涅マユリ様は隊員・部下を人間爆弾にして裁判になる?許されたか解説




2022年10月に新しくアニメが放送される事で、人気再沸騰中のバトルファンタジー作品BLEACH。

普通の人間であり、高校生だった黒崎一護が「死神代行」として数多の世界を渡り歩くという内容は、斬新な切り口であり、原作者である久保帯人先生の力作でもありますね。

BLEACHの中でも涅マユリは最初から「うさんくさい」「不気味」なキャラクターであり、マユリを最初は「怪しい」と思っていた方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、涅マユリ様は隊員・部下を人間爆弾にして裁判になる?

許されたかを解説していきたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう!

★PICKUP

スポンサーリンク



ブリーチ/涅マユリ様は隊員・部下を人間爆弾にして裁判になる?

涅マユリは「死神の代償」に詳しく、研究に没頭する姿、またメイクや洋服で存在が怪しすぎる・・・だけではないのです。

マユリは十二番隊隊長ですが、「闘いの為なら仲間の命は問わない」と言った残忍さも見せる事から、他の死神達から反感を買う事もしばしば。

また、マユリ自身「死神としての研究を死神でありながら進める」のはとても危険ですよね。

マユリは「死神たるもの、犠牲になっても良いだろう」という信念のもと、隊員や部下を攻撃材料にしていました。

まずは涅マユリ様は隊員・部下を人間爆弾にして裁判になってしまったかを解説してきます。

石田雨竜との戦闘で隊員・部下を人間爆弾にした

石田雨竜との戦闘でのマユリの行為は読者の中でも「いかがなものか」と議論を交わされるほどの残忍っぷりだった事が明らかになっています。

石田雨竜の祖父を玩具同然に扱い、隊員や部下を捕えては人間爆弾にして攻撃するものの敗北するといった「人騒がせでは済まない」レベルの行為をしてしまいました。

マユリは一連の自分の行為を雨竜に伝え、雨竜はとてつもない怒りをマユリに覚えます。

正直怒るのは「人として当たり前の感情」であり、またその後雨竜はマユリに対しての思いに自身で区切りを付けていた事で雨竜とマユリの確執は終わったように見えました。

小説で正当化された

個人的な考察ですが、雨竜戦でのマユリの行動が行き過ぎていた事から、サイトをはじめ、様々なSNSで「マユリは悪人」という酷評が立った事で、小説版BLEACHではあえてマユリの行動を描写したと考えています。

小説版ではマユリの行動は「あの戦闘においては間違った行動ではない」とされているんですね。

また、雨竜も最初こそマユリに怒りを覚えたものの、後に雨竜自身で死に別れた祖父達への想いに区切りをつけた事から、マユリには普通に接しているのもポイントでしょう。

あくまで番外編である小説版BLEACHで正当化されたマユリの闘いですが、「本編では正当化するには厳しかった」とも言えます。

破面篇後に中央四十六室で裁判になる

中央四十六室とはソウルソサエティ(尸魂界)でいう裁判所であり、死神の闘いにおいてのルールをただす最高司法機関です。

破面篇でもマユリは朽木白哉はじめ、護延十二番隊隊員から指摘を受けるほど研究に没頭しすぎていました。

データベースとして保存したいが為に敵の遺体を次々と回収するなど、ホロウ(虚)を倒すのが大前提の死神として行き過ぎた行為をしていたマユリ。

マユリは十二番隊隊長ではありますが、マユリ自身はあくまで自分を「研究者である」と語っていた事から、一連の行動も少しは理解できるのではないでしょうか。

しかし行き過ぎた行動をふまえ、マユリは中央四十六室にて裁判にかけられることとなりました。

BLEACH/涅マユリ様は許されたか解説

スポンサーリンク



涅マユリは仲間や敵をまるで玩具の様にし攻撃していた事だけでなく、遺体を回収し保管していた事も明らかになりましたね。

「研究が本分であり、誰が何を言おうと私には関係ない」と語るマユリですが、周囲もマユリと同じ意見を持たないというのが世の常です。

物語の中盤では行き過ぎた行動から中央四十六室にて裁判にかけられてしまったマユリ。

果たして無事許されたのでしょうか?

中央四十六室の目的は涅マユリを手駒にしようとした

中央四十六室にはある野望があり、マユリを裁判にかける事でマユリを手駒として扱いたいというものでした。

現に四十六室は今までのマユリのクインシー(滅却師)の実験を黙認していたのです。

あくまで「周りを気にせず、研究に没頭する」マユリの姿を認知していた四十六室はあえてマユリの行動を黙認し、裁判にかけるところで「駒にするか、しないか」を決めようとしていました。

ある意味「取引」とも言えますよね。

中央四十六室が襲撃され裁判は中止

中央四十六室は藍染惣右介の裏切りにより裁判の途中でしたが全滅してしまいます。

そして、マユリの裁判どころか今まで死神として強く、優しい隊長であった藍染が裏切り者であったという事が発覚したため、裁判は緊急中止を余儀なくされました。

あくまで個人的にマユリはとても悪運が強いなと私は感じます。

マユリ自身は嫌いではありませんが、やってきたことはやはり許されるかどうかはかなりのグレーゾーン。

しかし、藍染というBLEACHにおいて最大の裏切り者の登場によって裁判が中止となった事は正直マユリにとってはラッキーだったとは思いませんか?

その後の裁判のシーンはない

中央四十六室が襲撃され、四十六室が全滅した後はマユリの裁判シーンは一切ありません。

四十六室は藍染によって全滅し、新たに入れ替わらなければならなかったためでしょう。

マユリの行き過ぎた行動は雨竜によって区切りを付けられ、雨竜が口にはしませんが「許した」事も印象深いですよね。

襲撃後は藍染の裏切りの理由について言及していくため、四十六室とマユリの裁判シーンはなくなったのです。

涅マユリの判決は不明

裁判にかけられ、一時は「マユリは処刑されるのでは」と思った方も多いのではないでしょうか?

しかし四十六室の真意は「駒として使う取引がしたかった」事が明らかになりましたね。

そして、四十六室は藍染に襲撃されてから全滅してしまった為、マユリの裁判の本来の「マユリを手駒にしたい」という目的も継げなかった事から判決は不明になっています。

BLEACH内において死神とは「正義を成す為には己の命も差し出す事」が正義とされている為、マユリの行動はグレーであり、判決を下すには厳しいと言えるでしょう。

まとめ

・涅マユリは雨竜との闘いで雨竜の祖父をはじめ、部下たちを燃やし戦い敗北し、雨竜から一時は反感を買う

・小説版では正当化されるものの、四十六室に裁判にかけられてしまう

・四十六室の目的は涅マユリを手駒にする事であり、藍染の襲撃により四十六室が全滅したため裁判は中止となり、判決も不明となってしまった

・未だに様々な議論がなされる涅マユリの行動は、非情ではあるかもしれないが「死神」としての正義を全うした行いであり、これからもBLEACHを騒がせる事間違いなしのキャラクターであるという事!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP