです。

一族が代々刀を使用した戦闘方法なので保科もそれに倣っている形ですが、刀伐術は1式〜6式まであって素早いスピードで戦います。

しかし現在はナンバーズ10を使用して戦うようになりました。

鳴海弦の専用武器:GS−3305

鳴海弦の専用武器はGS−3305です。

大型の銃剣タイプで、波状攻撃可能な銃による連撃と斬ると同時に焼く刃による斬撃で怪獣を討伐します。

身体能力が高い鳴海がRt-1000と同時に使用するとさらに遠近関係なく戦う事ができます。

実力至上主義で四ノ宮長官に鍛えられた鳴海だからこそ使用可能な専用武器だと言えます。

四ノ宮キコルの専用武器:03Ax-0112

四ノ宮キコルの専用武器は03Ax-0112です。

巨大な斧で4種類の隊式斧術があり、トリガーで通電すると衝撃波が発生する仕組みになっています。

元々は四ノ宮ヒカリが使用しており、娘のキコルが受け継いだ形となりました。

巨大な斧で迷いなく戦うアグレッシブな攻撃を見た人たちからは、”四ノ宮キコルの為の武器だ”と評価されています。

四ノ宮功の専用武器:FS-1002

四ノ宮功の専用武器はFS-1002です。

怪獣2号を元に作り出されたスーツとアームで、凄まじいパワーを発揮する代償として体への負荷は相当なものとされています。

そのためFS-1002を使いこなせるのは昔も今も四ノ宮長官のみです。

攻撃だけではなく防御も優れていてシールド出力を全開にした際には、怪獣8号のパンチにも耐えてみせました。

まとめ

・怪獣8号のナンバーズ・武器一覧

・識別怪獣兵器:Rt-0001。

・識別怪獣兵器:FS-1002。

・識別怪獣兵器:ナンバーズ4。

・識別怪獣兵器:ナンバーズ6。

・識別兵器:ナンバーズ10。

・怪獣8号の装備について。

・一般隊員が使う防衛隊武器。

・防衛隊スーツ。

・亜白ミナの専用武器:T-25101985。

・対大型怪獣固定電磁砲レールガン。

・保科宗四郎の専用武器:SW-2003・SW-1023。

・鳴海弦の専用武器:GS−3305。

・四ノ宮キコルの専用武器:03Ax-0112。

・四ノ宮功の専用武器:FS-1002。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得!】怪獣8号の原作マンガが70%オフ!

怪獣8号の漫画を70%オフで読む方法があります。

この方法を使えば怪獣8号の原作の漫画を70%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

下記の記事では怪獣8号に関する記事を一覧にしてまとめています。

各キャラクターや用語等について更に深くチェックする事が出来ますよ!

☆この記事を読んだ人にオススメ
✔︎Check
 
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする