ブリーチ/涅マユリ様は最後まで死亡しない!最終回やラストについても




あまりの人気の高さから、連載が終わってもなお2022年10月には新しいアニメも開始されるBLEACH。

ジャンプ作品でありながら、バトル以外にも人間関係の複雑さ、現実の報われなさも忠実に描写されており、読者も多かったのではないでしょうか。

今回はBLEACHでも「死神の研究」に没頭している事で有名な涅マユリについて考察していきたいと思います。

胡散臭さがいまいち脱ぎ取れない人物ですが、BLEACH内で超重要人物とされていますね。

涅マユリ様は最後まで死亡しない!

最終回やラストについても解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

★PICKUP

スポンサーリンク



ブリーチ/涅マユリ様は最後まで死亡しない

「マッドサイエンティスト」とも呼ばれる涅マユリですが、BLEACHの日常においても、バトルシーンにおいても「研究材料」や「データベース」を集め続けている印象が強いですよね。

「卍解の代償」についても最初に説明をしていた人物なので、BLEACHを読んだ事がある方なら知らない方はいないでしょう。

しかし、死神の研究には「代償」よりリスクが多いのでは、と個人的に考えます。

死亡されるかされないかギリギリのところで闘う死神についていくのはとても危険性がありますよね?

まずは、涅マユリ様は最後まで死亡しない事について解説していきましょう。

過剰成長によりペルニダを自爆させ勝利

ペルニダ戦は、日番谷冬獅郎ゾンビ化で有名なジジ戦の後の交戦でした。

霊王宮で平子真子と別行動する事になったマユリは、的確にペルニダの行動を予測し行動したいた事が漫画では描写されています。

マユリの能力である、疋殺地蔵と更木剣八の力をペルニダに吸収させました。

劇的な成長により、最初はマユリに対し「造作もない」と思っていたペルニダですが、マユリの手により自爆しマユリは勝利をおさめます。

ペルニダの神経の残骸で行動不能になる

ペルニダ戦で勝利をおさめたマユリですが、「ただ勝利した」訳ではありませんでした。

ペルニダの残した神経の残骸がマユリの邪魔をしてしまい、行動不能となってしまうのです。

マユリは確かに能力がありますが、やはり「心」の部分は死神達と等しく変わりません。

ジジ戦でも多くの隊員が戦闘不能となった後のペルニダ戦において、隊員不足でのマユリの闘いは圧倒的強さを持ちつつもリスクが高かっただろうと私は考えています。

ペルニダ戦の後に肉体保護瓶に入り眠りにつく

ペルニダに勝利した後、マユリはいつも一緒に研究をしてくれていたネムを亡くした事で絶望の淵にも立たされます。

いつもマユリは周りに迷惑だと思われかねない研究をし、隊長、副隊長からはしばしば叱られていたマユリでしたが、ペルニダ戦の後、マユリの研究は周囲の役に立っていたという事も実感できる場面がありました。

マユリに対しほぼ感謝の念を言わない日番谷冬獅郎や、班目一角、綾瀬川弓親をはじめとした隊員達から戦闘での研究開発に感謝の念を伝えられ、マユリは心打たれます。

感謝の念や、マユリが今までしてきた研究の事を思いつつ、マユリはしばし肉体保護瓶に自らも入り眠りにつく事を決めました。

最後まで死亡せず最終回でも登場して生存

おそらくBLEACH内で一番危険な人物ともいえるマユリですが、最後まで死亡せず、最終回でも眠八號に対してツッコミを入れたりと、元気な様子がうかがえます。

研究に没頭する姿も相変わらずで、時たまいじられる事も多くなってきた事が漫画版で描写されていますね。

BLEACH内でほぼ無敵・そしてとても危険と呼ばれるマユリは今まで死神達をなんだと思っていたのだろうか、という行動を取っていたといっても過言ではないでしょう。

しかし、最終回の和やかな雰囲気をみると、どうやら周囲とも溶け込み、無事仲良くなっている事が分かります。

獄頣鳴鳴篇(ごくいめいめいへん)でも登場

獄頤鳴鳴篇では、死神達にびっくりされながら登場しています。

何故びっくりしたかと言うと、死神である浦原がスマートフォンの様な人間界に本来あるものを持ち込んで周りに自慢していたため。

浦原は厳密には「スマホを開発した」のですが、マユリは今まで「ソウルソサエティ(尸魂界)の世界を尊重し、ソウルソサエティ(尸魂界)に合ったものを開発」してきたそうです。

「浦原の開発は死神らしくない、聞き捨てならない」と死神達が盛り上がっている後ろからすっと登場した事で周りからびっくりされてしまったんですね(笑)

BLEACH/涅マユリ様の最終回やラストについて

スポンサーリンク



十二番隊隊長のマユリですが、最終回やラストがとても壮絶だった事は解説で分かってきた方も多いと思います。

身内でも研究材料にしてしまう姿は「残忍」と思われがちで、死神からも不評や最悪復讐を誓われてもおかしくない立場ですよね?

