【ラスダン】メナ・キノンの能力や強さは?正体と何者なのかも




Pocket
LINEで送る

シリーズ累計発行部数が180万部を突破した〝たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語〟に登場するメナ・キノン。

小柄で目が細くよくしゃべるキャラクターですよね。

彼女がどういう能力が使えたり、強さについても整理しておきたいところ。

こちらの記事ではラスダンに登場するメナ・キノンの能力や強さ、更に正体と何者なのかという事についても深掘り&考察をしていきます!

それではさっそく見ていきましょう。

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク



【ラスダン】メナ・キノンの能力や強さは?

ラスダンこと〝たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の村で暮らすような物語〟に登場するメナ・キノン。

登場するキャラクターは様々な技能がありますが、メナは魔法使いとなっています!

彼女の能力や強さについて見ていきましょう!

水魔法が得意な魔法使い

メナは純粋な魔法使い。

水魔法が得意なスペシャリストになります。

作中で披露された水魔法を下記にてまとめてみました!

  • 絶対に取れないウォーターボール
  • ウォーターウォール
  • 上級水魔法のタイダルウェイブ
  • 水蛇ミズノオロチの召喚魔法

メナの顔に纏わりつかせるウォーターボールは士官学校の授業で習うものと違い彼女にその気がなければ撮る事が出来ません。

小規模な魔法ですが、一対一の戦闘では相手がロイドの様に尋常ではないほど息を止められる人以外にはかなり有効なのではないでしょうか。

人間相手だとかなり有効な魔法ですね!

タイダルウェイブは一個師団をも洗い流すほどの超強力な攻撃魔法。

上級の魔法になります。

士官学校の生徒たちはここまでの魔法を使うことはできません。

使えても初級中級の魔法。

そう考えると強力な魔法を使えるという事が分かりますね^_^

水辺での戦闘が強い

水魔法が得意という事で水辺での戦闘はかなり強い分類になります。

水がない場合でも水魔法を使う事は可能。

しかし、湖や海といった水がある場所では十二分に力を発揮します。

水辺ではそこにある水をそのまま扱う事が出来ますね。

水がないところだと無の状態からのスタート。

ですが水辺ではすでに大量の水があります。

なので余分な魔力を使う事なく、魔法を使用出来るという事になりますね!

元傭兵の実力者

妹のフィロは格闘技に秀でており、鬼神ピリドの流派を受け継ぐ実力があります。

なので傭兵というのも納得出そうですよね。

しかし、姉のメナも傭兵として活動をしていました。

傭兵は直接に利害関係の無い戦争に参加する雇われた兵になります。

なのでそう考えるとメナも実力があるという事になりますね。

また、魔法大会では試合を観戦していたコリンから『世界大会でもイイ線いくレベル』と評されています。

①元傭兵

②世界大会でもいい線いくレベル

という2点から見ても〝たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の村で暮らすような物語〟に登場するキャラクターの中でもトップクラスの魔法使いなのではないでしょうか。

【ラスダン】メナ・キノンの正体と何者なのか?

スポンサーリンク



メナ・キノンの戦闘の強さについて解説・考察をしました。

続いて彼女は何者なのか人物像を見ていきましょう!

糸目でお喋りな性格

メナに外見は糸目で特徴的。

シリアスなシーンではたまに目が見開いた眼にもなったりしますね。

目が開いた時のメナは個人的にはとても可愛いと思います!

また、とてもおしゃべりな性格をしています。

隠し事が出来ないような感じがしますよね(笑)

しかし、彼女は憎めない様な印象があります。

小柄な割に大食い

ホテルレイヨウカクで調査をしている際にキノン姉妹は尋常ではないほどの食事を注文していました。

ホテルの部屋に2組ではなくモンスターがいる為、尋常ではない量の食事を頼まれたのではないかと疑われるほど。

この時は経費で食べられるという事でバンバン注文をしていました。

そのうち6割を妹であるフィロ、4割をメナという割合です。

フィロは身体も大きめで武闘家という事もあるのでめちゃくちゃ食べるのも分かる気がしますが、メナは意外でした。

メナが魔法の強さはもしかしたらこの食事量から来ているのかもしれませんね(笑)

まとめ

・水魔法が得意な魔法使いで水辺での戦闘はかなり強い

・〝たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の村で暮らすような物語〟に登場するキャラクターの中でもトップクラスの魔法使い

・小柄な割に大食いで魔法の強さはこの食事量から来ているのかもしれないと考察

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!