<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

ブルーロック/馬狼照英は脱落する?年俸一億・現在どうなるか解説

『ブルーロック』に登場する馬狼照英は”ピッチの上では俺がキングだ”と言うほど自分に自信があるキャラです。

馬狼は自分が脱落するという発想は全くないようで、プレイ中の態度は相変わらず粗暴でした。

そこで今回は「ブルーロック/馬狼照英は脱落する?年俸一億・現在どうなるか解説」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人におすすめの記事

ブルーロック/馬狼照英は脱落する?どうなったか解説

馬狼照英は同年代なら誰であっても傲慢な言動を取るので、潔世一は内心”こいつ友達いないだろ”と思っています。

自分を”ルール”だと言い切るほど自己中心的な性格で、自分がやりたいようにプレイをするほどです。

そんな馬狼照英は脱落する?どうなったか解説していきます。

二次選考3rdステージで4-5で逆転負けで2ndステージに降格

馬狼照英は二次選考3rdステージで4-5で逆転負けで2ndステージに降格しています。

一次選考は4戦1勝3敗というスコアでチームXは敗退したものの、馬狼はチームの最多得点者だったので一次選考を通過しました。

1stステージのクリア順は18番という成績で、馬狼の実力の高さが伺えます

そして成早朝日・西岡初とチームを組み、3rdステージで単独で4ゴールを挙げますが逆転負けし馬狼は選ばれず2ndステージに降格しました。

潔と凪のチームに敗北したが引き抜かれ3rdステージに昇格

馬狼照英は潔と凪のチームに敗北したが引き抜かれ3rdステージに昇格しました。

蜂楽を奪われ2ndステージに降格した潔と凪のチームと対戦する事になった馬狼。

馬狼は得点能力では凪と互角でしたが成早の技を潔が取り込んで進化した為、力関係が傾いて敗北しています。

しかし潔に引き抜かれた為、3rdステージに昇格しました。

3rdステージで潔に敗北を認めて絶望

馬狼照英は3rdステージで潔に敗北を認めて絶望しています。

潔・凪・馬狼というメンバーで國神・千切・玲王のチームと対戦する事になり、それぞれの能力を上手く活かすハイレベルの連携を前に馬狼は苦戦します。

しかも敵だけではなく味方にまで”もう馬狼は役に立たない”と見なされてしまうという屈辱を味わう事に。

今まで自分を王様だと言っていた馬狼でしたが、3rdステージで潔に敗北を認めて絶望しています。

4thステージで敗北し3rdステージに降格

馬狼照英は4thステージで敗北し3rdステージに降格しました。

凛・蜂楽・蟻生・時光のチームと対戦した際には、味方からボールを奪いゴールを決めています。

そのプレイを見て馬狼を上手く使う潔とそれをかわそうとする凛という展開になりますが、最終的に敗北して潔が引き抜かれ3rdステージに降格しました。

今まで余裕をかましていた馬狼が動揺する姿が描かれていますが、良い意味で馬狼が変わるきっかけとなっています。

最終的に二次選考を突破

馬狼照英は最終的に二次選考を突破しています。

3rdステージに降格した馬狼は剣城・清羅と組んで二次選考を突破しました。

過去に潔と戦い自分が脇役だったと認めるものの、ここで負けを認めたら自分は敗北者として生きる事になると気付きます。

そしてゴールに対する執着を取り戻し”王様完全復活”を果たし、最終的に二次選考を突破して見せました。

馬狼は脱落していない(2024年6月現在)