実はメイクを取るとイケメンキャラクターでもあるマユリの最終回やラストはどうなってしまうのでしょうか。

次に、更に詳しくマユリの心情、交戦での行動を解説していきます。

ネムの死亡で絶望しザエルアポロの幻影が出る

ネムはマユリが作った最高傑作の死神であり、ネムの事をマユリは「自分の娘」と言っていたほどの溺愛っぷりでした。

しかし、ペルニダ戦でネムはあっけなく殺されれ、死亡してしまい、マユリは「自分の娘が殺された」と大いなる絶望をします。

ザエルアポロは少しマユリと似ているところがあり、マユリと同じく「データベース」を収集し敵を翻弄していくスタイル。

そして、ザエルアポロが集める「データベース」は「人の絶望した感情」であるため、マユリがネムの死亡によって絶望した事により、ザエルアポロの能力が発揮され、ザエルアポロの幻影が出てしまいました。

ペルニダからネムの大脳を回収

「私の娘がちょっとやそっとで壊れるわけがない」とネムに対しコメントしていたマユリは、ペルニダ戦でネムの大脳以外を吸収させ倒した事も明らかになっています。

大脳以外を・・・と聞くと、「自分の娘を何だと思っているんだ」と思ってしまう方も多いでしょう。

しかし、マユリはネムの大脳、つまり「ネムの本体」はしっかり回収しています。

そしてマユリが肉体保護瓶に入る時、ネムもまた一緒に入り、「娘の成長をまた見ることが出来る」とマユリは安心するんですね。

千年血戦篇の後は眠八號と一緒に居る

千年血戦篇が終わった後は、眠八號と一緒に居て、眠八號をマユリが度々叱る様子がうかがえます。

また、マユリの「娘」であったネムの本当の名は「眠七號」であり、ネムが死亡してしまった後、新しく「ネム」を作った事が分かりますね。

しかしまだ眠八號自体は成長途中である為、覚える事もたくさん。

マユリは自身の計画した「眠計画」を完成させるため、これからも研究に没頭していくでしょう。

最終回でユーハバッハの力の残滓を最初に発見

マユリはユーハバッハにすら「仲間に入れても良い」と言われた程の研究力や死神としての能力の持ち主です。

ユーハバッハ戦の後、残滓をすぐさま発見したのもマユリでした。

ユーハバッハの残滓というのは目玉の様な模様をしており、とても不気味でふっと現れるため、なかなか一瞬で気付く死神は少ないです。

すぐさま発見できたマユリはさすが十二番隊隊長であり、ユーハバッハに認められた一人であると言えるでしょう。

小説:綱彌代家の屋敷に侵入して霊王作成に関する資料を閲覧した

小説版BLEACHでもマユリは研究に精を出しており、「死神の頂点に立つ存在」として現在は死神に認知されている「霊王」についての資料を集めていました。

ネムが死亡してしまった寂しさを紛らわしたい一心でわざと研究に没頭する姿が小説版では描写されています。

常人ならば考えられない、「他人の屋敷に侵入し資料を閲覧」するという行為もネムの死亡という絶望といらだちによるものでしょう。

そして、一通り閲覧した後、時灘が殺害される姿も目撃するなど、マユリは様々な場面でのキーパーソンとなっている事が分かります。

獄頣鳴鳴篇:連絡が取り合えるホログラムを開発

獄頤鳴鳴篇では浦原が「スマホ」を開発した事が有名ですが、マユリも負けてはいません。

死神達が戦闘中、また別行動をしている際に必要になるだろう、という考えのもと「連絡がいつでも取り合えるホログラム」を開発しました。

しかしマユリが作ったホログラムは、マユリの「新しいファッションだ」と周囲に見られるほど奇抜なもの。

物・・・というよりかは衣装に近いのですが、ちゃっかりとホログラムを開発している事はひっそりと読者の中では人気が高いのも事実です(笑)

ホログラムは目からビームが出る

マユリが開発したホログラムは衣装が奇抜なだけでなく、小さい丸の模様がいくつもあるのが特徴でしょう。

そして、「連絡が取り合える」のをメインとしているはずのホログラムからは「目からビーム」が出る事でも死神達からは驚愕の声が出ています。

あくまで「死神達にとって良いものを作る」というマユリの研究に対する信念はうかがえますが、目からビームが出る事は流石にびっくりしてしまいますよね。

ですが、これから万が一マユリの詳細が明かされてくるとしたら、ビームが大活躍する事も間違いないでしょう。

獄頣鳴鳴篇:全副隊長に序儀面霊縛の為に現世に向かう事を通達

獄頤鳴鳴篇はあえて日本のお盆シーズンに読み切りを出したのでは?と私は個人的に感じております。

なぜかというと、獄頤鳴鳴篇では「死亡した死神を弔う」と言った名目があるため。

名目の裏には、「ホロウ(虚)を一斉に制圧する」といった理由もありました。

三界を渡れる「獄頤鳴鳴篇であるからこそ」マユリは全副隊長に現世に向かう事を通達し、死神としての仕事を全うする事を言い渡します。

まとめ

・涅マユリはペルニダにネムの肉体や隊員の破損した体を吸収させ勝利する

・ペルニダ戦の後、涅マユリは肉体保護瓶に入り眠りに入るが、獄頤鳴鳴篇にも登場し、無事生存している

・ネムの死亡によりザエルアポロの幻影が出るなど、絶望の淵に立たされ、涅マユリはネムの大脳をペルニダから回収する

・千年血戦篇後はマユリの研究、「眠計画」で新たに作った眠八號と共に行動する

・ユーハバッハの残滓を最初に発見し、ネムの死亡にいらだち霊王に関する資料を集めるといった研究を繰り返す

・涅マユリは、獄頤鳴鳴篇では死神達に連絡が取り合えるホログラムを作り、全副隊長に序儀面霊縛の為現世に向かう事を通達するなど、十二番隊隊長としての役目をきちんと果たしている、残酷に見えるが死神に誇りを持つ人物であるという事!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP