【蜘蛛ですがなにか】ラースは最後に死亡する?憤怒についても解説!




2021年冬からアニメの放送が始まった蜘蛛ですが、なにか?

魔王軍第8軍の軍団長であるラースは転生前は笹島京也という人物でした。

彼は最後に死亡してしまうのでしょうか。

また、憤怒のスキルについても気になるところ。

こちらの記事では蜘蛛ですがなにかのラースは最後に死亡するのか、更に憤怒についても解説していきます!

それではさっそく見ていきましょう。

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意下さい。

補足

スポンサーリンク



【蜘蛛ですがなにか】ラースは最後に死亡する?

ラースは魔王アリエル・主人公の蜘蛛子・吸血鬼のソフィア達と共に行動をしていました。

一緒に行動をしている人達同様にラースも戦闘力は高いです。

そんな彼も死亡してしまうのでしょうか。

エルロー大迷宮で死亡

結論になりますが、ラースは最終決戦でエルロー大迷宮の中層で死亡します!

勇者一行がエルロー大迷宮の最下層最奥に向かう際に彼らの足止めとして、ラースが中層で相手をしました。

勇者一行の目的はエルロー大迷宮最下層最奥に支配者スキル持ちを届ける事。

これは主人公がシステムを破壊する事を阻止する為ですね。

その際にラースとシュン達勇者一行がぶつかりました。

塵になって消えた

ラースはエルロー大迷宮で死亡してしまうという事を紹介させて頂きました。

最後には雷龍ゴーカに喉笛に噛みつかれて死亡してしまいます。

勇者一行がエルロー大迷宮の最下層最奥に向かう際に彼らの足止めとして、ラースが中層で相手をしました。

  • シュン
  • カティア
  • スー
  • 火龍グエン
  • 風龍ヒュバン
  • 雷龍ゴーカ
  • 光龍ビャク
  • 氷龍ニーア
  • 闇龍レイセ

この面々をひとりで相手にしていました。

スー・火龍グエン・風龍ヒュバン・雷龍ゴーカ・光龍ビャクが前衛。

氷龍ニーア・闇龍レイセ・カティア・シュンが後衛でサポートという形。

龍たちは古龍で神話級と称される魔物の中でも、特に強力な伝説的存在。

更に光龍ビャクの能力アップ系の支援と回復、氷竜ニーアによってラースは能力がダウン。

これだけ見ても圧倒的に勇者サイドが有利な印象がありますよね。

しかし、ラースは序盤憤怒のスキルを使用した事で彼らを圧倒していました。

なので前衛でラースと戦っていた古龍は何度も死亡します。

死亡してもシュンの慈悲のスキルの蘇生のおかげでMPが続く限りは何度も復活。

終盤でサポートの要となっていたシュンを狙いましたが、闇龍レイセによって背負い投げをされて地面に叩きつけられます。

そこを雷龍ゴーカが喉に嚙みつき死亡。

最後は自分の魂を主人公の蜘蛛子に捧げ、塵になって消えました。

シュン・カティア・ラースの3人は前世では親友。

そのシュンとカティアの前で最後を迎えられたのはシチュエーション的には良かったのかもしれません。

魔の山脈で氷龍ニーアに敗北

ラースが主人公たちと出会う前には先ほどのエルロー大迷宮での戦闘に登場した氷龍ニーアと対峙して敗北しています。

この時は氷龍ニーアのホームでした。

なので環境は吹雪もある極寒。

憤怒のスキルを発動させていましたが、手がかじかみ身体も冷え切っていたので氷龍ニーアの龍の鱗に傷一つ負わせることが出来ませんでした。

そして、氷龍ニーアは飛び去っていきます。

条件次第では憤怒のスキルをしていても敗北してしまうという事が分かりますね。

憤怒のスキルについても解説!

スポンサーリンク



ラースが勇者一行と対峙した時に使用した憤怒のスキル。

これには一体どういう効果があるのでしょうか?

憤怒のメリット

まず、全てのステータスを底上げすることが可能。

レベルが上がれば通常の10倍近くまで上げることが出来ます。

憤怒を発動した状態で風龍ヒュバンと雷龍ゴーカと対峙した時の速度は99,999。

全盛期の魔王アリエルすら超えるステータスの値となっています。

ステータスの値だけ見るとかなり強化されるという事になりますね。

また、エルロー大迷宮の中層ではマグマに落とされてしまうという描写がありました。

ここでラースはマグマの中を泳いだりしていましたよ。

ステータスだけでなく、耐性もついているのかもしれませんね。

憤怒のデメリット

憤怒はステータスが魔王アリエル以上になり、発動すれば戦闘をかなり有利に進めることが出来ますね。

しかし、憤怒の最大値のデメリットがあります。

憤怒のデメリットは理性を失う事。

視界が真っ赤に染まり敵味方の区別がつかなくなってしまいます。

これは外道耐性が外道無効になっていても帳消しに出来ません。

外道無効によって短時間であればある程度憤怒のデメリットである理性が怒りに飲み込まれてしまうというものを押さえることが出来ます。

なので長い時間発動する事は出来ないという事になりますね。

また、ソフィアの大罪スキルである嫉妬にはスキルを封印する能力があります。

これを利用すれば憤怒を自動的にオフにする事は可能。

なのでソフィアがいる状態であれば、多少は融通が利く印象がありますね。

まとめ

・ラースは最終決戦でエルロー大迷宮の中層にて雷龍ゴーカに喉を嚙みつかれ死亡する

・自分の魂を主人公の蜘蛛子に捧げ、塵になって消えた

・魔の山脈で氷龍ニーアに敗北した

・憤怒を発動すれば全盛期の魔王アリエルすら超えるステータスの値になる

・憤怒のデメリットは理性を失い、視界が真っ赤に染まり敵味方の区別がつかなくなってしまう

関連記事

蜘蛛ですがなにかの原作やアニメを無料で見る方法!

『蜘蛛ですがなにかの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】蜘蛛ですがなにかの原作マンガ3冊が事実上無料!

実は蜘蛛ですがなにかの漫画を実質3冊無料で読む方法があります。

この方法を使えば蜘蛛ですがなにかの原作の漫画3冊を実質無料で読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ3冊を実質無料で購入する方法

 蜘蛛ですがなにかを安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】蜘蛛ですがなにかのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴る方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

補足