馬狼は脱落していません(2024年6月現在)。

今までの馬狼は自分がゴールする事だけを考えてプレイする究極のエゴイストでした。

ブルーロックに入った頃は自分のしたいプレーをする事だけしか考えていなかったのですが、潔に与えられた影響で周囲を喰らうプレイをするようになっていきます。

どんな状況でも”自分ルール”を崩さずストイックに鍛錬を積み続ける事で、馬狼は脱落する事なく生き残ったと考えられます。

馬狼照英は年俸一億?その後の現在はどうなるか解説

馬狼照英のプレイは”周囲にいる人間は自分を目立たせる為だけの存在”と考えるようになっています。

6歳の誕生日のプレゼントにサッカーボールをもらった時から、自分の欲しいモノはフィールドにしかないと考えるようになりました。

ここでは馬狼照英は年俸一億?その後の現在はどうなるか解説します。

三次選考でチームBに配属され1ゴールを決めた

馬狼照英は三次選考でチームBに配属され1ゴールを決めています。

自分が成長する為に知らない選手とチームを組みたいと考え、凪や凛のいないチームBを志願した馬狼。

絵心が招待した世界選抜プレイヤーとの試合では、鳥・乙夜を含むチームBに配属され1ゴールを決めて勝利に貢献しました。

その為U-20日本代表として試合をする選抜チームに選ばれる可能性が高いと思われましたが、スタメンではなくサブメンバーという結果となっています。

U-20日本代表戦で同点ゴールを決めた

馬狼照英はU-20日本代表戦で同点ゴールを決めています。

後半15分、ブルーロックはゴールを奪う事だけを考えて馬狼を投入しました。

敵味方関係なく私利私欲のままにプレイをする馬狼は、フィールドを混乱させる存在となって活躍します。

そして潔を喰う事だけを考えていた馬狼が同点ゴールを決めたのでした。

新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)でイタリアを選ぶ

馬狼照英は新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)でイタリアを選んでいます。

U-20代表戦後の新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)では、ずる賢く戦術的なフットボールをし圧倒的な力を持っているイタリアを選びました。

過去の試合で馬狼は正確でパワフルなシュート力を活かして、何度も敵チームから得点を奪取しています。

その圧倒的な力を見せつけるには、好戦的な戦術を使うイタリアが合っているのかもしれません。

スペイン戦でハットトリックを決め1億円の年棒が与えられた

馬狼照英はスペイン戦でハットトリックを決め1億円の年棒が与えられました。

最終選考である新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)ではオーナーからの年俸で順位が決まるという形になります。

イタリアに所属した馬狼はスペイン戦でハットトリックをする活躍を見せて、1億円の年棒が与えられました。

粗雑に見えて実はストイックに自身を鍛えてきた事が、この結果に繋がったと思われます。

捕食者視界と隠密殺撃蹴弾を習得

馬狼照英は捕食者視界と隠密殺撃蹴弾を習得しています。

捕食者視界(プレデター・アイ)は、強靭なフィジカルを使った突進力とゴール右上角への正確なカーブシュートを凝縮したような技です

隠密殺撃蹴弾(ステレス・キルショット)はGKと駆け引きする際に優れた能力で、キーパーである捕食者に隙を与えます。

今までの馬狼はシュートコントロールでロングシュートを撃っていましたが、一流のゴールキーパー相手では止められていました。

しかし今回覚醒した事で更なる活躍を見せられるようになっています。

最終価格は1億5000万円でオファー先はユーヴァースで確定

馬狼照英は最終価格は1億5000万円でオファー先はユーヴァースで確定しています。

しかし馬狼はユーヴァースのルールを無視して大暴走し、騒然とする選手たちに一喝するほど。

最終的に馬狼はユーヴァースを乗っ取る事に成功し、スナッフィーたち選手を唖然とさせました。

どこに行っても”フィールドの悪役”として自分を貫き通す馬狼の今後の活躍が気になるところです。

まとめ

・二次選考3rdステージで4-5で逆転負けで2ndステージに降格。

・潔と凪のチームに敗北したが引き抜かれ3rdステージに昇格。

・3rdステージで潔に敗北を認めて絶望。

・4thステージで敗北し3rdステージに降格。

・最終的に二次選考を突破。

・馬狼は脱落していない(2024年6月現在)。

・三次選考でチームBに配属され1ゴールを決めた。

・U-20日本代表戦で同点ゴールを決めた。

・新英雄大戦(ネオ・エゴイストリーグ)でイタリアを選ぶ。

・スペイン戦でハットトリックを決め1億円の年棒が与えられた。

・捕食者視界と隠密殺撃蹴弾を習得。

・最終価格は1億5000万円でオファー先はユーヴァースで確定。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

☆この記事を読んだ人におすすめの記事
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする