チェンソーマン/天使の悪魔は最後に死亡・生きてる?その後どうなったか解説




チェンソーマン1部では、様々なデビルハンターがラスボスであるマキマに利用されています。

デビルハンターだけでなく、悪魔も利用してしまうのがマキマの凄いところですよね。

今回の記事では、天使の悪魔は最後に死亡・生きてる?

その後どうなったかも解説していきます。

それではさっそくみていきましょう。

★PICKUP

スポンサーリンク



チェンソーマン/天使の悪魔は最後に死亡・生きてるか生死について

天使の悪魔は早川アキの2番目のバディで、悪魔でありながら理性が強い存在です。

マキマによって利用されたアキを助けようと試みていました。

天使の悪魔はデビルハンターとしての職務中、大きなけがをします。

天使の悪魔は最後に死亡してしまったのでしょうか。

闇の悪魔に両腕を斬り落とされた

天使の悪魔は闇の悪魔に両腕を切り落とされ、スーツを肩にかけたような姿になります。

ドイツのサンタクロースが闇の悪魔と契約した事で、天使の悪魔は地獄で両腕を切り落とされたんです。

アキは心神喪失、デンジも仲間のビームが瀕死したため崩れ落ちます。

天使の悪魔は腕が一本もなおらず、両腕がないまま現世に戻りました。

闇の悪魔の睨みつけ能力で目・鼻・口から血を流し倒れた

闇の悪魔は地獄でデビルハンターや魔人を大量に殺していきます。

殺していく中、闇の悪魔の上半身は顔になっており、睨みつけを行う事が出来ました。

天使の悪魔をはじめ、早川アキは闇の悪魔に睨みつけられます。

睨みつけにより、目・鼻・口から血を流し呆然とした顔をして天使の悪魔は倒れてしまいました。

両腕がなくなった為処分される可能性があった

天使の悪魔は公安のデビルハンターに所属していますが、悪魔です。

天使の悪魔は両腕を失くした後、現世で入院しました。

お見舞いに来た早川アキは、「両腕がなくなったデビルハンターは退職だが、悪魔は最悪処分される可能性がある」と天使の悪魔に語ります。

早川アキが推薦状を渡した事によって、なんとか天使の悪魔は生存しました。

寿命武器でマキマに斬りかかるが支配される

早川アキと天使の悪魔はマキマに利用されていました。

天使の悪魔は大切な思い出の記憶も改ざんされていた事、アキを利用される寸前だった事から寿命武器でマキマに斬りかかります。

しかし、マキマはすでに天使の悪魔を支配していました。

「全てを捧げると言いなさい」という契約に従い、天使の悪魔はマキマに屈服します。

マキマの手駒にされる

マキマは今まで殺して来たり、支配をしてきた悪魔やデビルハンターを利用し銃の悪魔と戦闘しました。

戦闘の際、マキマは支配の鎖で天使の悪魔を吊り下げています。

マキマは「全てを捧げると言いなさい」と言った事で、天使の悪魔を支配したんです。

記憶の改ざんもほとんどバレなかったため、天使の悪魔は記憶を取り戻すもすぐにマキマに拘束されました。

銃の悪魔との戦闘に利用された

マキマの目的は銃の悪魔と戦闘する事です。

マキマ自体、命を落とすのにためらいはありませんが、天使の悪魔は利用価値があると判断していました。

天使の悪魔は人から吸い取った寿命で攻撃が出来ます。

マキマは支配で拘束し、抵抗出来ない状態の天使の悪魔を利用したんです。

チェンソーマンの戦闘でマキマに寿命武器で1,000年使用される

マキマは銃の悪魔を倒した後、チェンソーマンとの対決にのぞみます。

天使の悪魔の能力は吸い取った寿命で武器を作り、「寿命〇年使用」と言って刀を作る事が可能。

寿命の数字が大きければ大きいほど武器は強くなりますが、天使の悪魔の負担も強いです。

マキマはすんなり「寿命1,000年使用」と言い、天使の悪魔の能力を勝手に使用しました。

パワー戦で寿命武器を100年使用された

パワー戦では、天使の悪魔の能力を「寿命100年使用」と、寿命武器を100年使用されました。

パワーは魔人であるため、すぐにアキの魔人化やマキマへの違和感を感じたんです。

天使の悪魔は能力は強いもののリスキーであるため、寿命武器を殆ど使いません。

また、寿命を吸い取らないよう人に触れてこなかったため寿命もたまっていなかったと考察できます。

チェンソーマン戦では両腕が戻っていた

マキマはチェンソーマン戦のために、今まで殺した悪魔や魔人を集結されていました。

中には天使の悪魔もいましたが、天使の悪魔は両腕が戻っている状態です。

マキマはチェンソーマンと対決したいという気持ちだけで悪魔を一時的に回復させました。

天使の悪魔も両腕が戻ったものの、攻撃はほとんどマキマの命令でしか動けません。

死因:マキマと共に死んだ可能性が高い

天使の悪魔はマキマに最初から支配されていました。

理性が高く、マキマも注意するほどの賢さを持っていましたが、最後はマキマに跪きます。

マキマはさも当たり前かのような顔をし、悪魔の回復に違和感を抱いていません。

マキマは最後チェンソーマンとの闘いで死亡しますが、天使の悪魔はマキマに支配されていたため、マキマが死亡した事で天使の悪魔も死亡した可能性が高いでしょう。

天使の悪魔はその後どうなった?

