黒崎真咲の死因は聖別?死後はソウルソサエティ(尸魂界)にいない?




ジャンプにて連載していた大人気漫画「ブリーチ」。

主人公黒崎一護の母親である黒崎真咲は、黒崎一護の目の前でホロウ(虚)であるグランドフィッシャーに襲われ死亡しています。

物語の序盤では黒崎真咲の死因はあまり詳細に語られていませんでしたが、千年血戦編ではその真相が明かされていました。

その死因には、ヴァンデンライヒ(見えざる帝国)の皇帝ユーハバッハが行ったアウスヴェーレン(聖別)が関わってきます!

こちらの記事では黒崎真咲の死因は何だったのか、また死後の黒崎真咲はソウルソサエティ(尸魂界)にいないのかについて詳しく解説していきたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう!

★PICKUP

スポンサーリンク



【ブリーチ】黒崎真咲の死因を解説

黒崎真咲は一護が9歳の時、6月17日にグランドフィッシャーに襲われ死亡しています。

グランドフィッシャーは人間の姿を模した疑似餌を備えたホロウ(虚)ですね。

少女の姿をした疑似餌につられた一護をかばったことで、黒崎真咲はグランドフィッシャーに殺されてしまいます。

しかし黒崎真咲はクインシー(滅却師)であり相当な実力者でした。

そんな黒崎真咲が一護をかばったとはいえ、なぜグランドフィッシャー程度のホロウ(虚)に殺されてしまったのでしょうか?

その理由について詳しく見ていきましょう!

アウスヴェーレン(聖別)の影響で弱体化

アウスヴェーレン(聖別)とはヴァンデンライヒ(見えざる帝国)の皇帝ユーハバッハの能力の一つです。

ユーハバッハは自身の力を他人に分け与えることができます。

分け与えた者が死亡すると、自身がそれまでに経験したことや成長して得た力がユーハバッハのものとして返ってきます。

そしてアウスヴェーレン(聖別)の能力はというと、力を分け与えた者からその経験や力を強制的に奪うことが出来るというものになります。

ユーハバッハは自身の力を蓄える為に、9年前の6月17日にアウスヴェーレン(聖別)を行っています。

黒崎真咲はそのアウスヴェーレン(聖別)の影響を受け、クインシー(滅却師)としての力を奪われてしまい弱体化しています。

相手の承諾なく一方的に力を奪う能力がアウスヴェーレン(聖別)です。

クインシー(滅却師)は皆、突然力を奪われる危険性があると考えると恐ろしい能力ですね!

ゲミシュト・クインシー(混血統滅却師)だった為アウスヴェーレンの対象になる

9年前の6月17日にユーハバッハが行ったアウスヴェーレン(聖別)。

その対象になったのは、ゲミシュト・クインシー(混血滅却師)です。

黒崎真咲は代々クインシー(滅却師)の一族である黒崎家の生まれです。

そのため黒崎真咲はエヒト・クインシー(純血滅却師)なのですが、9年前のアウスヴェーレン(聖別)では対象に含まれています。

黒崎真咲は高校生の時にホワイトと呼ばれるホロウ(虚)と戦っており、その際に受けた傷が原因でホロウ(虚)化している過去があります。

このホロウ(虚)化により、黒崎真咲はエヒト・クインシー(純血滅却師)ではないと判断され、アウスヴェーレン(聖別)の対象になってしまったということが考えられます。

ここでゲミシュト(混血)と判断されていなければ、黒崎真咲の今後の結果も変わっていたと思うと複雑ですね。

最後は一護を守りグランドフィッシャーにより死亡

9年前の6月17日に行われたアウスヴェーレン(聖別)によって、黒崎真咲はクインシー(滅却師)の力を失ってしまいます。

そしてこの日に、黒崎真咲はグランドフィッシャーに襲われることとなります。

グランドフィッシャーの疑似餌につられた一護をかばう形で、黒崎真咲はグランドフィッシャーに襲われました。

本来の黒崎真咲の実力であればグランドフィッシャー程度には負けることはないのですが、その日はアウスヴェーレン(聖別)が行われた日です。

アウスヴェーレン(聖別)により黒崎真咲はクインシー(滅却師)の力を失っており、抵抗できないままグランドフィッシャーに殺されてしまいます。

力を失っていたとしても、一護を守るために勝ち目のないホロウ(虚)に対して向かっていくところはやはり母親として我が子を救いたいという強い思いからの行動なのだと思います。

