東京リベンジャーズ/三途春千夜の口の傷はなぜ・理由はマイキー?過去も解説

★PICKUP

東京リベンジャーズは和久井健原作のヤンキー青春漫画で、個性豊かなキャラクターたちが色々な絡み方をしていくのも面白いと言われている理由の1つです。

主人公の花垣武道が恋人を救う為にタイムリープする姿を描くサスペンスで、週刊少年マガジンで連載されて大人気となりました。

今回は数多く登場するキャラの中から「東京リベンジャーズ/三途春千夜の口の傷はなぜ・理由はマイキー?過去も解説」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

PICKUP

東京リベンジャーズ/三途春千夜の口の傷はなぜ・理由はマイキー?

三途春千代(さんずはるちよ)は整った顔立ちのように思われるものの、いつもマスクで口元を隠しています。

暴走族はマスクをしがちですが、春千代がマスクをする理由は少し違うようです。

そんな三途春千夜の口の傷はなぜ・理由マイキーなのか調べてみました。

口元の傷の原因はマイキーの黒い衝動

三途春千代の口元の傷の原因はマイキーの黒い衝動のせいです。

小学年生の頃に起きた事で、黒い衝動に飲まれたマイキーは、春千代の口が裂けるまで殴り続けました。

黒い衝動のせいとは言え、子供の力でそこまでの傷を負わせるマイキーにゾッとしました。

瓦城千咒が壊したプラモデルを春千夜のせいにされた

三途春千代の口元の傷は、瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)が壊したプラモデルを春千夜のせいにしたからです。

千咒はよりにもよってマイキーの大切にしていたコンコルドのプラモデルを壊してしまい、怒られるのが怖かったのか、春千代のせいにしてしまいました。

マイキーは黒い衝動に飲まれているので、千咒だったとしても春千代と同じように殴っていた可能性があります。

何もしてないのに口を裂かれて可哀想

三途春千代は何もしていないのに口を裂かれて可哀そうと言われています。

確かに濡れ衣を着せられた挙句に一生消えない傷をつけられてしまい、相当怖い思いをしたはずです。

理不尽極まりないとしか言いようがないこの出来事で、マイキーの黒い衝動がヤバいという事が分かります。

口を裂かれおかしくなったのがかわいそう

三途春千代は口を裂かれおかしくなったのがかわいそうとも言われています。

口元の傷のせいで周囲から避けられたり怖がられたりしたかもしれません。

人の口を裂いて「笑えよ」というマイキーはその後「何であんなことをしたのか分からない」と後悔していました。

東リベ/三途春千夜の過去について

三途春千代の過去についても調べてみました。

春千代の家はマイキーの家よりも複雑な家庭の事情がありそうです。

なぜ春千代だけ苗字が明石ではないのかも不明で、いつか明かされる日が来ると思いたいですね。

三途・マイキー・場地は幼馴染

三途・マイキー・場地は幼馴染だという事が判明しています。

ネットでは後付け設定にしてはやりすぎ、取ってつけたような過去篇で驚いたなどの声が上がっていて、読者には意外な内容だったようです。

もしかしたら3人だけの秘密があるのかもしれないという考察まで出てきていました。

明石武臣に千咒の手本になる様に言われていた

三途春千代は明石武臣(あかしたけおみ)に千咒の手本になる様に言われていました。

千咒が何かしでかすと春千代が叱られるというのが日常で、まだ小学生の春千代からしたらこれも理不尽な状況です。

206話で春千代が「自称一人っ子」と言っていたのは明石に反発があったのかもしれません。

東京卍會の創設メンバーではない

三途春千代は東京卍會の創設メンバーではない事も分かっています。

マイキーと場地が幼馴染なのに春千代が創設メンバーじゃないのは不思議ですが、東京卍會を創った頃はプラモデル事件がまだ尾を引いていたのかもしれません。

また、当時の春千代が泣き虫だったからマイキーが誘わなかったという説もあるようです。

暴れ馬で伍番隊隊長のムーチョ(武藤泰宏)に預けられた

三途春千代は暴れ馬で伍番隊隊長のムーチョ(武藤泰宏)に預けられたという経緯があります。

春千代は東京卍會のどの隊に入ってもトラブルを起こす問題児で、ムーチョが伍番隊隊長になったのをきっかけにマイキーから預けられる事になりました。

春千代が暴れた理由は東京卍會を馬鹿にされたからなのですが、度が過ぎるところがあったようです。

ただこれはマイキーがムーチョを見張らせる為に春千代を伍番隊に入れたという説もありました。

ムーチョにマスクを渡されて口の怪我を隠す

三途春千代はムーチョにマスクを渡されて口の怪我を隠す事にしました。

ムーチョはいかつい見た目によらず人を気に掛けるところもあり、春千代が口元の傷のせいで損をしていると気付きマスクを渡したのでした。

このシーンは206話で描かれているのですが、きれいな顔をしているのにもったいないというのもあったかもしれません。

三途春千夜の昔について

三途春千代はあまり存在感がなかった為、脇役なのかと思った読者が多かったようです。

初登場は138話で「壱番隊隊長はいるか」「下りて来い」というセリフのみでした。

ところが度胸もあり喧嘩も強い春千代はとんでもない事をやらかし、一気に目立つ存在になっていきました。

そんな三途春千代の昔について調べてみました。

最初の世界線で友達を日本刀で斬り少年院・年少に入る

三途春千代は最初の世界線で友達を日本刀で斬り少年院・年少に入っています。

春千代は行動にあまり変化はないのですが、口元の傷がない代わりに左目付近に傷ができています。

春千代の日本刀については家が反社だから?という意見が一番多かったですが、日本刀で実際人を斬ってしまうあたりは春千代もかなりヤバいキャラですね。

佐野真一郎のトリガーでタイムリープを知っている

三途春千代は佐野真一郎のトリガーでタイムリープを知っていると思われます。

春千代と握手した事でタイムリープに成功した真一郎はマイキーの事故を防ぐ事に成功しました。

真一郎と同じようにマイキーが死んだ事を後悔していた春千夜は握手をしていないものの、その世界線で既にトリガーとして目覚めていたという事になるのではと考えられます。

まとめ

口元の傷の原因はマイキーの黒い衝動。

瓦城千咒が壊したプラモデルを春千夜のせいにされた。

何もしてないのに口を裂かれて可哀想。

口を裂かれおかしくなったのがかわいそう。

三途・マイキー・場地は幼馴染。

明石武臣に千咒の手本になる様に言われていた。

東京卍會の創設メンバーではない。

暴れ馬で伍番隊隊長のムーチョ(武藤泰宏)に預けられた。

ムーチョにマスクを渡されて口の怪我を隠す。

三途春千夜の昔について。

最初の世界線で友達を日本刀で斬り少年院・年少に入る。

佐野真一郎のトリガーでタイムリープを知っている。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

★この記事を読んだ人におススメ

【超お得!】東京リベンジャーズの原作マンガが全巻40%オフ!

実は東京リベンジャーズの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば東京リベンジャーズの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に東京リベンジャーズの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

PICKUP