チェンソーマン/ハロウィンの元ネタや意味・なぜか解説!何巻何話で初登場?




様々な悪魔が登場する国民的漫画「チェンソーマン」。

その悪魔の中に、「ハロウィン」という悪魔がいます。

名前の通りハロウィンに関係した悪魔で、ハロウィンのことしか考えられなくする能力の持ち主です。

そんなハロウィンの元ネタや意味を解説します。

また、何巻何話で初登場したのかについても調べていきます。

それでは見ていきましょう。

★PICKUP

スポンサーリンク



チェンソーマン/ハロウィンの元ネタを解説


チェンソーマンに出てくるハロウィンというキャラクターの元ネタを解説していきます。

能力は呪術廻戦五条悟の領域展開・無量空処が元ネタ説

能力は呪術廻戦五条悟の領域展開・無量空処が元ネタ説として挙がっています。

ハロウィンの能力は、「相手に宇宙の情報を強制的に理解」させることです。

相手を精神世界へ誘い込み、宇宙全体の膨大な量の知識を相手の頭に流し込みます。

あまりの量に耐えられなくなった脳は、ハロウィンのことしか考えられなくなります。

この能力は、『呪術廻戦』の登場人物・五条悟の領域展開・無量空処が元ネタではないかと言われています。

五条悟の領域展開・無量空処は、敵を宇宙空間のような領域が覆いつくします。

その領域内では、全てが見えて感じられて終わることのない膨大な情報が頭の中に流れ込んできます。

確かに、ハロウィンの能力と似ていますね。

ジョン・カーペンターのハロウィン&コズミック・ホラー説

ジョン・カーペンターのハロウィン&コズミック・ホラー説があります。

「ハロウィン」としか話すことのできないハロウィンですが、その正体は宇宙の魔人。

名前を「コスモ」といいます。

その「コスモ」の元ネタが、1978年公開の映画『ハロウィン』であると言われています。

監督はホラー監督のジョン・カーペンター。

ジョン・カーペンターは、『コズミック・ホラー』という宇宙の恐怖を題材にした作品も作っています。

まさに、宇宙の悪魔にふさわしい作品です。

トラヴィス・ファイン監督のチョコレートドーナツ説

トラヴィス・ファイン監督のチョコレートドーナツ説もあります。

2012年アメリカで公開されたドラマ映画『チョコレートドーナツ』。

監督はトラヴィス・ファインです。

この『チョコレートドーナツ』という作品の中に裁判のシーンが登場します。

裁判中に、突如として主人公が「ハロウィン!」と連呼する場面があります。

周囲が驚きますが、当たり前です。

宇宙の悪魔が「ハロウィン」としか話さないのはこのシーンに着想を得ているのかもしれませんね。

銀河ヒッチハイク・ガイドの42がハロウィン説

銀河ヒッチハイク・ガイドの42がハロウィン説ではないかという声もあります。

『銀河ヒッチハイク・ガイド』とは、脚本家ダグラス・アダムス制作のSF小説です。

宇宙人が地球を破壊してしまい、主人公は生き残った人々を連れて地球を脱出し宇宙を転々とするという物語です。

この作品の中で「究極の答え」という考え方が出てきます。

究極の答えには究極の疑問が必要であるとも言われています。

つまり、究極の答えという一つの答えに対して究極の疑問という一つの疑問が必要であるという考え方です。

『銀河ヒッチハイク・ガイド』には42という数字が作中に出てきてこれが究極の答えながら意味を持たないと言われています。

この42という数字をハロウィンと対比させて、「ハロウィン」が究極の答えではないかという声があります。

つまり、「ハロウィン」という言葉は何の意味も持たないということです。

ハロウィンの意味・なぜか解説


スポンサーリンク



ここからは、ハロウィンの意味や理由を解説していきます。

ハロウィンは精神世界に本の形で存在する情報を全て流し込まれる

ハロウィンは精神世界に本の形で存在する情報を全て流し込まれます。

ハロウィンの正体は、宇宙の悪魔。

その能力は、相手を精神世界へ誘い込み膨大な情報量で相手を追い込むこと。

コスモは、知識人のような姿をしています。

この精神世界には、情報が本の形となって存在しています。

そして、この本の中に含まれる情報が頭の中に流れ込んでくるのです。

思考の全てが塗り潰され死ぬまでハロウィンの事しか考えられなくなる

思考の全てが塗り潰され死ぬまでハロウィンの事しか考えられなくなる能力です。

膨大な情報を流し込まれた相手は、脳がオーバーヒートします。

情報量に脳が耐えられず、頭がおかしくなってしまいます。

死ぬまでハロウィンのことしか考えられなくなってしまうのです。

ハロウィンと繰り返し叫ぶ廃人となる

ハロウィンと繰り返し叫ぶ廃人となります。

ハロウィンとしか考えられなくなった相手は当然頭がおかしくなります。

ハロウィンとしか考えられずハロウィンとしか言えなくなれば誰でも発狂してしまいますね。

最終的にハロウィンと繰り返し叫び続けることになった狂人は廃人となります。

ハロウィン(コスモ)は何巻何話?

ハロウィン(コスモ)は何巻何話で登場するのでしょうか。

初登場:7巻54話

ハロウィンの初登場は、7巻54話です。

クァンシという名前の中国人の愛人の一人である魔人として登場します。

特徴は、飛び出した脳みそと眼球、ハート型の瞳です。

常にハイテンションで「ハロウィン」しか言わないので、すぐに読者の頭から離れなくなったことでしょう。

サンタクロース(トーリカの師匠)を倒す:8巻63話

ハロウィンは、サンタクロース(トーリカの師匠)を8巻63話で倒します。

主人公・デンジの心臓を狙って来日した刺客の一人であるトーリカの師匠は人形の悪魔と契約しています。

その能力によって作り出されたのがサンタクロースです。

サンタクロースは、闇の悪魔の力を手に入れて猛威をふるいます。

コスモは、サンタクロースと勝負し精神世界に誘い込みます。

膨大な情報量に耐えられなくなったサンタクロースは倒されてしまいます。

まとめ


ここまで、チェンソーマンに登場するハロウィンというキャラクターについて調べてきました。

・ハロウィンの正体は宇宙の悪魔

・相手を精神世界へ追い込み膨大な情報量で廃人にする能力を持つ

・敵はハロウィンのことしか考えられなくなる

・サンタクロースを倒す

・ハロウィンの元ネタはたくさんある

ハロウィンという名前からは想像もつかない精神を狂わせる能力を持ちます。

読者の間でささやかれているようにコスモは最強なのでしょうか。

【超お得】チェンソーマンの原作マンガが全巻40%オフ!

実はチェンソーマンの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばチェンソーマンの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にチェンソーマンの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

★PICKUP