推しの子/ルビーは死亡する?前世やアクアとの父親も解説

推しの子は恋愛×サスペンス×転生という異色のストーリーで、芸能界の裏側を描きつつ星野アイを殺害した真犯人を見つけ復讐するという点が斬新だと言われています。

可愛らしい作画からは予測できないようなダークな世界観も人気の理由です。

今回は「推しの子/ルビーは死亡する?前世やアクアとの父親も解説」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人におすすめの記事

推しの子/ルビーは最後に死亡する?

ルビーは芸名で本名は星野瑠美衣(ほしのるびい)と言い、アクアこと星野愛久愛海(ほしのあくあまりん)とは双子の兄妹です。

左目に星マークが入っていて明るく純粋な性格である反面、人の好き嫌いが激しく、それを隠さないという一面も持ち合わせています。

そんなルビーは最後に死亡するのか調べてみました。

前世は退形成性星細胞腫により12歳で死んだ

ルビーの前世は退形成性星細胞腫(たいけいせいせいさいぼうしゅ)により12歳で死んでいます。

難病を患いながらも星野アイを応援する事を心の支えとしていましたが、治療の甲斐なくわずか12歳で生涯を終える事となってしまいます。

亡くなるシーンは泣けた、という声が多く聞かれました。

アイが死亡した時ルビーは生存

アイが死亡した時ルビーは生存していました。

ですが母親であるアイが死ぬ瞬間を目の前で見ています。

自分が死ぬと悟ったアイはアクアとルビーに「愛してる」と伝えて亡くなりました。

3歳とはいえ母親が死ぬところを見てしまったら心に傷を負ってしまうのではないでしょうか。

最新話でも生存し生きてる

ルビーは最新話でも生存し生きています。

10巻105話で有馬かなのスキャンダル騒ぎでルビーは有馬かなを心配し、アクアとどうにかならないか話し合うシーンが出てくるからです。

マスコミの狙いは島であってかなは巻き添えを食らった感じですが、ルビーは本気で心配していました。

星野瑠美衣の前世について

星野瑠美衣はとても優れた演技力を持っていたものの、母親のようになってほしくないと考えたアクアがアイドルのオーディションを断っています。

ですが結局芸能界に入る事になり、星野瑠美衣の運命も変わってしまうのでした。

そんな星野瑠美衣の前世について紹介していきます。

星野アイの子供に転生した

ルビーは星野アイの子供として転生していました。

大好きだったアイドルの娘として生まれ変わってこれたのはルビーにとって相当嬉しかったのでないでしょうか。

ですがその幸せは長続きせず3年ほどで終わってしまいました。

ルビーの前世は患者の少女である天童寺さりな

ルビー前世は患者の少女である天童寺さりなでした。

さりなは難病である退形成性星細胞腫を患い12歳で息を引き取ります。

ところが目が覚めたら、自分が大好きだった星野アイの娘である星野瑠美衣に生まれ変わっていました。

しかもさりなの記憶を持ったまま生まれ変わったので、アイの娘になれた事を大喜びするのでした。

ゴローに懐き結婚をせがんでいた

さりなは研修医だったゴローに懐き結婚をせがんでいます。

病気のせいで両親は見舞いにも来る事もなく、寂しくてゴローに構ってもらいたかったのかもしれません。

結局両親はさりなの死に際も間に合わずそばにいたのはゴローです。

さりなは「せんせだぁいすき」と言って息を引き取りました。

ルビーとアクアの父親は誰?

ルビーとアクアの父親は誰なのでしょうか。

推しの子の8巻72話でルビーが星野アイのお墓参りをしているシーンがあります。

お墓参りを終えたルビーは帽子を被り眼鏡をかけた男性とすれ違うのですが、ルビーに「美人に育ったね、さすがは僕の子だ」と言い、アイのお墓に向かって行きました。

誰なのかは不明ですがルビーとアクアの父親である事は間違いなさそうです。

父親は上原清十郎?

ルビーとアクアの父親は上原清十郎ではないようです。

分かりやすく時系列に纏めてみると以下のようになります。

【20年前】

・天童寺さりなが死亡

・姫川大輝誕生

【16年前】

・星野アイがアクアとルビーを出産

・ゴローが死亡

【14年前】

・姫川愛梨と上原清十郎が心中

【12年前】

・星野アイが死亡

上原清十郎が14年前に姫川愛梨と心中していて、アイが刺殺されるのは12年前、その少し前にアイは父親らしき人に電話をしているシーンがあるからです。

アイを妊娠させたのはカミキヒカル

アイを妊娠させたのはカミキヒカルです。

先ほど8巻72話でアイの墓参りに来ていた男性の事を書きましたが、1巻でも登場している事が分かり、とてもよく似ている事から同一人物だと考えられています。

ただすれ違ったルビーは気付く様子がなかったのでその時点では知らない人だったようです。

カミキヒカルが本当の父親

カミキヒカルが本当の父親と言われており、アイが妊娠した当時カミキヒカルは15歳でアクアはヒカルによく似ています。

15歳で女性を妊娠させるなんて、と驚きましたがよく考えたら11歳で姫川愛梨を妊娠させているんですよね。

さらに9巻96話で黒川あかねが劇団ララライのメンバーに聞き込みをするなど徹底的に調べて、アイを妊娠させたのがヒカルだと確信を持ってしまうシーンがあるからです。

まとめ

前世は退形成性星細胞腫により12歳で死んだ。

アイが死亡した時ルビーは生存。

最新話でも生存し生きてる。

星野アイの子供に転生した。

ルビー前世は患者の少女である天童寺さりな。

ゴローに懐き結婚をせがんでいた。

父親は上原清十郎ではない。

アイを妊娠させたのはカミキヒカル。

カミキヒカルが本当の父親。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得!】推しの子の原作マンガが70%オフ!

推しの子の漫画を70%オフで読む方法があります。

この方法を使えば推しの子の原作の漫画を70%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

下記の記事では推しの子に関する記事を一覧にしてまとめています。

各キャラクターや用語等について更に深くチェックする事が出来ますよ!

☆この記事を読んだ人におすすめの記事