チェンソーマン/サンタクロースはどういうことか解説!最後には死亡する?




チェンソーマンは藤本タツキ原作で悪を以って悪を征すというダークヒーローアクション漫画です。

2022年にアニメ放送されますます人気と知名度が挙がっています。

そのチェンソーマンには人間、悪魔、魔人が登場します。

今回は「チェンソーマン/サンタクロースはどういうことか解説!最後には死亡する?」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

★PICKUP

スポンサーリンク



チェンソーマン/サンタクロースはどういうことか解説

チェンソーマンに登場する各国の刺客の中で1番謎が多いのが、サンタクロースと言われています。

デンジの心臓を狙うように各国が日本に差し向けたデビルハンターの1人です。

やや虚ろな眼をした禿げ頭、髭面の老人で、契約悪魔である人形の悪魔の力を使って周囲の人間を思い通りに操る人形に作り変えてデンジたちを襲います。

よぼよぼで弱そうな老人に見えましたがマキマや岸辺達が1番警戒するほどの恐ろしい敵だったようです。

ドイツのサンタクロースは精巧な人形

ドイツのサンタクロースは精巧な人形です。

老人の一声で全ての人形が動きだしていたので、この老人がトップだと思った方も多かったのではないでしょうか。

敵が老人や子供だったら油断や手加減をしてしまうという点を突くための細工だったのかもしれません。

凄い能力ですが悪魔を人形にすることは不可能なようで、チェンソーマンになったデンジには効果がありませんでした。

精巧な人形は人間と見た目が同じ

精巧な人形は人間と見た目が同じです。

ところがこの老人はトーリカの師匠によって作られた精巧な人形で、トーリカの師匠が見えないところから操っていたのでした。

これは人形の悪魔と契約したトーリカの師匠が人間を人形にして操るという能力で、トーリカの師匠本体が近くにいないと人形を操ることはできません。

ただし数に制限がないので無限に人形を増やす事が可能です。

おじいちゃん・老人をドイツはサンタクロースと認知していた

おじいちゃん・老人をドイツはサンタクロースと認識していました。

ドイツが直接会って依頼をしたのは老人で、サンタクロース=男性の老人という思い込みを利用した可能性が高いです。

雇い主であるドイツにも正体を明かさない用意周到さから既に自身の正体がデンジたちに漏れる事を防ぐためだったのではないでしょうか。

真のサンタクロースはトーリカの師匠

真のサンタクロースはトーリカの師匠です。

トーリカの師匠は闇の悪魔の肉片を取り込み人形の化け物になっていたので、純粋な人間としての身体は失ったものと考えられます。

ロシア系の美女でサンタクロースが一番精巧に作られた人形だったので、誰も気づくことはできませんでした。

精巧な人形を使ってノーリスクで悪魔と契約ができる

トーリカの師匠は精巧な人形を作ってノーリスクで悪魔と契約ができます。

この人物の恐ろしい点は人形の命を代償に他の悪魔と契約を結べるところで、代償に複数の命を要求してくる悪魔との契約でも、サンタクロースはノーリスクで契約できるのです。

契約に他者の命を代償として使い自身はノーリスクという、命を雑に扱う点はマキマと似ている気がします。

おじいちゃんと3人の子供を代償に地獄の悪魔と契約した

おじいちゃんと3人の子供を代償に地獄の悪魔と契約しています。

地獄の悪魔との契約では精巧な人形である老人を操り、彼の命と養子3人の命を代償にして契約しました。

7巻54話で「4人ほど養子にしたい、3人は契約に使う」と語っているのでその時の3人が代償になったと考えられます。

サンタクロースは最後に死亡する?

スポンサーリンク



サンタクロースはその見た目から高齢のため、老衰で死んでいればいいと岸辺が願っていたほどの悪魔で警戒され恐れられていました。

残念ながらサンタクロースはデンジの心臓を狙いにやってきてしまい、壮絶な戦いを繰り広げました。

そんなサンタクロースは最後に死亡するのでしょうか。

チェンソーの悪魔の心臓を代償に闇の悪魔と契約

サンタクロースはチェンソーの悪魔の心臓を代償に闇の悪魔と契約しています。

目的はマキマを殺す力を手に入れるためです。

地獄の悪魔と契約しデンジたちを地獄に落とし、デンジの心臓を持っていき闇の悪魔の肉片を手に入れました。

闇の悪魔の力を使えるようになったサンタクロースは異形の姿に変わっていて影などの闇で身体を癒す事も可能になっています。

余命半年だったが闇の悪魔と契約して再生した

サンタクロースは余命半年だったが闇の悪魔と契約して再生しました。

闇の悪魔の肉片を食べさらに力を増大させ、人形の悪魔の力と闇の悪魔の力の一部を使えるようになり、とんでもない強さを見せる事となりました。

地獄に落とされたデンジたちは対抗するも歯が立たず、暴力の魔人ですらも倒され全滅するかと思われました。

クァンシ(弓の武器人間)にボロボロにされるが再生

サンタクロースはクアンシ(弓の武器人間)にボロボロにされますが再生します。

デンジとクァンシの共闘で激闘が始まりますが、クァンシの弓矢の悪魔の能力で矢を飛ばしても無数の手で全て受け止めてしまうなど圧倒的な強さを見せます。

このままでは全員倒されるかと考えられましたが、思わぬ展開になり読者を驚かせる事になりました。

デンジの光の力で炎上し戦闘不能

サンタクロースはデンジの光の力で炎上し戦闘不能にされました。

デンジの光の力とは、ガソリンを被って自身を火だるまにして攻撃する、東山コベニの愛車をサンタクロースにぶつけ爆発させて攻撃、というとんでもない攻撃でした。

デンジの発想とコベニの愛車を犠牲にした甲斐があって闇の悪魔の特殊能力の効果が薄まってしまい再生能力が遅くなります。

ハロウィン(コスモ)にとどめを刺され死亡

サンタクロースの悪魔はハロウィン(コスモ)にとどめを刺され死亡します。

サンタクロースに意志があるうちはほぼ不死身状態ですがクァンシに仕える宇宙の魔人・コスモがサンタクロースに本気のハロウィンを放ちました。

コスモは宇宙の悪魔の力により無限の情報を相手の脳に強制的に流し込んで”死ぬまでハロウィンのことしか考えられない”状態にするという能力を持っています。

この力によりサンタクロースも脳死状態になりハロウィンの事しか考えられなくなり、世界中にいた人形たちもハロウィンしか言わなくなり実質無力化されました。

まとめ

・ドイツのサンタクロースは精巧な人形。

・精巧な人形は人間と見た目が同じ。

・おじいちゃん・老人をドイツはサンタクロースと認識していた。

・真のサンタクロースはトーリカの師匠。

・トーリカの師匠は精巧な人形を作ってノーリスクで悪魔と契約ができる。

・おじいちゃんと3人の子供を代償に地獄の悪魔と契約していた。

・サンタクロースはチェンソーの悪魔の心臓を代償に闇の悪魔と契約している。

・余命半年だったが闇の悪魔と契約して再生した。

・クアンシ(弓の武器人間)にボロボロにされますが再生。

・デンジの光の力で炎上し戦闘不能。

・ハロウィン(コスモ)にとどめを刺され死亡。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得】チェンソーマンの原作マンガが全巻40%オフ!

スポンサーリンク



実はチェンソーマンの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばチェンソーマンの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にチェンソーマンの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

★PICKUP