スポンサーリンク



天使の悪魔は、マキマに最初から利用されているかわいそうな悪魔です。

記憶を改ざんされた事に気付きマキマに対抗するも、支配された後だったため抵抗むなしく利用されてしまいました。

天使の悪魔は死亡してしまった可能性が高いです。

天使の悪魔は復活したり、チェンソーマン戦闘後に登場する事は無いのでしょうか。

悪魔の輪廻転生は輪廻転生をする

悪魔は輪廻転生を繰り返し、悪魔の出身は地獄です。

地獄で生まれ、地獄で死ぬと現世に輪廻転生し、現世で死亡すると地獄に落ちます。

天使の悪魔も「天使」という名前ですが、本質は悪魔です。

悪魔の輪廻転生は永遠に続くと言っても過言ではありません。

天使の悪魔は地獄に行った可能性がある

天使の悪魔は本質は悪魔であるため、マキマの死亡とともに天使の悪魔も死亡した可能性が高いです。

また、現世で死亡した悪魔として地獄に戻った可能性が高いでしょう。

地獄で死亡すればまた現世に輪廻転生する事が出来ます。

チェンソーマン1部では天使の悪魔の輪廻転生は描かれていませんが、もしかしたら1部ではすぐに地獄で死亡しなかったのかもしれません。

天使の悪魔(エンジェル)はチェンソーマンの眷属

天使の悪魔は公安では「エンジェル」と呼ばれていました。

マキマはデンジをチェンソーマンにするため、公安の秘密組織部を案内します。

デンジが首輪をされる中、死亡したはずのパワーや天使の悪魔は跪いていました。

マキマは「天使の悪魔を含めた彼らはチェンソーマンの眷属です」と発言します。

チェンソーマンを守るため、マキマとの意見の食い違いはあったものの戦闘した事を評価したんです。

二部で再登場する可能性はある

天使の悪魔は死亡しました。

しかし、悪魔は地獄で輪廻転生可能なので、2部で再登場する可能性はあります。

天使の悪魔は悪魔だという事から、人格や姿かたちは同じままで転生は出来ないでしょう。

また、天使の悪魔自身「自分が悪魔」という事にとても嫌悪していたため、天使の悪魔として輪廻転生する事は少なく、違う悪魔として再登場するのではないでしょうか。

まとめ

・天使の悪魔は地獄の戦闘で闇の悪魔に両腕を切り落とされ、睨みつけによって目・鼻・口から血を吹き出し地獄で倒れた

・両腕がなくなったデビルハンターは退職するが、天使の悪魔は悪魔であるため、処分される可能性が高く、早川アキの推薦で生存できた

・アキを利用された事や記憶の改ざんに気付いた天使の悪魔は寿命武器を使いマキマに斬りかかるが、すでに天使の悪魔はマキマに支配されていた

・銃の悪魔との戦闘でマキマは天使の悪魔を鎖につなぎ、天使の悪魔の能力を利用した

・チェンソーマンとの戦闘では1,000年、パワーとの戦闘では100年分の寿命武器を勝手に使用され、天使の悪魔は両腕がなく、寿命も削られた

・チェンソーマン戦では両腕が戻っていたものの、攻撃や行動はマキマに支配された

・天使の悪魔の死因はマキマの死亡で、マキマに支配されていたため、マキマが死んだ事により天使の悪魔も死亡した可能性が高い

・悪魔は地獄がふるさとで、地獄で死亡→現世に輪廻転生→現世で死亡→地獄に戻るを繰り返す

・天使の悪魔は本質は「悪魔」なので、死亡後地獄に行った可能性が高い

・天使の悪魔はマキマによるとチェンソーマンの眷属で、マキマの意思には沿わなかったもののチェンソーマンであるデンジを命がけで守った

・天使の悪魔は輪廻転生を1部で行っていない事から、2部で天使の悪魔ではない姿や性格で再登場する可能性がある

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得】チェンソーマンの原作マンガが全巻40%オフ!

スポンサーリンク



実はチェンソーマンの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばチェンソーマンの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にチェンソーマンの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

★PICKUP