てんちむの実家は金持ちで母親は経営者?家族構成や兄弟・父親についても!




人気のあるユーチューバーは大きく稼いでいて、お金持ちという印象がありますよね。

女性ソロユーチューバーのてんちむさんもそのひとりですが、なんと実家もお金持ちなのではないかと言われています。

そうなると家族がどういう人なのか気になるところ。

また、兄弟やお父さんはどういう人なのでしょうか。

そこで今回はてんちむさんの実家はお金持ちなのか、更に兄弟やお父さん等の家族についても深掘りしていきます!

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク



てんちむの実家は金持ち?

てんちむさんは若くして大きく稼がれ、元々子役としても活躍されていました。

子供の頃からお金に縁のある印象がありますが、実家はお金持ちなのでしょうか。

気になるところですよね。

てんちむさんの母親である橋本文華さんは〝母親失格〟という本を出版されています。

その本に写っている写真には立派なご自宅、キレイな服装、そして良い暮らしをされているように見えたという事が分かりました。

また、実家はお金持ちで有名だったそうですよ。

こうして見るとてんちむさんの実家はお金持ちで間違いなさそうですね。

また、いつからからは分かりませんでしたが母親は会社を経営しているという事が分かりました。

てんちむさんがYouTubeやてんちむ屋等の物販で稼がれているのは、母親の影響であるということを動画で語られていたことがあります。

なのでてんちむさんが子役の時から会社を経営されていた可能性が高そう。

母親は経営者!

先ほども少し紹介させて頂きましたが、てんちむさんのお母さんは橋本文華さんと言います。

橋本文華さんは純粋な中国人。

お父さんは日本人だったそうですよ。

母親の橋本文華さんは現在も会社を経営されており、バリバリ働かれガッツリ稼いでいるそうですよ!

過去にベンツ乗ってた、大きいレクサスが愛車という事もあるので昔から会社を経営していた感じがしますね^^

事業家だったと言われている父親、そして現役の経営者である母親の背中を見て育ったてんちむさん。

現在こうしてYouTubeや物販等で稼がれている根源が分かった感じがしますね^^

子供の頃から社会で成功されている両親の姿を見たら自然と行動力もついていくのだと感じました。

てんちむの家族はどういう人?

てんちむさんの実家はお金持ちだと言う事が分かりました。

では、ご家族はどういう方々なのでしょうか。

てんちむさんは若くして凄い額を稼がれていますので両親も高収入かもしれません。

何か特別な教育を受けていたのかもしれませんよね。

こちらについてもそれぞれリサーチしてみました^ ^

父:事業家?

現在はてんちむさんのお父さんは亡くなっています。

てんちむさんが中学1年生の頃に肺がん亡くなられました。

父親が亡くなってからは仕事が続けられない状態になってしまったそうです。

テレビに出ている娘を楽しみにしていたそうですよ。

父親はてんちむさんの心の支えだったのですね。

また、てんちむさんの実家がお金持ちなのはお父さんが生前事業家だったのではないかと言われています。

その事業を現在は母が受け継いでいるという話もある程。

事業家であれば稼ぎも多いと思いますので、実家がお金持ちだというのも納得ですね。

兄弟:現役医大生

てんちむさんについてリサーチしていると兄弟がいるという事が分かりました。

お兄さんか弟なのか。

またはお姉さんか妹なのか気になりますよね。

YouTubeの動画にたまに出演されていますが、てんちむさんには弟さんがいます。

姉弟ですね。

名前はりゅうじさんと呼ばれています。

実はてんちむさんの弟のりゅうじさんは医大生!

頭が良いのですね^ ^

将来あるものを研究する為に医大へ進学されたそうですよ。

また、りゅうじさんが現在住んでいる場所はなんとてんちむさんが以前住んでいたタワーマンション。

家賃はてんちむさんが支払っているそうですよ。

大学生がタワーマンションなんて凄すぎますよね。

僕の友達の大学時代はボロアパートの1Kでした。

そう考えるとりゅうじさんはかなり恵まれている感じがしますね。

僕もお金持ちのお兄さんかお姉さんが欲しかった。

関連記事:てんちむの弟の大学は京都大学or東京医大?りゅうじの高校はどこだった?

まとめ

・てんちむさんの実家はお金持ちだという話は本当

・父親は事業家だったという話がある

・母親は経営者で現在もガッツリ稼いでいる

・弟がいて現役の医大生

関連記事:人気YouTuber(ユーチューバー)かわいい女子ランキング59選【2020】

関連記事:ティックトックの可愛い子の名前は?人気TikTokerまとめ!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!