混沌さんがヒプマイファンから著作権違反で炎上?気持ち悪いのは勘違いだから?




『混沌と混沌の間で~』というラップがバズった混沌さんですが、著作権違反なのではないかと言われていますよね。

そのことが関係し炎上されているのですが本当のところはどうなのでしょか?

また、一部の人からは勘違いしていて気持ち悪いといった書き込みまで・・・

そこで今回は混沌さんがヒプマイファンから著作権違反だと言われて炎上されている件、更に勘違いしていて気持ち悪いのかという事についても深掘りしていきます!

スポンサーリンク



混沌さんがヒプマイファンから著作権違反で炎上

混沌さんを有名にしたヒプノシスマイクのHoodstarという曲。

こちらの曲を歌って話題になっていますが、実はヒプマイファンから『著作権違反』という批判が殺到されています。

なぜそういった批判が殺到しているのでしょうか。

理由をいくつかピックアップしてみました。

・自分の曲の様に歌っている

・混沌さんのファンが『混沌さんが本家』と言っている

・ヒプマイのハッシュタグがついていない

・自分のネタみたいにされているのがいや

etc…

さまざまな意見がありました。

やっぱりヒプマイファンの方から見ると不快な箇所が多かったそうですよ。

何より『ヒプマイの曲を自分の曲の様に歌っているのが嫌』という意見が多く感じました。

どうやらこのラップを歌っている動画を投稿された時にヒプノシスマイクのハッシュタグがなかったことが原因なのではないでしょうか。

ハッシュタグがないと初見で見た人は〝混沌さんの曲〟という解釈をしてしまう可能性がとても高いと思います。

実際僕もそう思ってしまいました。

混沌さんも初めはここまで人気になるとは思っていなかったと思います。

今回の件でハッシュタグの重要性を実感しました!

関連記事:混沌さんのラップの歌詞はなんて言ってる?本家はヒプノシスマイク?

気持ち悪いのは勘違いだから?

スポンサーリンク



TikTokでバズった混沌さんですが、YouTubeチャンネルも開設されています。

実はこちらでも様々な意見がありました。

・普通に調子のりすぎ

・一般人が勘違いした

・勘違いしてて見てるこっちが恥ずかしいし痛い

等など、なかなか厳しい意見が多かったです。

残念ながらすべての動画は低評価の方が多いという結果に…

良く目立ったのは『一般人が勘違いしてYouTubeを始めた、勘違いしている』という書き込みが多いように感じました。

多くの方がこの様に『勘違いしていて気持ち悪い』といった様に思っているのですね!

TikTokから人気が出てYouTubeという流れは良くありますよね。

むしろ戦略的にTikTokを使っている人がいるのも現状。

流れとしては自然ですが、先ほど紹介したハッシュタグを付けなかったり自分の歌の様歌っているといったことが原因で良く思っていない人がいます。

しかし、そんな状況ながらもチャンネル登録者は約2万人!

全ての動画は再生回数が2万回以上で、総再生回数は約78万回!

この数字だけを見るとなかなか成功されている数字なのかと思ってしまいます。

これからの活動次第で登録者も再生回数も増えるかもしれませんね!

関連記事:混沌さんとは誰で何者?身長や本名等のプロフィールについても!

混沌さんの顔はイケメンorブサイク?

混沌さんは『イケメンなのではないか』『ブサイクだ』という両方の意見がありました。

意見は様々ですね。

人によってはイケメンという方もいればブサイクという方もしました。

しかし、感じ方は人それぞれですよね。

好みの顔の人もいればそうでない人もたくさんいます。

混沌さんは特徴的な顔をされていますので目立ちそうですよね。

そういった事も話題になった理由なのかもしれません!

関連記事:混沌さんの胸の傷は病気が理由?過去にいじめられていたのか?

混沌さんにはアンチがいる

様々な意見がある混沌さんですが悲しいことにアンチの方が大勢いました。

こちらはTikTokやYouTube、TwitterのSNSにそういった書き込みがいくつか見られました。

厳しい方が多いですね。

しかし、有名になればなる程アンチの方が出てくるのはしょうがない事ですよね。

人気者にアンチはつきもの。

混沌さんにはアンチの方を気にせずに頑張ってもらいたいですね!

まとめ

・ヒプノシスマイクのファンから著作権違反と批難殺到している

・勘違いしていて気持ち悪いという意見がある

・混沌さんがイケメン、ブサイクという意見は様々

・混沌さんにはアンチが大勢いる

関連記事:【男性ユーチューバー】イケメン人気ランキング29選!2019年版

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!