黒崎真咲が死後ソウルソサエティ(尸魂界)にいない理由

スポンサーリンク



ブリーチの世界には、現世・ソウルソサエティ(尸魂界)・ウェコムンド(虚圏)の3界が存在します。

現世の人間が死ぬと、その人間の魂魄はソウルソサエティ(尸魂界)に行くことになります。

しかし黒崎真咲は現世で死にましたが、ソウルソサエティ(尸魂界)に存在する描写はでてきませんでしたね。

これはなぜなのでしょうか?

黒崎真咲がソウルソサエティ(尸魂界)にいない理由、そして黒崎真咲はどこにいるのかについて細かく見ていきましょう!

グランドフィッシャー・虚(ホロウ)に魂を喰われて魂が消滅

黒崎真咲が死後、ソウルソサエティ(尸魂界)にいない理由は死因に関わってきます。

通常であれば人間は死後にソウルソサエティ(尸魂界)にいくことになりますが、黒崎真咲はホロウ(虚)であるグランドフィッシャーに殺され食われてしまいます。

ホロウ(虚)に食われると、その者の魂魄は吸収されてしまいホロウ(虚)自身を構成する霊子になります。

黒崎真咲もホロウ(虚)に食われていますので、魂魄はホロウ(虚)に吸収されて消滅しています。

そのため、黒崎真咲はソウルソサエティ(尸魂界)にはいない、ということになります。

ソウルソサエティ(尸魂界)で黒崎真咲と一護が再会できると良かったのですがそれは難しいようですね。

ホロウとしてウェコムンド(虚圏)にいる可能性はある

黒崎真咲がソウルソサエティ(尸魂界)にいない理由はわかりましたが、もうどこにも存在しないのでしょうか?

一つの可能性として、黒崎真咲はホロウ(虚)としてウェコムンド(虚圏)にいると考えることができます。

元十三番隊副隊長の志波海燕の場合ですが、ホロウ(虚)であるメタスタシアとの闘いで、ホロウ(虚)と融合してしまいます。

その状態で戦死した志波海燕もソウルソサエティ(尸魂界)にはいません。

しかし、メタスタシアはのちにウェコムンド(虚圏)にて復活しています。

そして、エスパーダ(十刃)のアーロニーロ・アルルエリに取り込まれていますが、彼の能力によりメタスタシアと融合していた志波海燕の姿形や記憶、口調、仕草が再現されていました。

グランドフィッシャーも黒崎一護と戦う際に、自身の疑似餌に黒崎真咲の姿を再現していました。

メタスタシアと同様にグランドフィッシャーがウェコムンド(虚圏)にて復活している場合は、黒崎真咲の姿の再現が可能となりますね。

ということは、ウェコムンド(虚圏)にて黒崎真咲の姿形を見ることが可能かもしれません。

ですが魂魄自体は既に消滅しているため、本物の黒崎真咲に会うことは叶わないと考えられます。

会いたい人にとっては、姿形だけでもいいから一目会いたいと思うのかもしれませんね。

ただ本当の黒崎真咲に会えないのだとするとやはり悲しいものです。

まとめ

・黒崎真咲の死因にはユーハバッハのアウスヴェーレン(聖別)が関わっている。

・黒崎真咲の最後は一護をかばい、グランドフィッシャーに殺された。

・黒崎真咲はグランドフィッシャーに食われたため、魂が消滅している。

・黒崎真咲はホロウ(虚)の一部として、ウェコムンド(虚圏)にいる可能性がある。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP